トップ > 特定健診 > 日医特定健康診査システム リモートDB接続設定

日医特定健康診査システム リモートDB接続設定

ネットワーク上の他のコンピュータ上にあるDBへの接続設定

ver1.1.0以降の日医特定健康診査システムでは、ネットワーク上の別端末にある日医特定健康検査システムの
データベースに接続して操作することが可能です。

日医特定健康診査システムVer2.1.4以降のバージョンより、ソフトウェア上にて接続設定が可能です。
下記URLにて接続設定マニュアルを公開しておりますので、こちらを参考に設定をおこなってください。

リモートDB接続設定マニュアル NEW
( 2016.01.21 )(PDF: 243,709 Bytes)

また、サーバ側端末のインストールフォルダ直下にある property.xml ファイルの記述を編集することでも設定が可能です。

<設定を行なう前の注意>
  • サーバ側とクライアント側の日医特定健康検査システムは、それぞれ、同じバージョンのものを御使用ください。
    なお、バージョンアップ(オンラインおよびオフラインアップデートの適用)は、サーバ側、クライアント側、
    それぞれのローカル環境にて行なう必要が有ります。
<設定を行なった後の注意>
  • 機関情報新規登録および、DBバックアップ処理はサーバ上のソフトウェアで
    行なう必要があります。
  • サーバ側で既に日レセと連携させている場合、日レセとの連携設定ファイルは
    ローカルに保存されるため、クライアント側でも機関情報メンテナンス画面で
    再度連携設定する必要が有ります。
property.xml の DB 関連の記述例
	<properties id="DBConfig">
		<property id="UserName">SYSDBA</property>
		<property id="Password">masterkey</property>
		<property id="CharSet">SJIS_0208</property>
		<property id="Path">DB/</property>
		<property id="AbsolutePath">C:/NITTOKU/DB/</property>
		<property id="LoginTimeOut">1</property>
		<property id="Server">192.168.100.77</property>
		<property id="MaxPoolSize">500</property>
		<property id="Port">3050</property>
	</properties>
  
UserName

FDB のユーザ名

PasswordFDB のパスワード
Pathスタンドアロン時(Serverがlocalhostの場合)のDBディレクトリ(変更しないで下さい)
AbsolutePath

接続先サーバ上のFDBが存在するディレクトリ
(デフォルトインストール時の絶対パス:Windows Vista以降"C:/NITTOKU/DB/"、Linuxでは"/home/ユーザ名/NITTOKU/DB/")
(スタンドアロン時には、この記述は必要有りませんが、記述があると、健診ソフトでは、Path よりもAbsolutePathが優先されます。
またアップデートソフトではAbsolutePathは参照されません。)

注意: 未変更の状態ではこの項目の記述は<property id="AbsolutePath"/>となっています。パスを記述する場合は"/"を削除し、
パスの後ろに</property>と記述します。→ <property id="AbsolutePath">ここに絶対パスを記述</property>

Server接続先サーバの IP アドレス (スタンドアロンの場合は localhost )
Port接続先サーバのFirebirdサービスポート番号


以下の設定については、現在使用しておりません。

CharSet
LoginTimeOut
MaxPoolSize
トップ > 特定健診 > 日医特定健康診査システム リモートDB接続設定

このページのトップへ