トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.5.0.0  > パッチ提供(第62回)◆日医標準レセプトソフト ver 5.0.0 全15件:登録/診療行為/入院会計照会/データチェック/明細書/総括表、公費請求書/月次統計/点数マスタ/API/帳票/地方公費・負担金計算関係/その他(2020-05-26)

パッチ提供(第62回)◆日医標準レセプトソフト ver 5.0.0 全15件:登録/診療行為/入院会計照会/データチェック/明細書/
総括表、公費請求書/月次統計/点数マスタ/API/帳票/地方公費・負担金計算関係/その他

■厳重注意事項

【厳重注意事項】
(1) プログラム更新時において、データベースの構造変更処理が実行される場合が
  あります。
  データ量によっては、時間を要する場合がありますので、実行中は誤って、
  電源を切らないようにしてください。

(2) データベース二重化の環境では、データベースの不整合が発生する場合が
  ありますので、従サーバ、主サーバの順でプログラム更新を実行してください。

(3) バージョンは 5.0.0 であってもプレリリース版をインストール
  しているシステムに対しては「プログラム更新」を行わないで
  ください。
  必ず正式リリース版にアップグレードを行ってからさらに
  「プログラム更新」を行ってください。   インストールバージョンの確認方法   kterm などで次のコマンドを入力してください。   $ dpkg -s jma-receipt   Version: 1:5.0.0-1+0jma0.pre.n (n は数字)   というようにVersion情報にpreという文字列がある場合は   プレリリース版です。

■プログラム更新処理手順について

プログラム更新処理手順について

「トップメニュー」から「03 プログラム更新」を選択します。

「更新」ボタンをクリックするかF12キーを押します。

「プログラム更新を実行します。よろしいですか?」に対し
「OK」をクリックするかF12キーを押します。

3分〜5分程度待ちます。
(ダウンロードを行うため回線の込み具合によりこれ以上かかる場合もあります。)

「状況」ボタンをクリックするかF11キーを押します。
画面中の一覧最下行の処理状態が「済」になればプログラムの取得は終了している
ことを表します。

これを確認したらメニューに戻って業務を再開してもかまいませんが
この処理は自動的に自システム(日レセ)の再起動を行いますのでその処理中には
画面がフリーズしたようにしばらく動かなくなることがあります。
しばらく(長くても1分程度)待っていただければ画面は動き出しますのでご注意
ください。

従サーバへのプログラム更新について

プログラム更新業務は接続している「日レセ」サーバ(通常は主サーバ)
に対してのみ修正プログラムの取り込みを行います。

従サーバに対しても修正プログラムの取り込みを行う必要がありますが
この場合は従サーバへ接続を切り替えて行います。
一番簡単な方法は従サーバマシンでglclientをローカル接続(-port  
オプションなし)を行い業務画面を表示させます。
後は、主サーバの場合と同様の操作を行ってください。

■プログラム更新により修正される内容について

第62回:令和2年5月26日(2020-05-26)提供分

* パッチ提供に関するドキュメントは 
 PD-500-62-2020-05-26.pdf
 令和2年度4月改定資料
 新型コロナウイルス感染症入院対応(初版)
 です


(A)登録

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:登録
□管理番号:ncp20200428-034
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 患者登録画面の「保険組合せ履歴」にある「非表示区分」を選択している場合
 保険組合せを選択してカルテ発行を行いましたがカルテに保険組合せが表示されません

□対応内容
 患者登録からカルテを印刷する時、選択した保険組合せが
 「入院のみ非表示」「外来のみ非表示」の設定をしている場合は
 対象としていませんでしたので対象とするようにしました。
 ────────────────────────────────────

(B)診療行為

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:ncp20200512-012
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 113032310 診療情報提供料3 150点についてご質問です。
 ある患者様で、この提供書を2つの別の医療機関に同時に提供する予定ですが、
 エラー「0」で進むことができません。医療機関ごとに1通ずつ算定できると
 思うのですが、エラー「9」にはならないでしょうか。
 ユーザー設定でも既定の設定が優先されるようです。

□対応内容
 診療行為入力で、診療情報提供料(3)を同時に複数行入力した時、
 エラーとなりましたのでエラーとしないように修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 「別表I 診療報酬明細書の「摘要」欄への記載事項等一覧(医科)」で
 示された撮影部位(選択式コメント)の対応を行いました。
 単純撮影の撮影部位は、ユーザーマスタの撮影部位コードに
 選択式コメントコードを設定することにより自動発生を可能としました。
 入力方法については別紙を参照してください。
 ※要マスタ更新

