トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.5.0 > パッチ提供(第23回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全8件:登録/会計照会/入院患者照会/データチェック/明細書/CLAIM/帳票/その他

パッチ提供(第23回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全8件:登録/会計照会/入院患者照会/データチェック/明細書/CLAIM/帳票/その他

■厳重注意事項

【厳重注意事項】
(1) データベース二重化の環境では、データベースの不整合が発生する場合が
  ありますので、従サーバ、主サーバの順でプログラム更新を実行してください。

(2) バージョンは 4.5.0 であってもプレリリース版をインストール
  しているシステムに対しては「プログラム更新」を行わないで
  ください。
  必ず正式リリース版にアップグレードを行ってからさらに
  「プログラム更新」を行ってください。

  インストールバージョンの確認方法

  kterm などで次のコマンドを入力してください。
  $ dpkg -s jma-receipt
  又は
  $ dpkg -s jma-receipt-hosp
  Version: 1:4.5.0-1+0jma0.pre.n (n は数字)
  というようにVersion情報にpreという文字列がある場合は
  プレリリース版です。

■プログラム更新処理手順について

プログラム更新処理手順について

「トップメニュー」から「03 プログラム更新」を選択します。

「更新」ボタンをクリックするかF12キーを押します。

「プログラム更新を実行します。よろしいですか?」に対し
「OK」をクリックするかF12キーを押します。

3分〜5分程度待ちます。
(ダウンロードを行うため回線の込み具合によりこれ以上かかる場合もあります。)

「状況」ボタンをクリックするかF11キーを押します。
画面中の一覧最下行の処理状態が「済」になればプログラムの取得は終了している
ことを表します。

これを確認したらメニューに戻って業務を再開してもかまいませんが
この処理は自動的に自システム(日レセ)の再起動を行いますのでその処理中には
画面がフリーズしたようにしばらく動かなくなることがあります。
しばらく(長くても1分程度)待っていただければ画面は動き出しますのでご注意
ください。

従サーバへのプログラム更新について

プログラム更新業務は接続している「日レセ」サーバ(通常は主サーバ)
に対してのみ修正プログラムの取り込みを行います。

従サーバに対しても修正プログラムの取り込みを行う必要がありますが
この場合は従サーバへ接続を切り替えて行います。
一番簡単な方法は従サーバマシンでglclientをローカル接続(-port  
オプションなし)を行い業務画面を表示させます。
後は、主サーバの場合と同様の操作を行ってください。

■プログラム更新により修正される内容について

第23回:平成23年01月27日(2011-01-27)提供分

* パッチ提供に関するドキュメントは 
   PD-450-23-2011-01-27.pdf
   医療観察法(入院対応)
  です

(A)登録

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:登録
□管理番号:ncp20110118-015
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 国保と精神通院と特定負無(水俣病)の併用の患者さんです。
 国保連合会に問い合わせをしましたところ
 「この患者さんは、国保+精神通院+特定負無の併用で請求して下さい」
 レセプト下の療養の給付欄に以下のように印字して下さい
 一番上の欄に請求点数
 公費(1)欄(精神通院)に上記と同点数の請求点数と一部負担額(上限額)
 公費(2)欄(特定負無)に上記と同点数の請求点数と一部負担金(0円)
 という回答でした。
 ORCAでは、国保+精神通院と、国保+特定負無の二つの組み合わせで
 国保+精神通院+特定負無の保険組み合わせができません。

□対応内容
 水俣公費(特定疾患)について主保険+精神通院+特定疾
 患の保険組合せ作成を可能としました。対象となる負担者番号は以下のとおりです。
 ・新潟県   51153013 51153021 51153039
 ・新潟市   51153047
 ・熊本県   51433019 51433035 51433043
         (51433027は過去既対応済み)
 ・鹿児島県  51463016 51463024 51463032
 ────────────────────────────────────

(B)会計照会

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:会計照会
□管理番号:ncp20101221-009
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 現在Ubuntuの検証をさせて頂いておりますが会計照会画面のカレンダー部分表
 示について確認させて頂きます。
 会計照会の診療行為名称欄が広くなった分、カレンダー表示が5日位までしか
 表示されません。
 etchだと25日位まで表示されていましたが5日までですと全体が見えないた
 め不便かと思います。
 名称欄を手動で狭くすればある程度表示されますが固定されないためもう一度
 立ち上げなおした場合元に戻ってしまいます。

□対応内容
 修正を行いました。
 現状のglclient2の動作として、コラムリストの項目幅はユーザーが任意で変え
 ない限り、表示している項目の最大幅に自動調整されます。
 今回のケースでは名称下に表示している線の幅で調整されたいました。
 ────────────────────────────────────

(C)入院患者照会

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:入院患者照会
□管理番号:ncp20110104-019
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 Etch 4.4.0からEtch 4.5.0へバージョンアップ後に、入院患者照会の検索時間
 が大幅に遅くなったと、複数の医療機関から問合せがあり、社内にていくつか
 の対応方法で検証を行いましたが、改善されませんでしたので、対応方法など
 をご教授頂ければ幸いです。
 ■ 現象(1医療機関からの情報を抜粋)
 「36.入院患者照会」で、以下の条件で検索した場合、検索時間が大幅に遅く
 なった。
 条件1:病棟=3病棟(8病棟のうちの1つを指定)
 条件2:状態=入院中(または、「当月在院」)

