トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.8.0 > パッチ提供(第50回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.8.0 全7件:入退院登録/明細書/総括表、公費請求書/API/地方公費・負担金計算関係(2016-07-26)

パッチ提供(第50回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.8.0 全7件:入退院登録/明細書/総括表、公費請求書/API/地方公費・負担金計算関係

■厳重注意事項

【厳重注意事項】
(1) プログラム更新時において、データベースの構造変更処理が実行される場合が
  あります。
  データ量によっては、時間を要する場合がありますので、実行中は誤って、
  電源を切らないようにしてください。

(2) データベース二重化の環境では、データベースの不整合が発生する場合が
  ありますので、従サーバ、主サーバの順でプログラム更新を実行してください。

(3) バージョンは 4.8.0 であってもプレリリース版をインストール
  しているシステムに対しては「プログラム更新」を行わないで
  ください。
  必ず正式リリース版にアップグレードを行ってからさらに
  「プログラム更新」を行ってください。   インストールバージョンの確認方法   kterm などで次のコマンドを入力してください。   $ dpkg -s jma-receipt   Version: 1:4.8.0-1+0jma0.pre.n (n は数字)   というようにVersion情報にpreという文字列がある場合は   プレリリース版です。

■プログラム更新処理手順について

プログラム更新処理手順について

「トップメニュー」から「03 プログラム更新」を選択します。

「更新」ボタンをクリックするかF12キーを押します。

「プログラム更新を実行します。よろしいですか?」に対し
「OK」をクリックするかF12キーを押します。

3分〜5分程度待ちます。
(ダウンロードを行うため回線の込み具合によりこれ以上かかる場合もあります。)

「状況」ボタンをクリックするかF11キーを押します。
画面中の一覧最下行の処理状態が「済」になればプログラムの取得は終了している
ことを表します。

これを確認したらメニューに戻って業務を再開してもかまいませんが
この処理は自動的に自システム(日レセ)の再起動を行いますのでその処理中には
画面がフリーズしたようにしばらく動かなくなることがあります。
しばらく(長くても1分程度)待っていただければ画面は動き出しますのでご注意
ください。

従サーバへのプログラム更新について

プログラム更新業務は接続している「日レセ」サーバ(通常は主サーバ)
に対してのみ修正プログラムの取り込みを行います。

従サーバに対しても修正プログラムの取り込みを行う必要がありますが
この場合は従サーバへ接続を切り替えて行います。
一番簡単な方法は従サーバマシンでglclientをローカル接続(-port  
オプションなし)を行い業務画面を表示させます。
後は、主サーバの場合と同様の操作を行ってください。

■プログラム更新により修正される内容について

第50回:平成28年7月26日(2016-07-26)提供分

* パッチ提供に関するドキュメントは 
   PD-480-50-2016-07-26.pdf
   平成28年4月診療報酬改定対応(入院)七版
   平成28年度診療報酬改定資料
  です

(A)入退院登録

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:入退院登録
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 平成28年4月に新設となった有床診療所在宅復帰機能強化加算についてシス
 テム管理「5001 病棟管理情報」に設定可能とし、入院日から起算して15日以
 降の自動算定を可能としました。
 パッチ適用後はシステム管理「5001 病棟管理情報」の加算設定の表示が「在宅
 復帰機能強化加算(療養病床)」から「在宅復帰機能強化加算」
 に変更となり、該当加算を「算定する」とした場合、算定する入院料によって
 以下入院料加算のいずれかを算定します。

 有床診療所入院基本料を算定時
  算定する加算:有床診療所在宅復帰機能強化加算(有床診療所入院基本料)
 有床診療所療養病床入院基本料を算定時
  算定する加算:有床診療所療養病床在宅復帰機能強化加算

□対応内容

 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:入退院登録
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 平成28年4月以降の入院患者(低所得者は除く)について難病医療・小児慢
 性特定疾病医療の公費を適用した日は食事負担が1食260円に据え置く計算
 (生活療養患者にあっては環境療養標準負担額も0円)となりますが、これに
 ついて新設するシステム予約コード(2件)を診療行為から入力することで該
 当日の負担額を変更可能としました。
 ※要マスタ更新

 システム予約コード
 「099999927 難病等食事負担据え置き」
  公費算定有無に関わらず食事負担等を据え置きによる計算を行う。
  (患者が低所得者の場合は無効)
 「099999928 難病等食事負担据え置き対象外」
  公費算定有無に関わらず食事負担等を据え置きでない計算を行う。

