トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.6.0 > パッチ提供(第53回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.6.0 全10件:照会/診療行為/入院会計照会/入院定期請求/データチェック/明細書/API/帳票/その他(2013-10-28)

パッチ提供(第53回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.6.0 全10件:照会/診療行為/入院会計照会/入院定期請求/データチェック/明細書/API/帳票/その他

■厳重注意事項

【厳重注意事項】
(1) プログラム更新時において、データベースの構造変更処理が実行される場合が
  あります。
  データ量によっては、時間を要する場合がありますので、実行中は誤って、
  電源を切らないようにしてください。

(2) データベース二重化の環境では、データベースの不整合が発生する場合が
  ありますので、従サーバ、主サーバの順でプログラム更新を実行してください。

(3) バージョンは 4.6.0 であってもプレリリース版をインストール
  しているシステムに対しては「プログラム更新」を行わないで
  ください。
  必ず正式リリース版にアップグレードを行ってからさらに
  「プログラム更新」を行ってください。   インストールバージョンの確認方法   kterm などで次のコマンドを入力してください。   $ dpkg -s jma-receipt   Version: 1:4.6.0-1+0jma0.pre.n (n は数字)   というようにVersion情報にpreという文字列がある場合は   プレリリース版です。

■プログラム更新処理手順について

プログラム更新処理手順について

「トップメニュー」から「03 プログラム更新」を選択します。

「更新」ボタンをクリックするかF12キーを押します。

「プログラム更新を実行します。よろしいですか?」に対し
「OK」をクリックするかF12キーを押します。

3分〜5分程度待ちます。
(ダウンロードを行うため回線の込み具合によりこれ以上かかる場合もあります。)

「状況」ボタンをクリックするかF11キーを押します。
画面中の一覧最下行の処理状態が「済」になればプログラムの取得は終了している
ことを表します。

これを確認したらメニューに戻って業務を再開してもかまいませんが
この処理は自動的に自システム(日レセ)の再起動を行いますのでその処理中には
画面がフリーズしたようにしばらく動かなくなることがあります。
しばらく(長くても1分程度)待っていただければ画面は動き出しますのでご注意
ください。

従サーバへのプログラム更新について

プログラム更新業務は接続している「日レセ」サーバ(通常は主サーバ)
に対してのみ修正プログラムの取り込みを行います。

従サーバに対しても修正プログラムの取り込みを行う必要がありますが
この場合は従サーバへ接続を切り替えて行います。
一番簡単な方法は従サーバマシンでglclientをローカル接続(-port  
オプションなし)を行い業務画面を表示させます。
後は、主サーバの場合と同様の操作を行ってください。

■プログラム更新により修正される内容について

第53回:平成25年10月28日(2013-10-28)提供分

* パッチ提供に関するドキュメントは 
   PD-460-53-2013-10-28.pdf
   労災レセ電対応に関するパッチ提供分
   です

(A)照会

────────────────────────────────────
□対応範囲:照会
□管理番号:ncp20130927-011
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 「13 照会」で「診療年月日:当日」「診療コード:複数指定」「数値指定:
 数量を指定する」という条件で検索を行った後、検索結果画面で「印刷ボタン」
 を押下し、印刷処理をした後、検索結果画面から「F1キー」で前の画面に戻ろ
 うとすると、F1キーがきかず前の画面に戻れないとのことでした。

□対応内容
 照会業務の(Q02A)患者照会-検索結果(点数情報)画面または、(Q02B)患者照
 会-検索結果(診療行為情報)画面より「印刷ボタン」を押下し、印刷処理を
 した後、検索結果画面のファンクションキーが効かなくなる不具合がありまし
 たので修正しました。
────────────────────────────────────

(B)診療行為

────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:kk31581
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 滋賀県福祉医療費について対応お願い致します。
 添付しました資料の※2)通院の場合、1診療報酬明細当り500円となっており
 ます。
 入院の場合は、1日1000円、月額14000円限度となっています。