□対応内容
 
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 撮影部位の選択式コメントですが、「F12 登録」時に表示され、選択して
 いないと会計処理に遷移できないユーザと選択式コメントを選択していな
 くても会計処理ができるユーザがおります。
 環境の違いはない為、操作的な問題なのか、検証していても判断できませんでした。
 (ORCAバージョン、PG更新:5/26適用済みで環境に差異はございません。
 「システム管理:1038 自動算定情報・チェック機能制御設定」に関して、
 選択式コメント一覧も「 1 自動表示する」と設定されていいます。)

□対応内容
 選択式コメント一覧を自動表示する診療コードを入力しても
 剤内にコメントコードがあれば自動表示しませんが、条件の
 コメントコードは「820〜」「810000001」「008〜」としていました。
 剤内に選択式コメントコードの入力があれば自動表示しないように対応しました。
 CT、MRI撮影と「830〜」の部位選択式コメントコードを同時に入力した操作
 (中途データ展開、DO展開、セット展開の場合)に、選択式コメント一覧を
 自動表示していましたので、選択式コメントコードが剤内に存在すれば自動表示
 しないように対応しました。
  また、選択式コメントコードを入力後、対象となる診療コード
  (CT、MRI撮影料)を変更した場合も同様でした。
 ────────────────────────────────────

(C)入院会計照会

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:入院会計照会
□管理番号:support20200430-024
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 ADL入力画面で一括修正に指定した日付を入力後に「日別入力エラー」
 が表示され修正が出来ません。
 個別修正で各日でフラグを削除を行い、変更確定をクリックすると「日別入力エラー」
 のエラーが発生し登録が出来ない状態になっております。
 個別でフラグ削除で変更確定でエラーが発生しない場合もあります。

□対応内容
 入力値の判定に誤りがありましたので修正しました。
 ────────────────────────────────────

(D)データチェック

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:データチェック
□管理番号:ncp20200528-014
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 今月単純撮影の写真診断を入力していて、データチェックをかけたときのエラー
 についてご質問です。新しいプログラムとマスタの提供があり、今朝更新をかけました。
 その後データチェックをかけました。すると
 エラー「選択式コメントが未入力です。確認してください【単純撮影(イ)の写真診断】28日」
 と出ました。

□対応内容
 9月まで撮影部位の選択式コメントの入力チェックは行わないように対応しました。
 ────────────────────────────────────

(E)明細書

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:ncp20200430-027
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 レセプトの点数が100万点を超える場合、診療費明細書(レセプト)の請求点数が
 正しく印字されていないようです。
 (例:1,073,417点 → 73,417点)
 総括表やレセ電は正しい請求点数が出ているようです。

□対応内容
 入院外のレセプトについて、請求点数が100万点を超える場合に
 正しく記載が行われませんでした。
 請求点数の桁数を7桁から10桁に変更し、1000万の単位まで記載できるようにしました。
 ────────────────────────────────────

(F)総括表、公費請求書

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:総括表、公費請求書
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 2020年度「DPC導入の影響評価に係る調査」実施説明資料に追加された
 Kファイル生成機能の元データとなる「Kファイル生成用データ」を作成可能としました。
 従来のEFファイルと同様に業務メニュー「42 明細書」から「7 EFファイル用」
 を選択し処理実行後、「44 総括表・公費請求書」より「8 EFファイル・Kデータ」を選択、
 Shift+F6[E・F]を押下することで対象データが出力されます。
 作成されるデータのファイル名は「Kn_県番+医療機関番号_年月.csv」となります。
 (システム管理場所に出力する場合、EFファイル同様ファイル名の先頭に
 2桁の医療機関識別番号を付加します。)

□対応内容
 
 ────────────────────────────────────

(G)月次統計

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:月次統計
□管理番号:support20200513-006
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 4月の入院患者様で、
 4/1〜4/25 協会+生保
 4/26〜4/30 生保単独
 の患者様の4/26〜4/30のデータが、月次統計データに反映されていません。

□対応内容
 月途中で協会+生保から生保単独になった場合、「52 月次統計」から作成する
 月次統計データに生保単独での診療データの記録が行われませんでしたので修正しました。
 ────────────────────────────────────

