トップ > 日医標準レセプトソフト > ダウンロード・インストール > monsiaj(Java版日医標準レセプトソフトクライアント)

最新版のダウンロード

旧版のダウンロード

monsiaj

monsiajはJava実行環境で動作する日レセクライアントです。

日医標準レセプトソフト4.8.0以前に対応するmonsiajについてはこちらをご覧ください。

お知らせ


  • monsiaj-2.0.1リリース
  • monsiaj-2.0.0リリース
    • monsiaj-2.x.x系はプロトコルの変更により日レセ4.8以前のサーバとは接続できません
    • また日レセ4.8以前のmonsiajの設定を引き継ぐことはできません(再設定が必要です)

動作環境

  • Java SE 8
  • 日医標準レセプトソフト 5.0.0 以降
  • ディスプレイ解像度 1024×768 以上

確認済みの環境

  • Windows 7 + Java SE 8
  • Windows 8.1 + Java SE 8
  • Windows 10 + Java SE 8
  • Mac OS X 10.12 Sierra + Java SE 8

インストール/アンインストール

Java Web Start版とZIPアーカイブ版の2通りの方法があります。

Java Web Start版

Java Web Startにより常に最新版をダウンロードして使用します。

 インストール

本ページ上部の「最新版のダウンロード」の「Java Web Start」のリンクをクリックします。

Java Web Startが起動し、ダウンロードがはじまります。

monsiajのランチャー画面が表示されたらインストール完了です。

アンインストール

Javaコントロールパネルを起動します。

  • Windowsの場合
    • スタート->プログラム->Java
  • Mac OS Xの場合 
    • アプリケーション->ユーティリティ->Java->Java Web Start

Javaコントロールパネルが起動したら、Javaキャッシュビューワで日医標準レセプトソフトを右クリックして削除を選択します。

ZIPアーカイブ版

バージョン毎のZIPアーカイブを利用する方法です。最新版が更新される度にZIPアーカイブをダウンロードする必要があります。

インストール

本ページ上部の「最新版のダウンロード」の「ZIPアーカイブ」のリンクをクリックしてmonsiaj-bin-x.y.z.zipをダウンロードします。

ダウンロードしたmonsiaj-bin-x.y.z.zipを展開します。これでインストール完了です。monsiaj-bin-x.y.z\jmareceipt.jarがmonsiaj本体の実行ファイルとなります。

アンインストール

 ZIPアーカイブを展開してできたmonsiaj-bin-x.y.zのフォルダを削除すれば完了です。

トラブルシューティング

Java Web Start版が起動しない

monsiajの更新や、Javaの更新などにより、「このアプリケーションを起動できません」というダイアログが表示され、monsiajが起動できなくなることがあります。

対応方法

Java Web Startのアプリケーションキャッシュを一度削除した後、再度公式ページのJava Web Startを起動すると正常動作する可能性があります。

アプリケーションキャッシュの削除の手順を以下に示します。

  • Windowsの場合
    1. スタート->コントロールパネル(クラシック表示)->Java でJavaコントロールパネルを起動
    2. Javaキャッシュビューワで日医標準レセプトソフトを右クリックして削除を選択
  • Mac OS Xの場合
    1. アプリケーション->ユーティリティ->Java->Java Web Start でJavaコントロールパネルを起動
    2. Javaキャッシュビューワで日医標準レセプトソフトを右クリックして削除を選択 

Java Web Startのアイコンを削除した

誤ってJava Web Startのアイコンを削除した場合は、以下の方法でアイコンを再作成できます。

対応方法

  • Windowsの場合
    1. スタート->コントロールパネル(クラシック表示)->Java でJavaコントロールパネルを起動
    2. Javaキャッシュビューワで日医標準レセプトソフトを選択して、「選択されたアプリケーションのショートカットを作成」というツールチップが出るボタンをクリック
  • Mac OS Xの場合
    1. アプリケーション->ユーティリティ->Java->Java Web Start でJavaコントロールパネルを起動
    2. Javaキャッシュビューワで日医標準レセプトソフトを選択して、「選択されたアプリケーションのショートカットを作成」というツールチップが出るボタンをクリック

Mac OS X環境にてテキスト部分のコピー&ペーストをおこなうことができない

monsiaj実行後、[その他の設定]タブにあるルック&フィールの設定により操作が異なります。

対応方法

  • Metal、Nimbus、CDE/Motif を設定している場合
    1. 「control+c」にてコピー、「control+v」にてペーストが可能です。
  • Mac OSX、Nimrod、InfoNode を設定している場合
    1. 「command+c」にてコピー、「command+v」にてペーストが可能です。

サポート

不具合等を見つけた方はランチャーの情報タブのスクリーンショットを添付した上でORCAサポートセンタ:support@orca.med.or.jp までお知らせください。

トップ > 日医標準レセプトソフト > ダウンロード・インストール > monsiaj(Java版日医標準レセプトソフトクライアント)

このページのトップへ