トップ > 特定健診 > 日医特定健診システム 既知の問題点

日医特定健診システム 既知の問題点

2014.07.30 現在

 

既知の問題点

※未実装、整備中の機能詳細については「課題管理表」を参照願います。

○受診券入力
  QRコード読込の検証が完了していません

○健診結果入力
  検査分野別判定などの入力が独立していません 
  ユーザインターフェースについては今後も随時改良していきます

○検査データ取込み
  日医代行入力の検査データファイル仕様での取り込みが行えるようになりました。
  参考提供となっており、取り込み後のデータは、十分な確認が必要です。
  なお、独自フォーマットによる取り込みについては、実装を中止しました

○結果通知表
  追加検査項目や生活機能評価項目の全てを記載するため、改良しました。(ver1.1.0)

○日医代行入力仕様CSVの書き出し
  実装予定です

○HL7出力処理
  支払基金での接続試験ならびにスキーマチェック、国保中央会によるベンダテストも
  含め、すべて完了しました。(ver1.1.2)

○サーバ・クライアントでの利用
  ver1.1.0で実装しました。

○各種デフォルトマスタ
  下記のマスタが未実装です
 ・郵便番号辞書
 ・データチェックマスタ
 ・健診機関マスタ   etc..

○Linuxでの動作について
  Ubuntu Lucidにて動作可能となりました。
  なお、一部の画面レイアウトがWindows版と異なっていたり、まだ未検証の
  部分も存在するため、参考提供とさせて頂きます。
  提供は、ディレクトリツリーそのもののアーカイブです。

  アーカイブおよびインストールマニュアル(Ubuntu Lucid or Precise向け)のダウンロード 

○医師会番号の取扱いについて
  zip ファイル名、暗号化ファイル名での医師会番号の使い方については変更の
  可能性があります

○HL7ビューワについて
 [特定検診受診者一覧]および[エラーリスト一覧]のプレビューをおこなった場合、
 Ubuntu10.04のみ表示結果に文字化けが発生します。
 (印刷結果については問題ありません)


 

トップ > 特定健診 > 日医特定健診システム 既知の問題点

このページのトップへ