トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 無床診療所版/入院機能対応版 ver 4.x.x パッケージ更新履歴 > 日医標準レセプトソフト◆ミドルウェア 更新(2011-04-18)

日医標準レセプトソフト◆ミドルウェア 更新

更新日

2011-04-18

概要

日医標準レセプトソフト ミドルウェア更新(etch)

== Debian etch版 Ver 4.5.0

■対象

* gtk+panda
* monpe
* panda
* libmondai

■修正内容

(1) moninfoコマンドの多数使用により日レセサーバプロセス(wfc)が
    異常終了する不具合

moninfoコマンド(/usr/lib/panda/bin/moninfo)を多数実行(約800回程度)すると日
レセサーバプロセス(wfc)が異常終了する不具合がありました。

moninfoコマンドにおいて、wfcとの通信の終了処理が不十分であったためwfcのリ
ソース不足を誘発してwfcを異常終了させることがありました。moninfoの通信処理
を見直して修正しました。

(2) APIからブラウザでアクセスできない不具合

glserverのAPIのリクエスト処理に問題があったため、WebブラウザによってAPIにア
クセスした場合に正しいレスポンスが得られない(HTTP 403 Forbiddenとなる)不具
合がありました。
glserverのリクエスト処理部分を修正して対応しました。

(3) glclientで間違ったウィンドウタイトルを表示する不具合

glclientにおいてダイアログからメインウィンドウに画面遷移した際に
間違ったウィンドウタイトル(元のダイアログのウィンドウタイトル)を表示する不
具合がありました。

動作例
 (a) 「(M01)業務メニュー」から「21 診療行為」ボタンをクリックして
     「(K02)診療行為入力」を開く
 (b) 「(K02)診療行為入力」で患者番号を入力する
 (c) 「戻る」ボタンをクリックして「(KID1)確認画面」を表示する
 (d) 「OK」ボタンをクリックして「(M01)業務メニュー」に戻る
 (e) 「(M01)業務メニュー」に戻っているのにタイトルが「(K02)診療行為入力」
      となっている

glclientを修正しました。

(4) glclientでクライアント印刷を行った後プレビューが表示されなくなる不具合

glclientにおいてプレビューウィジェットのクライアント印刷の処理に問題があっ
たため、クライアント印刷を行った後にプレビューが表示されなく不具合がありま
した。
glclientのプレビューウィジェットを修正しました。

(5) monpeへのカスタムフォントの追加

monpeに帳票カスタマイズ時に独自のフォントを使用するための特別な
フォント設定Custom1、Custom2、Custom3を追加しました。gsの設定でCustom1、
Custom2、Custom3に対応するフォントを設定することで独自のフォントを印字する
ことができます。

(6) サーバプロセス(wfc、aps)の安定化のための修正

日レセサーバプロセス(wfc、aps)では内部的に文字コードの変換を行っています
が、文字コード変換処理に問題があり、不正な文字列を変換した場合にサーバプロ
セスが停止する可能性がありました。

通常の使用ではほとんど問題は発生しませんが、データベースの文字エンコーディ
ングの設定が間違っているような場合に日レセの動作が不安定になることがありま
す。

文字コード変換処理を見直し、サーバプロセスが停止しないよう修正しました。

■対応方法

パッケージをアップグレード後、日レセを再起動してください。

apt-line は以下です。

deb http://ftp.orca.med.or.jp/pub/debian etch jma
または
deb http://ftp.orca.med.or.jp/pub/debian etch4.5 jma

■パッケージ

    * libgtkpanda-dev_1.1.6-0+3jma5_i386.deb
    * libgtkpanda0_1.1.6-0+3jma5_i386.deb
    * monpe_0.6.9-0+3jma1_i386.deb
    * panda-client-common_1.4.5+p22-0+3jma1_i386.deb
    * panda-client_1.4.5+p22-0+3jma1_i386.deb
    * panda-dev_1.4.5+p22-0+3jma1_i386.deb
    * panda-fdd_1.4.5+p22-0+3jma1_i386.deb
    * panda-server_1.4.5+p22-0+3jma1_i386.deb
    * libmondai-dev_1.4.5+p3-0+3jma2_i386.deb
    * libmondai1_1.4.5+p3-0+3jma2_i386.deb
日医標準レセプトソフト ミドルウェア更新(hardy)

== Ubuntu hardy版 Ver 4.5.0

■対象

* gtk+panda
* libglade-panda2.0
* monpe
* panda
* libmondai

■修正内容

(1) moninfoコマンドの多数使用により日レセサーバプロセス(wfc)が
    異常終了する不具合

moninfoコマンド(/usr/lib/panda/bin/moninfo)を多数実行(約800回程度)すると日
レセサーバプロセス(wfc)が異常終了する不具合がありました。

moninfoコマンドにおいて、wfcとの通信の終了処理が不十分であったためwfcのリ
ソース不足を誘発してwfcを異常終了させることがありました。moninfoの通信処理
を見直して修正しました。