 例)182 障老負有 外来の場合500円/月です。
 月中でA国保からB国保になった場合
 A国保+障老負有で500円/月
 B国保+障老負有で500円/月となりますが
 ORCAでは
 A国保+障老負有で500円/月
 B国保+障老負有では、負担金は発生しません。

 また、Ver4.7.0の91-101-2010 負担金計算(1)
 月途中受給者証変更時負担金計算を4に設定した場合は、外来も入院も別々に
 負担金が発生します。
 外来のみ1診療報酬明細当り500円を発生です。

□対応内容
 滋賀県地方公費負担金計算対応

 システム管理2010の「月途中受給者証変更時負担金計算」の設定で
 外来・・・保険者変更時を除き、変更前の負担を考慮する
 入院・・・保険者変更時も含めて、変更前の負担を考慮する
 が可能となるよう対応しました。
 例:外来(月途中保険者変更)
 主保険A+182 (患者負担500円)
 主保険B+182 (患者負担500円)

 (重要)
 システム管理2010の「月途中受給者証変更時負担金計算」の設定に
 「6 変更前の負担を考慮する(入院は1と同様、外来は4と同様)」を追加
 しましたので、設定を行い、負担金計算を行ってください。
────────────────────────────────────

(C)入院会計照会

────────────────────────────────────
□対応範囲:入院会計照会
□管理番号:ncp20131003-017
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 入院会計照会のチェック画面についてですが、カード入力画面での回数とチェ
 ック画面で表示される回数が異なります。異なる項目は、食事の朝・昼・夕、
 食堂加算、地域加算、幼児加算、特殊疾患入院施設管理で、回数がチェック画
 面では1回少ない数字で表示されます。同じ回数で表示されるはずだと思うの
 ですが、なぜこのような現象が起こるのか、何か考えられることはありますで
 しょうか。

□対応内容
 会計照会、入院会計照会のチェック画面で、画面表示月の前月分の外泊日を当
 月にも反映していましたので修正しました。
 また、食堂加算の金額を入院点数に含めていましたので含めないようにしまし
 た。
────────────────────────────────────

(D)入院定期請求

────────────────────────────────────
□対応範囲:入院定期請求
□管理番号:9/25 定期請求情報 有効期間
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 5010定期請求情報より、25年8月31日までは請求時入金処理を「2入金済」、
 25年9月1日より「1未収金」と有効期間を区切って設定した場合、診療年月を
 基準として作成されるのではなく、処理日(システム日付)で作成される動作
 となるのでしょうか。
 個別作成を実施した場合の動作について、処理日を9月とした場合、未収の状
 態になると思いますが、「入金済」となり、履歴欄では入金額が空欄の動作と
 なるようです。

□対応内容
 システム管理[5010 定期請求情報]の設定を以下のように設定し、10月1日に
 定期請求の個別処理を行った場合、9月分の収納データが入金済の状態で作成
 される一方で、その収納明細が入金額0円で作成されてしまう不具合がありま
 したので修正しました。
  00000000 - H25.9.30
   請求時入金処理[2 入金済として処理する]
  H25.10.1 - 99999999
   請求時入金処理[1 未入金として処理する]
 修正後は、10月に有効なシステム管理の設定に基づいて処理を行います。
 (入金額0として処理を行います。)
────────────────────────────────────

(E)データチェック

────────────────────────────────────
□対応範囲:データチェック
□管理番号:お電話でのお問い合わせ10月16日-データチェックでのアルフ
      ァベットのチェックについて
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 システム管理マスタ1102データチェック機能情報3で、アルファベットの設定
 を認めるにした際に、大文字ではチェック対象外となりますが小文字だとチェ
 ック対象となります。
 実際に学校共済で番号1文字目が“a”の方がいるようです。
 チェックにかからないようにしていただくことは出来ますでしょうか。

□対応内容
 システム管理マスタ1102データチェック機能情報3で、保険者証番号1文字目の
 アルファベットの設定を[認める]にした際でもデータチェック時に小文字
 (a~z)の場合はエラーとしていましたので、エラーとしないように修正し
 ました。
 また、記号と番号2文字目のアルファベットの設定についても小文字をエラーと
 しないようにしました。
────────────────────────────────────