□対応内容

 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:入退院登録
□管理番号:support20160722-007
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 71歳前期高齢者の患者様で、限度額適用認定証と特定医療費(指定難病)受給
 者証をお持ちの方が当院地域包括ケア病棟に入院されていたのですが、退院会
 計計算時に本来かからないはずの生活療養環境療養標準負担額が組み込まれて
 しまうため、ご確認をお願い致します。

□対応内容
 地域包括ケア病棟病棟入院料(生活療養)、又は地域包括ケア入院医療管理料
 (生活療養)を算定する患者が低所得患者、かつ難病公費の適用であった場合
 に、居住費(生活療養環境療養標準負担額)を算定してしまう不具合がありま
 したので修正しました。
 該当患者は「重篤な症状又は集中的治療を要する者」と見なして算定すべきと
 ころを、6月27日提供のパッチプログラムで通常の難病公費判定と同様に低所
 得患者は難病による負担軽減対象外としたことによる不具合でした。
 ────────────────────────────────────

(B)明細書

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:support20160704-018
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 「高額療養費区分エを持ってきた患者様を登録したが、今月の請求金額は57,60
 0円を超えているのに、レセプトを出した時に、一部負担金欄に金額があがって
 来ない」との問い合わせを受けました。

□対応内容
 70歳未満現物給付の高額公費適用チェック(外来)
 (例)協会(3割)
 7月1日:診療 請求点数10000点
 7月6日:限度額認定証の提示あり
   高額公費967(区分エ)を登録(適用期間7月1日~)
   診療 請求点数10000点
 高額公費の適用期間を7月1日以降で登録しているが、7月1日の会計時点で
 は高額公費は未入力で、高額公費が適用されていない状態で会計を行っている。
 70歳未満現物給付レセプトの保険欄-一部負担金記載判定については、高額
 公費が適用されている状態で会計を行った収納データを元に判定をしているた
 め、上記のケースではレセプトの保険欄-一部負担金が記載されません。
 これを防止する為、会計時にチェックを行い、該当する診療済み収納データが
 あれば、請求確認画面(右下)に「収納業務で一括再計算を行ってください」
 のメッセージを表示し、再計算を行っていただくことで、保険欄-一部負担金
 記載判定が正しくできるよう対応しました。
 (上記例では7月6日の会計時にメッセージを表示します)
 ────────────────────────────────────

(C)総括表、公費請求書

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:総括表、公費請求書
□管理番号:support20160715-026
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 EFファイルについて、エラーが発生致しました。
 第48回プログラム更新をした後でも同様のメッセージ「実施年月日:退院年月
 日=…」
 が表示されました。

□対応内容
 入院患者のEFファイルについて、(E-3)退院年月日、(E-4)入院年月日、(F-3)
 退院年月日、(F-4)入院年月日が正しく記録できない場合がある不具合を修正し
 ました。正しく記録できなかったのは以下の事例となります。
 例)5月1月から5月3日まで医保以外(公害保険等)による入院
  5月31月から医保による入院
  5月1月から5月3日までの入院期間中に医保による診療行為入力
 この場合、医保以外(公害保険等)での入院料はEFファイルの記録対象外と
 なることから該当期間は入退院日の取得を行っていなかった事により、5月1
 日から3日までに医保で入力された診療行為に記録する退院年月日、入院年月
 日が誤った記録となりました。医保以外で入院料を算定した場合も該当入院期
 間の取得を行い記録を行うよう修正しました。
 ────────────────────────────────────

(D)API

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:API
□管理番号:support20160721-004
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 患者番号一覧の取得(/api01rv2/patientlst1v2?class=01)を実行し、
 Postデータの内容StartDate、EndDateを2016-06-23としリクエスト送信。
 --------------------------------------
 2016-06-23
 2016-06-23
 --------------------------------------
 レスポンスとして返答される患者番号一覧の中に、
 2016-06-03
 2016-07-21
 で返答される患者番号が含まれてしまい、正しい患者番号一覧が取得出来てい
 ないように思います。
 class=01 新規及び更新患者対象で、StartDate・EndDateをリクエスト送信し
 た時にレスポンスされる患者番号一覧は、CreateDate、UpdateDateがリクエス
 トした期間内であるという認識をしているのですが、どのような仕様となるの
 か?又はプログラムの不具合なのか?を知りたく問い合わせさせて頂きました。