(2) APIにブラウザからアクセスできない不具合

glserverのAPIのリクエスト処理に問題があったため、WebブラウザによってAPIにア
クセスした場合に正しいレスポンスが得られない(HTTP 403 Forbiddenとなる)不具
合がありました。
glserverのリクエスト処理部分を修正して対応しました。

(3) glclient、glclient2で間違ったウィンドウタイトルを表示する不具合

glclient、glclient2においてダイアログからメインウィンドウに画面遷移した際に
間違ったウィンドウタイトル(元のダイアログのウィンドウタイトル)を表示する不
具合がありました。

動作例
 (a) 「(M01)業務メニュー」から「21 診療行為」ボタンをクリックして
     「(K02)診療行為入力」を開く
 (b) 「(K02)診療行為入力」で患者番号を入力する
 (c) 「戻る」ボタンをクリックして「(KID1)確認画面」を表示する
 (d) 「OK」ボタンをクリックして「(M01)業務メニュー」に戻る
 (e) 「(M01)業務メニュー」に戻っているのにタイトルが「(K02)診療行為入力」
      となっている

glclient、glclient2を修正しました。

(4) glclientでクライアント印刷を行った後プレビューが表示されなくなる不具合

glclientにおいてプレビューウィジェットのクライアント印刷の処理に問題があっ
たため、クライアント印刷を行った後にプレビューが表示されなく不具合がありま
した。
glclientのプレビューウィジェットを修正しました。

(5) glclient2のCLISTのカラム幅の調整

「(J02)会計照会」や「(I41)入院会計照会」の日数部分等、glclientで表示可能
だった領域がglclient2ではスクロールの表示域外になることがあったため、
glclient2のCLISTのカラム幅をglclientに近づけるよう調整しました。

ただしあくまで調整であり依然としてスクロールの表示域外になることがありま
す。またCLISTのカラム幅はフォントやシステム->外観の設定->テーマによって大き
く変わるためこの調整の効果がない場合もあります。

(6) monpeへのカスタムフォントの追加

monpeに帳票カスタマイズ時に独自のフォントを使用するための特別な
フォント設定Custom1、Custom2、Custom3を追加しました。gsの設定でCustom1、
Custom2、Custom3に対応するフォントを設定することで独自のフォントを印字する
ことができます。

(7) サーバプロセス(wfc、aps)の安定化のための修正

日レセサーバプロセス(wfc、aps)では内部的に文字コードの変換を行っています
が、文字コード変換処理に問題があり、不正な文字列を変換した場合にサーバプロ
セスが停止する可能性がありました。

通常の使用ではほとんど問題は発生しませんが、データベースの文字エンコーディ
ングの設定が間違っているような場合に日レセの動作が不安定になることがありま
す。

文字コード変換処理を見直し、サーバプロセスが停止しないよう修正しました。


■対応方法

パッケージをアップグレード後、日レセを再起動してください。

apt-line は以下です。

deb http://ftp.orca.med.or.jp/pub/ubuntu hardy jma
または
deb http://ftp.orca.med.or.jp/pub/ubuntu hardy4.5 jma

■パッケージ

    * libglade-panda2.0-0_2.0.1-0+u1jma4_i386.deb
    * libglade-panda2.0-dev_2.0.1-0+u1jma4_i386.deb
    * libgtkpanda-dev_1.1.6-0+u1jma5_i386.deb
    * libgtkpanda0_1.1.6-0+u1jma5_i386.deb
    * monpe_0.6.9-0+u1jma2_i386.deb
    * panda-client-common_1.4.5+p22-0+u1jma1_i386.deb
    * panda-client2_1.4.5+p22-0+u1jma1_i386.deb
    * panda-client_1.4.5+p22-0+u1jma1_i386.deb
    * panda-dev_1.4.5+p22-0+u1jma1_i386.deb
    * panda-fdd_1.4.5+p22-0+u1jma1_i386.deb
    * panda-server_1.4.5+p22-0+u1jma1_i386.deb
    * libmondai-dev_1.4.5+p8-0+u1jma1_i386.deb
    * libmondai1_1.4.5+p8-0+u1jma1_i386.deb
日医標準レセプトソフト ミドルウェア更新(lucid)

