トップ > 日医標準レセプトソフト > 運用のための各種設定 > セッション管理コマンド moninfo

セッション管理コマンドmoninfoの利用方法

moninfoコマンドは、コンソールから日医標準レセプトソフトのセッション管理を行うツールです。moninfoコマンドを利用して以下のことができます。

  • サーバに接続しているクライアントの一覧表示
  • 特定のクライアントへのダイアログによるメッセージ通知
  • 全てのクライアントへのダイアログによるメッセージ通知
  • 特定のクライアントへのポップアップによるメッセージ通知(Ver.4.7より)
  • 全てのクライアントへのポップアップによるメッセージ通知(Ver.4.7より)
  • 特定のクライアントへのメッセージ通知と強制終了
  • 全てのクライアントへのメッセージ通知と強制終了

moninfoコマンドは日医標準レセプトソフト Ver.4.5 より利用可能です。

moninfoコマンドはVer.4.7Ver.4.6以前でコマンド形式が異なります。

Ver.4.7のmoninfoコマンド

コマンド形式

moninfoコマンドの形式は以下です。

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo [-p /tmp/sysdata] コマンド 引数

利用可能なコマンドとその説明は以下です。

コマンド 引数 説明
dump ファイル名
指定したファイル名にシステムDBの内容をYAML形式でダンプする
popup
端末ID メッセージ
端末IDで指定したクライアントにポップアップでメッセージを通知する
popup-all メッセージ
全てのクライアントにポップアップでメッセージを通知する
dialog
端末ID メッセージ
端末IDで指定したクライアントにダイアログでメッセージを通知する
dialog-all
メッセージ
全てのクライアントにダイアログでメッセージを通知する
abort 端末ID メッセージ 端末IDで指定したクライアントにメッセージを通知し、強制終了させる
abort-all メッセージ
全てのクライアントにメッセージを通知し、強制終了させる
who - 端末ID、ユーザ名、ウィンドウ名、アクセス時間、ログイン時間を表示する

moninfoコマンドはwfcが作成したUNIXドメインソケット/tmp/sysdataに接続するため、wfcを実行しているユーザ、すなわちorcaユーザで実行する必要があります。

popup、popup-all、dialog、dialog-all、abort、abort-allコマンドに渡すメッセージのエンコーディングは UTF-8 でなければいけません。

コマンド解説

dumpコマンド

dumpコマンドは引数で指定されたファイルにシステムDBの内容をYAML形式で出力します。 dumpコマンドはデバッグ用のため将来バージョンでは出力内容、出力形式とも変更される可能性があります。

実行例
 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo dump /tmp/dump.yml
 [SUCCESS] dump to /tmp/dump.yml

/tmp/dump.ymlにダンプデータが出力されています。 ダンプデータは 端末ID をキーにしたハッシュになっており、その値がさらにセッション情報のハッシュになっています。

/tmp/dump.ymlの内容は以下のようになります。

682C7:0000000000000000000000000100000000000000:00000EC6:
abort:
in_process: F
event:
window: M00
widget: SELNUM
access_time: Mon Jul 02 11:41:22 2012
agent: glclient2/1.4.7
process_time: 1.402335
count: 1
total_process_time: 1.402335
create_time: Mon Jul 02 11:41:22 2012
dialog:
host: localhost
user: ormaster
popup:

ダンプデータ中の各項目の意味は以下です。

項目 値の説明
user ユーザ名
host セッションの接続元のホスト名
agent クライアントの種類※1
window イベントのウィンドウ名
widget イベントのウィジェット名
event イベント名
in_process アプリケーション処理中かどうかのフラグ("T" または "F")
create_time セッション接続時間(例 Mon Aug 17 11:54:31 2009)
access_time 最終アクセス時間(例 Mon Aug 17 11:54:31 2009)
process_time 一つ前のトランザクションの処理時間(秒)
total_process_time 一つ前までのトランザクションの処理時間の合計(秒)
count トランザクション数
popup
ポップアップ通知用メッセージ領域
dialog
ダイアログ通知用メッセージ領域
abort 強制終了用メッセージ領域

