トップ > お知らせ > 【重要】70〜74歳の患者負担特例措置対応とサポートOSおよび日レセバージョンについて

【重要】70〜74歳の患者負担特例措置対応とサポートOSおよび日レセバージョンについて

70~74歳の患者負担特例措置対応とサポートOSおよび日レセバージョンについてお知らせします。

現在の医療保険制度において、診療費の患者負担割合は、義務教育就学前が2割、義務教育就学後から70歳未満は3割、
70歳から74歳まで2割(現役並み所得者3割)、75歳以上は1割(現役並み所得者3割)と法律で決まっています。 しかし、70歳から74歳までの方の負担割合については、法律で2割負担と定められていながら、 平成20年以降一年ごとに、補正予算措置により1割負担に凍結されています。 この補正予算措置を継続される事が平成25年1月11日に閣議決定され、1月15日に特例措置費用(1,898億円)を含む 「平成24年度補正予算案」が決定されました。 日レセはこの特例措置について、平成20年以降、窓口負担金計算やレセ記載の部分を一年ごとにプログラム対応を 行って参りましたが、後述する「平成25年3月末日でサポートを終了するOSおよび日レセバージョン」においては、 この特例措置のプログラム対応を行いません。 従いまして「平成25年3月末日でサポートを終了するOSおよび日レセバージョン」においては、平成25年4月1日以降、 70歳から74歳までの方の処理が出来なくなります。 現在、「平成25年3月末日でサポートを終了するOSおよび日レセバージョン」をお使いのユーザおよび事業所の方々は、 速やかに後述する「平成25年4月以降にサポートするOSおよび日レセバージョン」に上げていただき、かつ、3月末の パッチプログラムの適用をして頂くようお願いいたします。 ■平成25年3月末日でサポートを終了するOSおよび日レセバージョン  Debian 4.0(etch) 4.5.0  Ubuntu 8.04(hardy) 4.5.0/4.6.0  Ubuntu 10.04(lucid) 4.5.0 ■平成25年4月以降にサポートするOSおよび日レセバージョン  Ubuntu 10.04(lucid) 4.6.0/4.7.0  Ubuntu 12.04(precise) 4.7.0   ■プログラム対応方法  平成25年3月提供予定の対応パッチプログラムの適用 ▲「平成24年度厚生労働省補正予算案の概要」については、下記のURLを  参照願います。  http://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/12hosei/index.html
トップ > お知らせ > 【重要】70〜74歳の患者負担特例措置対応とサポートOSおよび日レセバージョンについて

このページのトップへ