== Ubuntu lucid版 Ver 4.5.0

■対象

* libglade-panda2.0
* gtk+panda2.0
* monpe-gtk2
* panda
* llbmondai

■修正内容

(1) moninfoコマンドの多数使用により日レセサーバプロセス(wfc)が
    異常終了する不具合

moninfoコマンド(/usr/lib/panda/bin/moninfo)を多数実行(約800回程度)すると日
レセサーバプロセス(wfc)が異常終了する不具合がありました。

moninfoコマンドにおいて、wfcとの通信の終了処理が不十分であったためwfcのリ
ソース不足を誘発してwfcを異常終了させることがありました。moninfoの通信処理
を見直して修正しました。

(2) APIにブラウザからアクセスできない不具合

glserverのAPIのリクエスト処理に問題があったため、WebブラウザによってAPIにア
クセスした場合に正しいレスポンスが得られない(HTTP 403 Forbiddenとなる)不具
合がありました。
glserverのリクエスト処理部分を修正して対応しました。

(3) glclient2で間違ったウィンドウタイトルを表示する不具合

glclient2においてダイアログからメインウィンドウに画面遷移した際に
間違ったウィンドウタイトル(元のダイアログのウィンドウタイトル)を表示する不
具合がありました。

動作例
 (a) 「(M01)業務メニュー」から「21 診療行為」ボタンをクリックして
     「(K02)診療行為入力」を開く
 (b) 「(K02)診療行為入力」で患者番号を入力する
 (c) 「戻る」ボタンをクリックして「(KID1)確認画面」を表示する
 (d) 「OK」ボタンをクリックして「(M01)業務メニュー」に戻る
 (e) 「(M01)業務メニュー」に戻っているのにタイトルが「(K02)診療行為入力」
      となっている

glclient2を修正しました。

(4) glclient2のCLISTのカラム幅の調整

「(J02)会計照会」や「(I41)入院会計照会」の日数部分等、glclientで表示可能
だった領域がglclient2ではスクロールの表示域外になることがあったため、
glclient2のCLISTのカラム幅をglclientに近づけるよう調整しました。

ただしあくまで調整であり依然としてスクロールの表示域外になることがありま
す。またCLISTのカラム幅はフォントやシステム->外観の設定->テーマによって大き
く変わるためこの調整の効果がない場合もあります。

(5) glclient2のプレビューウィジェットのボタンアイコン表示の修正

lucidのglclient2において、プレビューウィジェットの上部ボタンのアイコンが表
示されていなかったのを表示されるように修正しました。

(6) monpe-gtk2へのカスタムフォントの追加

monpe-gtk2に帳票カスタマイズ時に独自のフォントを使用するための特別な
フォント設定Custom1、Custom2、Custom3を追加しました。gsの設定でCustom1、
Custom2、Custom3に対応するフォントを設定することで独自のフォントを印字する
ことができます。

(7) サーバプロセス(wfc、aps)の安定化のための修正

日レセサーバプロセス(wfc、aps)では内部的に文字コードの変換を行っています
が、文字コード変換処理に問題があり、不正な文字列を変換した場合にサーバプロ
セスが停止する可能性がありました。

通常の使用ではほとんど問題は発生しませんが、データベースの文字エンコーディ
ングの設定が間違っているような場合に日レセの動作が不安定になることがありま
す。

文字コード変換処理を見直し、サーバプロセスが停止しないよう修正しました。

■対応方法

パッケージをアップグレード後、日レセを再起動してください。

apt-line は以下です。

deb http://ftp.orca.med.or.jp/pub/ubuntu lucid4.5 jma

■パッケージ

    * libglade-panda2.0-0-dbg_2.0.2-u2jma2_i386.deb
    * libglade-panda2.0-0_2.0.2-u2jma2_i386.deb
    * libglade-panda2.0-dev_2.0.2-u2jma2_i386.deb
    * libgtkpanda2.0-0-dbg_2.0.2-u2jma5_i386.deb
    * libgtkpanda2.0-0_2.0.2-u2jma5_i386.deb
    * libgtkpanda2.0-dev_2.0.2-u2jma5_i386.deb
    * monpe-gtk2_0.6.10+p7-u2jma2_i386.deb
    * panda-client-common_1.4.5+p22-u2jma1_i386.deb
    * panda-client2_1.4.5+p22-u2jma1_i386.deb
    * panda-dbg_1.4.5+p22-u2jma1_i386.deb
    * panda-dev_1.4.5+p22-u2jma1_i386.deb
    * panda-fdd_1.4.5+p22-u2jma1_i386.deb
    * panda-server_1.4.5+p22-u2jma1_i386.deb
    * libmondai-dev_1.4.5+p8-u2jma1_i386.deb
    * libmondai1-dbg_1.4.5+p8-u2jma1_i386.deb
    * libmondai1_1.4.5+p8-u2jma1_i386.deb
トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 無床診療所版/入院機能対応版 ver 4.x.x パッケージ更新履歴 > 日医標準レセプトソフト◆ミドルウェア 更新(2011-04-18)

このページのトップへ