popupコマンド

popupコマンドは端末IDを指定して特定のクライアントにポップアップによるメッセージを通知するコマンドです。 端末IDを指定するため、事前にwhoコマンドを実行して端末IDを調べておく必要があります。 またメッセージのエンコーディングは UTF-8 でなければなりません。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo popup 6BAA7:0000000000000000FFFF00000100007F00000000:00001A62 "メッセージ"

popup-allコマンド

popup-allコマンドは全てのクライアントにポップアップによるメッセージを通知するコマンドです。 メッセージのエンコーディングは UTF-8 でなければなりません。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo popup-all "メッセージ"

dialogコマンド

dialogコマンドは端末IDを指定して特定のクライアントにダイアログによるメッセージを通知するコマンドです。 端末IDを指定するため、事前にwhoコマンドを実行して端末IDを調べておく必要があります。 またメッセージのエンコーディングは UTF-8 でなければなりません。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo dialog 6BAA7:0000000000000000FFFF00000100007F00000000:00001A62 "メッセージ"

dialog-allコマンド

dialog-allコマンドは全てのクライアントにダイアログによるメッセージを通知するコマンドです。 メッセージのエンコーディングは UTF-8 でなければなりません。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo dialog-all "メッセージ"

abortコマンド

abortコマンドは端末IDを指定して特定のクライアントにメッセージを通知し、強制終了させるコマンドです。 端末IDを指定するため、事前にwhoコマンドを実行して端末IDを調べておく必要があります。 またメッセージのエンコーディングは UTF-8 でなければなりません。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo abort 6BAA7:0000000000000000FFFF00000100007F00000000:00001A62 "メッセージ"

abort-allコマンド

abort-allコマンドは全てのクライアントにメッセージを通知し、強制終了させるコマンドです。 メッセージのエンコーディングは UTF-8 でなければなりません。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo abortall "メッセージ"

whoコマンド

whoコマンドは接続しているクライアントのユーザ名、ホスト名、ログイン時間、アクセス時間、ウィンドウ名、クライアント種別、端末IDの一覧を表示するコマンドです。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo who
|USER       |HOST             |LOGIN@                          |LAST@                           |WINDOW           |AGENT                |ID                                                                                                                               |
|ormaster |localhost |Mon Jul 02 11:41:22 2012 |Mon Jul 02 11:41:22 2012 |M00 |glclient2/1.4.7 |682C7:0000000000000000000000000100000000000000:00000EC6

Ver.4.6以前のmoninfoコマンド

コマンド形式

moninfoコマンドの形式は以下です。

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo [-p /tmp/sysdata] コマンド 引数

利用可能なコマンドとその説明は以下です。

コマンド 引数 説明
dump - /tmp/sysdata_dump_XXXXXXにシステムDBの内容をYAML形式でダンプする
sendmsg 端末ID メッセージ 端末IDで指定したクライアントにメッセージを通知する
sendmsgall メッセージ
全てのクライアントにメッセージを通知する
abort 端末ID メッセージ 端末IDで指定したクライアントにメッセージを通知し、強制終了させる
abortall メッセージ
全てのクライアントにメッセージを通知し、強制終了させる
who - 端末ID、ユーザ名、ウィンドウ名、アクセス時間、ログイン時間を表示する

moninfoコマンドはwfcが作成したUNIXドメインソケット/tmp/sysdataに接続するため、wfcを実行しているユーザ、すなわちorcaユーザで実行する必要があります。

sendmsg、sendmsgall、abort、abortallコマンドに渡すメッセージは UTF-8 である必要があります。

コマンド解説

dumpコマンド

dumpコマンドは/tmp/sysdata_dump_XXXXXXにシステムDBの内容をYAML形式で出力します。 dumpコマンドはデバッグ用のため将来バージョンでは出力内容、出力形式とも変更される可能性があります。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo dump
 [SUCCESS] dump to /tmp/sysdata_dump_vfXnnD

