トップ > 日医標準レセプトソフト > 運用のための各種設定 > プロキシ経由でのインターネット接続環境の設定

プロキシ経由でのインターネット接続環境の設定

 前提条件

  • 対象日レセバージョン
    • 4.7,4.8
  • 対象日レセサーバOSバージョン
    • Ubuntu 12.04、14.04

日レセのサーバ側の一部処理(マスタ更新・プログラム更新・プラグイン)ではプロキシサーバ接続時のBASIC認証には対応していません。

プロキシサーバへの接続は認証なしで可能なようにしてください。

 日レセサーバの設定

日レセでプロキシ設定が必要となる主な処理は以下です。

  • マスタ更新・プログラム更新・プラグイン

  • aptによるパッケージ取得

デスクトップのシステム設定でプロキシ設定を行うことでいずれも利用可能となります。

まず「システム管理者」権限のあるユーザでUbuntuにログインします

デスクトップのメニューバーからシステム設定を選択します。

システム設定 

 

システム設定からネットワークを開きます。

ネットワーク

 

ネットワークプロキシを選択してプロキシサーバのIPアドレス、ポートを入力します。

入力後、 システム全体に摘要するボタンをクリックします。

ネットワークプロキシ

 

パスワード入力を求められるのでログインしているユーザのパスワードを入力します。

パスワード認証

 

その後プロキシ設定を反映させるためマシンの再起動を行ってください。

これで完了です。

 日レセクライアントの設定

日レセクライアントではマスターメニューのユーザサイト、業務メニューの新着情報を表示するためにプロキシ設定が必要になります。

glclient2

日レセサーバの設定と同様です。

monsiaj

monsiajのプロキシの設定はOSの設定を使用します。

参考のためWindows7 とMac OS X 10.10での設定例を記載します。

Windows7

スタートメニューからコントロールパネルを開きネットワークと共有センターを開きます。

ネットワークと共有センター 

 

インターネットオプションを選択します。

インターネットオプション 

 

LANの設定ボタンを押します。

LANの設定 

 

LANの設定ダイアログでプロキシサーバの項目を入力します。

プロキシサーバの項目 

 これで完了です。

 Mac OS X 10.10

システム環境設定からネットワークを開きます。

ネットワーク

 

Ethernetを選択して詳細ボタンを押します。

詳細ボタン 

 Webプロキシ(HTTP)を選択してプロキシサーバの項目にIPアドレスとポート番号を入力してOKボタンをクリックします。

プロキシサーバの項目

 

前の画面に戻るので摘要ボタンをクリックします。

これで完了です。

 

 

トップ > 日医標準レセプトソフト > 運用のための各種設定 > プロキシ経由でのインターネット接続環境の設定

このページのトップへ