 4.4.0 Etchの時の検索時間:約10秒
 4.5.0 Etchの時の検索時間: 約5分

□対応内容
 入院患者照会業務の検索処理で使用する入院患者照会ビュー(view_i001)を修正
 し、レスポンスの改善を図りました。
 ────────────────────────────────────

(D)データチェック

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:データチェック
□管理番号:ncp20101222-016
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 公立医療機関のため統計目的等により、全ての診療行為入力時に「0085〜」
 「0086〜」から始まるコメントコードを入力しておられる医療機関様で
 例
 「平日:8:30−18:30」「平日:19:00−22:00」
 「土曜:13:00−18:00」「土曜:19:00−22:00」
 「休日:8:30−18:30」「休日:19:00−22:00」、
 「緊急」「急患」「普患」等。
 全ての患者について診療行為入力時に上記例のコメントを必ず手動入力されて
 いるため、コメントの入力もれがないようデータチェックを1週間単位で行っ
 ていました。
 データチェックの内容は「診療行為どうしの算定もれ」で「診察料(初診や再
 診、初診(特例)等」が入力されているのに、上記「例」のコメントが入力さ
 れていない場合エラーとする、と設定していましたが、診察料とコメントが入
 力されているにもかかわらず、すべての患者がエラーとして出てくるようにな
 ってしまいました。チェックがかからないと印刷しての点検はできないため、
 大変困ります。以前のようにチェックをかけるためにはどのようにすればよい
 でしょうか?

□対応内容
 診療区分”99”(コメント)で入力された”0085”または”0086”から始まる
 コメントコードについてはデータチェックの対象外とするよう修正しましたが、
 チェックマスタを使ったチェックについては対象とするように修正しました。
 ────────────────────────────────────

(E)明細書

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:support20110118-019
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 レセプト左下の請求点数に対しての請求金額がまったく違うものを表示してし
 まっているようです。
 添付画面コピーのプレビュー2の保健点数129,875点に対して、請求金額は
 122,970円と表示しています。
 実際に社保からも金額が違うということで連絡があったようです。

 ちなみに、こちらの患者様は特定疾患の公費を退院登録後に入れて、診療行為
 で保険変更後、再計算して、退院取り消し後、転科、転棟、転出で保険組み合
 わせを変更して、退院取り消しをしました。

 入力の問題か、プログラムの問題かご教授頂ければ幸いです。

□対応内容
 70歳未満現物給付(入院)のレセプト保険欄−一部負担金額記載修正

 ”主保険+全国公費(上限あり)”と
 ”主保険+地方公費(レセプト記載しない地方公費)”
 の2種類の保険組み合わせを使用した場合
 例)
 主保険(就学前2割)+051(上限18700円) 26974点
 主保険(就学前2割)+地方公費(レセプト請求しない)
 102901点
           (53950)  (53950)
 保険  129875 122970 → 125668
 公費1  26974  18700    18700
 ────────────────────────────────────

(F)CLAIM

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:CLAIM
□管理番号:ncp20110107-005
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 診療行為入力に問題があったため連絡いたしました。
 現象は以下のとおりです。
 例えばセット入力に以下のように用法が*1のものが連続して登録がされています。
 .210 内服薬剤
 薬剤1
 Y02001 *1【1日2回朝夕食後に】×1
 薬剤2
 Y01001 *1【1日1回朝食後に】×1
 薬剤3
 Y01001 *1【1日1回朝食後に】×1
 このセットコードをCLAIM通信で送信し中途表示から追加を行ったところ
 .210 内服薬剤
 薬剤1
 Y02001 *1【1日2回朝夕食後に】×1
 薬剤2
 Y01001 【1日1回朝食後に】
 薬剤3
 Y01001 【1日1回朝食後に】
 というふうに2つ目以降の*1が表示されずに展開されました。
 このように用法に*1が連続する場合に限り2つめ以降の*1が消失してしまうよ
 うです。
 同じ現象は4.4.0 hardyでも発生しているようです。

□対応内容
 投薬のセットで剤の終了を *1で行っているセットを、CLAIMからの中
 途終了データにセットコードを設定して展開する時、*1を展開していません
 でした。このため、剤がまとまっていましたので正しく展開するように修正し
 ました。
 ────────────────────────────────────

(G)帳票

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:帳票
□管理番号:お電話でのお問い合わせ12月28日−領収書兼明細書
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 下記の入力時に領収書兼明細書(ORCHC03V04)の場合出力されませんがこちら
 は仕様でしょうか。
 明細部分がないので出力されないのでしょうか。

 自費1000円のみ登録
 0円に訂正 自費0円コードで登録

 診療費明細書もでないのですが、請求書兼領収書(ORCHC03V03等)の場合は
 -1000円として出力されます。
 領収書兼明細書は出力することはできないのでしょうか。

□対応内容
 領収書兼診療費明細書の発行で、診療費明細書に編集する明細がない場合は発
 行していませんでいた。
 他の領収書と同様に発行の指示があれば、明細・請求額に関係なく印刷するよ
 うに修正しました。
 これにより、小児科で小児科外来診療料を算定し外科で投薬を行った場合に、
 今までは明細のある小児科だけ発行していましたが、対象の明細がない外科で
 も発行することになります。
 明細のない外科の発行が必要ないのであれば、科をまとめて印刷するか発行後
 に破棄することになります。
 ────────────────────────────────────

(H)その他

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:その他
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 医療観察法の対応を行いました。

□対応内容

 ────────────────────────────────────
トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.5.0 > パッチ提供(第23回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全8件:登録/会計照会/入院患者照会/データチェック/明細書/CLAIM/帳票/その他

このページのトップへ