トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.5.0 > パッチ提供(第72回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全3件:診療行為/データチェック/明細書(2013-01-28)

パッチ提供(第72回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全3件:診療行為/データチェック/明細書

■厳重注意事項

【厳重注意事項】
(1) プログラム更新時において、データベースの構造変更処理が実行される場合が
  あります。
  データ量によっては、時間を要する場合がありますので、実行中は誤って、
  電源を切らないようにしてください。

(2) データベース二重化の環境では、データベースの不整合が発生する場合が
  ありますので、従サーバ、主サーバの順でプログラム更新を実行してください。

(3) バージョンは 4.5.0 であってもプレリリース版をインストール
  しているシステムに対しては「プログラム更新」を行わないで
  ください。
  必ず正式リリース版にアップグレードを行ってからさらに
  「プログラム更新」を行ってください。   インストールバージョンの確認方法   kterm などで次のコマンドを入力してください。   $ dpkg -s jma-receipt   又は   $ dpkg -s jma-receipt-hosp   Version: 1:4.5.0-1+0jma0.pre.n (n は数字)   というようにVersion情報にpreという文字列がある場合は   プレリリース版です。

■プログラム更新処理手順について

プログラム更新処理手順について

「トップメニュー」から「03 プログラム更新」を選択します。

「更新」ボタンをクリックするかF12キーを押します。

「プログラム更新を実行します。よろしいですか?」に対し
「OK」をクリックするかF12キーを押します。

3分〜5分程度待ちます。
(ダウンロードを行うため回線の込み具合によりこれ以上かかる場合もあります。)

「状況」ボタンをクリックするかF11キーを押します。
画面中の一覧最下行の処理状態が「済」になればプログラムの取得は終了している
ことを表します。

これを確認したらメニューに戻って業務を再開してもかまいませんが
この処理は自動的に自システム(日レセ)の再起動を行いますのでその処理中には
画面がフリーズしたようにしばらく動かなくなることがあります。
しばらく(長くても1分程度)待っていただければ画面は動き出しますのでご注意
ください。

従サーバへのプログラム更新について

プログラム更新業務は接続している「日レセ」サーバ(通常は主サーバ)
に対してのみ修正プログラムの取り込みを行います。

従サーバに対しても修正プログラムの取り込みを行う必要がありますが
この場合は従サーバへ接続を切り替えて行います。
一番簡単な方法は従サーバマシンでglclientをローカル接続(-port  
オプションなし)を行い業務画面を表示させます。
後は、主サーバの場合と同様の操作を行ってください。

■プログラム更新により修正される内容について

第72回:平成25年01月28日(2013-01-28)提供分

* パッチ提供に関するドキュメントは 
   PD-450-72-2013-01-28.pdf
  です

(A)診療行為

────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:support20130117-014
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 月の始めに特定疾患処方管理加算が自動算定されてきました。
 月2回目の受診時に処方日数が28日のため、登録しようとしたところ、
 「警告!既に特処加算を算定済みです。長期投薬加算を算定する場合は削除し
 て下さい。」とメッセージが出るので、メッセージを閉じて、登録を押下した
 ところ、特定疾患処方管理加算の確認メッセージが出ません。

 「1007 自動算定・チェック機能制御情報」の薬剤情報提供料を「1算定する
 (月1回)」に設定していると聞いてきません。
 薬剤情報提供料の自動算定を「しない」にした場合は、メッセージを閉じたあ
 とに特定疾患処方管理加算の算定を聞いてきます。
 薬剤情報提供料を「1算定する」の場合でも特定疾患処方管理加算を聞いてく
 るようにしていただけませんでしょうか。

□対応内容
 診療行為の登録時に、「警告!既に特処加算を算定済みです。長期投薬加算を
 算定する場合は削除して下さい。」を表示した後に、「手帳記載加算(薬剤情
 報提供料)を算定します。よろしいですか?」の表示がある場合に、特定疾患
 処方管理加算の確認メッセージが表示されませんでした。
 長期投薬加算の警告メッセージ表示後に続けて「登録」をクリックした時、
 「特定疾患処方管理加算が算定できます。OKで自動算定します」の表示を行
 うようにしました。
────────────────────────────────────

(B)データチェック

────────────────────────────────────
□対応範囲:データチェック
□管理番号:support20130112-008
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 昨年6月頃から禁忌薬剤のデータチェックで疑い病名で登録している場合でも
 "疑い"の文字が表示されなくなった為に、判断がしにくく非常に困っておりま
 す。疑い病名の場合は、今まで通り、"~の疑い"と印字されるように対応くだ
 さい。

□対応内容
 昨年の5月29日のパッチ提供で、管理番号ncp:20120501-040の対応を行った際、
 投与禁忌薬剤のチェックでエラーになった疑いフラグが設定されている病名に
 ついて“疑い”の文字が編集されなくなっていましたので編集するよう修正し
 ました。
────────────────────────────────────

(C)明細書

────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:お電話でのお問い合わせ1月4日ー自費レセプト印刷
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 システム管理マスタ-レセプト総括印刷情報で自費レセプトの印刷指定を印刷
 しないに設定。
 個別作成で出力順を入力順にした場合に、出力区分のチェックは外れています
 が、印刷処理をかけるとプレビューに表示され印刷もされます。

□対応内容
 システム管理2005 で自費レセプトの印刷指定を「1 自費レセプトを印刷しない」
 と設定をしていても、個別作成時の「05入力順」での出力で対象としていまし
 たので修正しました。
────────────────────────────────────
トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.5.0 > パッチ提供(第72回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全3件:診療行為/データチェック/明細書(2013-01-28)

このページのトップへ