(F)明細書

────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:kk31076
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 長崎県地方公費資料をお送りいたします。

□対応内容
 長崎県地方公費レセプト記載対応(保険番号188)
 (平成25年10月診療~)
 (保険番号マスタの「レセプト記載」は「1」で設定)
 社保の自立支援併用レセプト(外来)について、188が助成対象外となる場
 合であっても、レセプト記載するよう対応しました。

 (例)協会+15(上限5000円)+188
  1日目:500点、2日目:400点、3日目:300点の場合、
  レセプト記載する

 (重要)日レセバージョンが4.7の場合は、以下の点に注意してください。
 システム管理2010において、保険番号188で、設定登録を行っていない
 場合は、特に何もする必要はありません。
 設定登録を行っている場合は、レセプト(2)タブの「レセプト記載」付加設
 定-"設定と異なる記載(外来)"を「2 負担上限未満記載あり」及び「2 社
 保(請求分内)」で設定してください。
 保険番号188について、上記設定を行った場合は、社保の自立支援併用レセ
 プトのみ「負担上限未満記載あり」の対象とします。
────────────────────────────────────
────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:kk31636
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 岡山県のユーザー様より、更生医療(15)と岡山県の重度心身障害者医療
 (80)をお持ちの患者さまの負担金記載について、支払基金等審査機関から
 下記のようお問い合わせをよく受けると言われました。

 例)主保険+更生医療(15・負担金上限額:5000円)+マル福障(180)
  1日目   外来 2684点
  2日目以降 入院 7686点
 だった場合、日レセでは負担金の記載が
  外来
  公費(1) 2680円
  公費(2) 2684円
  入院
  公費(1) 2320円
  公費(2) 2316円
 となっているが、外来の負担金のように、公費(1)よりも公費(2)の金額が高く
 なるのは、レセプト記載上考えられないため、この患者の負担金は何が正しい
 のか。
 といった内容とのこと。
 岡山県の地方公費の場合、更生医療との併用になった場合に公費(1)と(2)を比
 較し、(2)の負担金記載が高くならないよう改修をお願いいたします。

□対応内容
 全国公費併用時のレセプト地方公費一部負担金記載修正
 全国公費と地方公費の請求点数が同点、かつ、内部的に計算した一部負担
 (1円単位)が同額の場合、レセプト地方公費一部負担金記載は、全国公費の
 一部負担と同額を記載するよう修正しました、(都道府県を問わず)

 例)協会(3割)+015(上限5000円)+岡山県地方公費180
 外来 2684点
 入院 7686点
 <外来レセプト一部負担金>
 公費1 2680円
 公費2 2684円→2680円
 <入院レセプト一部負担金>
 公費1 2320円
 公費2 2316円→2320円
────────────────────────────────────

(G)API

────────────────────────────────────
□対応範囲:API
□管理番号:support20131007-019
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 患者登録APIで一時的にtbl_paraテーブルにデータを追加していますが、
 削除していませんでしたので削除するようにしました。

□対応内容

────────────────────────────────────

(H)帳票

────────────────────────────────────
□対応範囲:帳票
□管理番号:support20131007-019
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 標準帳票名:長期入院対象患者一覧表
 (事象内容)
 基準日:平成25年9月1日 では、処理結果4ページと出力されるが、
 基準日:平成25年10月1日では、処理結果0ページとして出力されない。

□対応内容
 月次統計帳票の[長期入院対象患者一覧表](ORCBG005)について、入院履歴の
 検索処理に誤りがあり、これが原因で処理が強制終了してしまう不具合があり
 ましたので修正しました。
 [入院患者通算日数一覧表](ORCBG004)についても同様の不具合がありまし
 たので修正しました。
────────────────────────────────────

(I)その他

────────────────────────────────────
□対応範囲:その他
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 労災レセプト電算システムについて対応しました。
 詳細は別途資料を参照してください。

□対応内容

────────────────────────────────────
トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.6.0 > パッチ提供(第53回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.6.0 全10件:照会/診療行為/入院会計照会/入院定期請求/データチェック/明細書/API/帳票/その他(2013-10-28)

このページのトップへ