/tmp/sysdata_dump_vfXnnDにダンプが出力されています。 ダンプは 端末ID をキーにしたハッシュになっており、その値がさらにセッション情報のハッシュになっています。

/tmp/sysdata_dump_vfXnnDの内容は以下のようになります。

6B4A7:0000000000000000FFFF00000100007F00000000:00001A20: 
  in_process: F
  abort: 
  window: U02
  user: ormaster
  event: CLICKED
  access_time: Thu Mar 25 09:38:45 2010
  process_time: 0.392994
  total_process_time: 0.977597
  host: localhost
  widget: PTNUM
  count: 3
  agent: glclient/1.4.5
  create_time: Thu Mar 25 09:33:11 2010
  message: 
6BAA7:0000000000000000FFFF00000100007F00000000:00001A62: 
  in_process: F
  abort: 
  window: K02
  user: ormaster
  event: CLICKED
  access_time: Thu Mar 25 09:38:50 2010
  process_time: 0.657574
  total_process_time: 0.872283
  host: localhost
  widget: PTNUM
  count: 3
  agent: glclient2/1.4.5
  create_time: Thu Mar 25 09:33:14 2010
  message: 

ダンプ中のセッション情報部分の意味は以下です。

項目 値の説明
user ユーザ名
host セッションの接続元のホスト名
agent クライアントの種類※1
window イベントのウィンドウ名
widget イベントのウィジェット名
event イベント名
in_process アプリケーション処理中かどうかのフラグ("T" または "F")
create_time セッション接続時間(例 Mon Aug 17 11:54:31 2009)
access_time 最終アクセス時間(例 Mon Aug 17 11:54:31 2009)
process_time 一つ前のトランザクションの処理時間(秒)
total_process_time 一つ前までのトランザクションの処理時間の合計(秒)
count トランザクション数
message 通知メッセージ
abort 強制終了フラグ

sendmsgコマンド

sendmsgコマンドは端末IDを指定して特定のクライアントにメッセージを通知するコマンドです。 端末IDを指定するため、事前にwhoコマンドを実行して端末IDを調べておく必要があります。 またメッセージのエンコーディングは UTF-8 でなければなりません。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo sendmsg 6BAA7:0000000000000000FFFF00000100007F00000000:00001A62 "メッセージ"

sendmsgallコマンド

sendmsgallコマンドは全てのクライアントにメッセージを通知するコマンドです。 メッセージのエンコーディングは UTF-8 でなければなりません。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo sendmsgall "メッセージ"

abortコマンド

abortコマンドは端末IDを指定して特定のクライアントにメッセージを通知し、強制終了させるコマンドです。 端末IDを指定するため、事前にwhoコマンドを実行して端末IDを調べておく必要があります。 またメッセージのエンコーディングは UTF-8 でなければなりません。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo abort 6BAA7:0000000000000000FFFF00000100007F00000000:00001A62 "メッセージ"

abortallコマンド

abortallコマンドは全てのクライアントにメッセージを通知し、強制終了させるコマンドです。 メッセージのエンコーディングは UTF-8 でなければなりません。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo abortall "メッセージ"

whoコマンド

whoコマンドは接続しているクライアントのユーザ名、ホスト名、ログイン時間、アクセス時間、ウィンドウ名、クライアント種別、端末IDの一覧を表示するコマンドです。

実行例

 $ sudo -u orca /usr/lib/panda/bin/moninfo who
USER      HOST            LOGIN@                         LAST@                          WINDOW          AGENT              ID                                                                                                                              
ormaster  localhost       Thu Mar 25 09:33:11 2010       Thu Mar 25 11:06:59 2010       U02             glclient/1.4.5     6B4A7:0000000000000000FFFF00000100007F00000000:00001A20                                                                         
ormaster  localhost       Thu Mar 25 09:33:14 2010       Thu Mar 25 09:38:50 2010       K02             glclient2/1.4.5    6BAA7:0000000000000000FFFF00000100007F00000000:00001A62                                                                         

トップ > 日医標準レセプトソフト > 運用のための各種設定 > セッション管理コマンド moninfo

このページのトップへ