□対応内容
 APIの患者番号一覧の取得(patientlst1v2)で開始日・終了日を同じ日に設
 定した場合、対象外の患者番号が返却されていました。
 登録日・更新日のいずれかが、開始日・終了日の範囲内の患者番号を返却する
 ように対応しました。
 ────────────────────────────────────

(E)地方公費・負担金計算関係

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:地方公費・負担金計算関係
□管理番号:kk3815
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 平成28年8月より、熊本県菊池市のひとり親家庭医療費助成が現物給付となりま
 す。
 医療機関は市へ専用請求書での請求となりますが、患者負担が一部負担の3分の
 1となります。
 窓口で手計算を行うことは医療機関側の負担となるため専用のマスタを作成し
 て頂いてもよろしいでしょうか?

□対応内容
 熊本県菊池市ひとり親家庭等医療の負担金計算対応
 (平成28年8月診療分からの制度)(外来のみ)
 対象保険番号:443
 (1)主保険一部負担金(負担割合相当額)の一月累計金額が21000円未満
    の場合、1/3計算対象で、その会計の主保険一部負担金の1/3の金額を
    患者負担とする。
    21000円以上となる場合、1/3計算対象外で、その会計の主保険一
    部負担金を患者負担とする。
 (2)マル長や他公費を併用する場合は、1/3計算対象外で、公費一部負担金を
    患者負担とする。
    (マル長や他公費併用分は、主保険一部負担ではなく、患者負担の金額を
    累計する)
 【重要】
 一月累計金額が21000円以上となる場合、その会計から1/3計算対象外とな
 るため、同一月に1/3計算した「主保険+ひとり親」の診療済み分があれば、再
 計算を行い、その会計の主保険一部負担金を一旦支払っていただく必要があります。
 同一月に「主保険+ひとり親」の診療済み分があれば、確認の意味で、会計後に収
 納業務の一括再計算を行うようにしてください。(患者負担が変われば差額を徴収
 してください)
 (例1)【1日目】協会3割+ひとり親 2932点の場合
 2932点×10円×0.3=8796円(10円未満四捨五入)8800円
 一月累計金額:8800円
 21000円未満なので、1/3計算対象
 患者負担:
 8800円×2÷3=5866.666円(少数点以下切り捨て)5866円
 8800円-5866円=2934円
 (1/3計算対象の場合、上記計算での1円単位の金額が患者負担となる)
 【2日目】協会3割+ひとり親 4937点の場合
 4937点×10円×0.3=14811円(10円未満四捨五入)14810円
 一月累計金額:8800円+14810円=23610円
 21000円以上となるので、1/3計算対象外
 患者負担:14810円
 (1/3計算対象外の場合、その会計の主保険一部負担金の金額が患者負担となる)
 ◎このケースでは、【1日目】の再計算を行い、主保険一部負担金を一旦支払って
 いただく必要があります。
 (例2)【1日目】協会3割+難病(上限5000円)+ひとり親3000点の場合
 マル長や他公費を併用する場合は1/3計算対象外
 患者負担:5000円
 【2日目】協会3割+ひとり親 4000点の場合
 4000点×10円×0.3=12000円
 一月累計金額:5000円(※)+12000円=17000円
 (※マル長や他公費併用分は、患者負担の金額を累計する)
 21000円未満なので、1/3計算対象
 患者負担:4000円
 (例3)【1日目】協会3割+ひとり親 6000点の場合
 6000点×10円×0.3=18000円
 一月累計金額:18000円
 21000円未満なので、1/3計算対象
 患者負担:6000円
 【2日目】協会3割+難病(上限5000円)+ひとり親 3000点の場合
 マル長や他公費を併用する場合は1/3計算対象外
 患者負担:5000円
 ◎このケースでは、一月累計金額が(18000円+5000円=23000円)で21000円
 以上となるため、【1日目】の再計算を行い、主保険一部負担金を一旦支払っ
 ていただく必要があります。
 ────────────────────────────────────
トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.8.0 > パッチ提供(第50回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.8.0 全7件:入退院登録/明細書/総括表、公費請求書/API/地方公費・負担金計算関係(2016-07-26)

このページのトップへ