(H)点数マスタ

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:点数マスタ
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 ・(Z02)コメント設定画面に[部位の選択式コメントコード]の項目を追加しました。
 ・医薬品、特定器材及び器材商品名の設定画面で金額欄の整数桁数が
  それぞれ7桁と8桁としていましたので9桁に変更しました。

□対応内容
 
 ────────────────────────────────────

(I)API

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:API
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 入退院登録APIについて新型コロナウイルス感染症の特定入院料算定対応を行いました。
 ※要マスタ更新

□対応内容
 
 ────────────────────────────────────

(J)帳票

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:帳票
□管理番号:ncp20200507-030
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 「23収納」
 外来月別で1か月の請求書と明細書を出したときに明細書に
 「113032850 * 慢性疾患の診療(新型コロナウイルス感染症・診療報酬上臨時的取扱)」の
 項目名称が印字されません。レセプトには点数も名称も入ってきます。
 日ごとの明細書にも印字されます。
 外来月別で発行した明細書には印字されませんでした。
 出る場合と出ない場合があり、1回目は電話再診のみで2回目に慢性疾患の
 診療147点を入力した場合は出ませんでした。

□対応内容
 名称を表示するように修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:帳票
□管理番号:support20200512-005
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 診療行為別集計表(ORCBG017)に
 113032850:慢性疾患の診療(新型コロナウイルス感染症・診療報酬上臨時的取扱)
 が集計されません。
 【状況】
 4月で処理をかけた場合:集計されない
 5月で処理をかけた場合:集計される
 マスタの開始日4/10〜が影響しているのでしょうか?

□対応内容
 マスタの開始日が月途中からとなるものについて対象とする
 ように修正しました。また指定診療行為件数調(ORCBG016)についても
 同様の不具合がありましたので修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:帳票
□管理番号:support20200520-024
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 期間を選択して複数日分まとめて収納日報を出力する際指定期間の最終日だけ
 診療年月日のところが空欄になるのですが最終日も日付が表示されるように
 する方法はございますでしょうか。
 (1日分の場合は診療年月日はすべて空欄になるかと存じます。)

□対応内容
 収納日報(ORCBD010)の明細欄の診療年月日(入院の場合は伝票発行日)の編集について、
 期間指定の場合(入力パラメタの終了処理日の設定があった場合)は
 必ず編集を行うようにしました。
 ────────────────────────────────────

(K)地方公費・負担金計算関係

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:地方公費・負担金計算関係
□管理番号:kk60102
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 福岡県飯塚市でひとり親世帯の公費番号は国保・基金 ともに保険番号
 260を使っています。上限800円にて再診等で800円未満でも
 一部負担が表示されます。
 飯塚市以外(桂川)で基金の複写式レセを提出する必要がある市町村に
 対して保険番号390を使うと初診の時は800円が表示されますが再診の
 一部負担金が表示されません。保険番号590を試しに使ってみましたが
 再診の一部負担金は表示されませんでした。

□対応内容
 福岡県地方公費負担金計算対応
 現在の福岡県地方公費制度においては、(V03)公費付加情報設定画面で
 設定を行う必要はありませんが、過去に登録した設定に有効終了日登録がされていない場合、
 該当地方公費の負担金計算がその設定内容を優先した計算となっていましたので、
 有効終了日登録がされていない場合であっても平成28年4月診療分以降は
 その設定内容を参照しないよう対応しました。
 (補足)(V03)公費付加情報設定について
 <都道府県番号=40(福岡)>の場合、
 (V01)保険番号設定画面のF5(公費付加)押下で設定可能となる。
 ────────────────────────────────────

(L)その他

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:その他
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 保医発0430第4号(令和2年4月30日)
 「新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養及び自宅療養における
 公費負担医療の提供に係る費用の請求に関する診療報酬明細書等の記載等について」
 レセプト対応を行いました。
 詳細は別途資料を参照してください。

□対応内容
 
 ────────────────────────────────────
トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.5.0.0  > パッチ提供(第62回)◆日医標準レセプトソフト ver 5.0.0 全15件:登録/診療行為/入院会計照会/データチェック/明細書/総括表、公費請求書/月次統計/点数マスタ/API/帳票/地方公費・負担金計算関係/その他(2020-05-26)

このページのトップへ