トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.6.0 > パッチ提供(第27回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.6.0 全4件:診療行為/明細書(2012-05-31)

パッチ提供(第27回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.6.0 全4件:診療行為/明細書

■厳重注意事項

【厳重注意事項】
(1) データベース二重化の環境では、データベースの不整合が発生する場合が
  ありますので、従サーバ、主サーバの順でプログラム更新を実行してください。

(2) バージョンは 4.6.0 であってもプレリリース版をインストール
  しているシステムに対しては「プログラム更新」を行わないで
  ください。
  必ず正式リリース版にアップグレードを行ってからさらに
  「プログラム更新」を行ってください。

  インストールバージョンの確認方法

  kterm などで次のコマンドを入力してください。
  $ dpkg -s jma-receipt
  Version: 1:4.6.0-1+0jma0.pre.n (n は数字)
  というようにVersion情報にpreという文字列がある場合は
  プレリリース版です。

■プログラム更新処理手順について

プログラム更新処理手順について

「トップメニュー」から「03 プログラム更新」を選択します。

「更新」ボタンをクリックするかF12キーを押します。

「プログラム更新を実行します。よろしいですか?」に対し
「OK」をクリックするかF12キーを押します。

3分〜5分程度待ちます。
(ダウンロードを行うため回線の込み具合によりこれ以上かかる場合もあります。)

「状況」ボタンをクリックするかF11キーを押します。
画面中の一覧最下行の処理状態が「済」になればプログラムの取得は終了している
ことを表します。

これを確認したらメニューに戻って業務を再開してもかまいませんが
この処理は自動的に自システム(日レセ)の再起動を行いますのでその処理中には
画面がフリーズしたようにしばらく動かなくなることがあります。
しばらく(長くても1分程度)待っていただければ画面は動き出しますのでご注意
ください。

従サーバへのプログラム更新について

プログラム更新業務は接続している「日レセ」サーバ(通常は主サーバ)
に対してのみ修正プログラムの取り込みを行います。

従サーバに対しても修正プログラムの取り込みを行う必要がありますが
この場合は従サーバへ接続を切り替えて行います。
一番簡単な方法は従サーバマシンでglclientをローカル接続(-port  
オプションなし)を行い業務画面を表示させます。
後は、主サーバの場合と同様の操作を行ってください。

■プログラム更新により修正される内容について

第27回:平成24年05月31日(2012-05-31)提供分

* パッチ提供に関するドキュメントは 
   PD-460-27-2012-05-31.pdf
  です

(A)診療行為

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:OSC
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 下記内容を2012-05-29のパッチにて修正しましたが、修正を取り消しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 診療行為入力画面では、先頭桁が半角数字あるいは半角英数で始まるコードは
 20桁まで任意の長さのコードが入力可能とありますが、10文字を超えると
 10文字目で1つスペースが空き11桁目が欠落し表示キーの入力コードに変
 換されずエラーとなる場合があります。
 エラーが表示された場合でも再度入力しなおすと表示キーに変換されます。
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

□対応内容
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:support20120530-004
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 薬剤情報提供料の入力についてお尋ねがあります。
 通常同月に2回以上入力した場合には警告として、「今月既に算定済みです」
 というメッセージが出てきますが「閉じる」をクリックすると先に進めるかと
 思います。
 ですが、本日から突然「閉じる」をクリックしても先に進もうとすると同じ警
 告のメッセージが出てきて入力が先に進みません。

□対応内容
 薬剤情報提供料のマスタに入力CDが複数登録されている場合、月2回以上の
 算定には警告が出ますが、入力CDの表示キー以外で入力した場合に警告の解除
 ができなくなっていましたので修正しました。
 ────────────────────────────────────

(B)明細書

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:request20111201-001
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 運動器リハビリテーションを行っている患者。同月内に入院と外来がある場合
 であって、入院と外来で対象病名が異なる時、開始日及び終了日コードを該当
 診療日に入力していても入院・外来の両レセプトに入院・外来の両リハビリの
 開始日等コメントが記載されます。
  例)8月10日に入院?11月25日に退院、11月30日に外来あり
    入院中のリハビリ開始日:H23.8.11
    (H23.8.11に開始日コード、H23.11.25に終了日コードを入力)
    外来のリハビリ開始日:H23.11.30
    (H23.11.30に開始日コードを入力)

 入院レセプトには入院中対象のリハビリコメント、外来レセプトには外来対象
 のリハビリコメントが記載されるようにならないでしょうか?
 対象期間に開始日及び終了日コードで入力しているにもかかわらず、レセプト
 に正しく反映されないのでは困りますので、早急な対応をお願いします。

□対応内容
 リハビリ発症日のレセプト記載修正
 1.当月にリハビリ開始日がある場合で、当月のリハビリ開始日(複数ある場
 合は先頭)より前に、該当レセプトのリハビリ算定日がなければ、前月以前の
 直近のリハビリ開始日は記載しないよう修正しました。
 2.当月にリハビリ開始日がある場合で、当月の各リハビリ開始日より後(開
 始日含む)に、該当レセプトのリハビリ算定日がなければ、そのリハビリ開始
 日は記載しないよう修正しました。
 (例1)4月レセプト
 ・外来
 3月1日:運動器リハ開始日 4月15日:運動器リハ開始日
 4月15日:運動器リハ算定
 <4月外来レセプトは、4月15日のリハ開始日のみ記載>
 (例2)4月レセプト
 ・入院(3月1日〜4月10日)
 3月1日:運動器リハ開始日 4月10日:運動器リハ終了日
 4月5日:運動器リハ算定
 ・外来
 4月15日:運動器リハ開始日
 4月15日:運動器リハ算定
 <4月入院レセプトは、3月1日のリハ開始日のみ記載>
 <4月外来レセプトは、4月15日のリハ開始日のみ記載>
 (例3)4月レセプト
 ・外来
 4月1日:運動器リハ開始日 4月10日:運動器リハ開始日
 4月15日:運動器リハ開始日
 4月1日:運動器リハ算定 4月15日:運動器リハ算定
 <4月外来レセプトは、4月1日と15日のリハ開始日のみ記載>
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:support20120528-011
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 日雇い特別療養費(04040010)で免除証明書を持っている患者の扱い。
 につきまして、宮城県支払基金に問い合わせましたところ、十分ありえます。
 とのことで、通常の患者さんと同じように、免除扱いになるそうです。

□対応内容
 災害対応
 日雇特例被保険者の特別日雇(特別療養)について、減免等の取扱いとしない
 よう対応していましたが、保険者番号の上4桁が”0404”の保険者につい
 ては、減免等の取扱いとするよう変更しました。
 ※患者登録画面での保険の種類「004 特別」がこれに該当します。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:support20120530-032
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 先日ご回答いただいた件ですが、3割負担だと「0」がでないのはなぜかとい
 うお問い合わせがありました。

□対応内容
 高齢者+免除(962)の外来レセプト記載修正
 前期高齢(1割据え置き)以外の高齢者について、保険欄−一部負担金欄に
 ”0”が記載されていなかったので、”0”が記載されるよう修正しました。
 (※免除の場合、高額療養費が現物給付されているものとして取り扱います。)
 ────────────────────────────────────
トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.6.0 > パッチ提供(第27回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.6.0 全4件:診療行為/明細書(2012-05-31)

このページのトップへ