トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.5.0 > パッチ提供(第1回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全20件:登録/診療行為/会計照会/入院患者照会/データチェック/明細書/システム管理/帳票/その他

パッチ提供(第1回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全20件:登録/診療行為/会計照会/入院患者照会/データチェック/明細書/システム管理/帳票/その他

■厳重注意事項

【厳重注意事項】
(1) データベース二重化の環境では、データベースの不整合が発生する場合が
  ありますので、従サーバ、主サーバの順でプログラム更新を実行してください。

(2) バージョンは 4.5.0 であってもプレリリース版をインストール
  しているシステムに対しては「プログラム更新」を行わないで
  ください。
  必ず正式リリース版にアップグレードを行ってからさらに
  「プログラム更新」を行ってください。

  インストールバージョンの確認方法

  kterm などで次のコマンドを入力してください。
  $ dpkg -s jma-receipt
  又は
  $ dpkg -s jma-receipt-hosp
  Version: 1:4.5.0-1+0jma0.pre.n (n は数字)
  というようにVersion情報にpreという文字列がある場合は
  プレリリース版です。

■プログラム更新処理手順について

プログラム更新処理手順について

「トップメニュー」から「03 プログラム更新」を選択します。

「更新」ボタンをクリックするかF12キーを押します。

「プログラム更新を実行します。よろしいですか?」に対し
「OK」をクリックするかF12キーを押します。

3分〜5分程度待ちます。
(ダウンロードを行うため回線の込み具合によりこれ以上かかる場合もあります。)

「状況」ボタンをクリックするかF11キーを押します。
画面中の一覧最下行の処理状態が「済」になればプログラムの取得は終了している
ことを表します。

これを確認したらメニューに戻って業務を再開してもかまいませんが
この処理は自動的に自システム(日レセ)の再起動を行いますのでその処理中には
画面がフリーズしたようにしばらく動かなくなることがあります。
しばらく(長くても1分程度)待っていただければ画面は動き出しますのでご注意
ください。

従サーバへのプログラム更新について

プログラム更新業務は接続している「日レセ」サーバ(通常は主サーバ)
に対してのみ修正プログラムの取り込みを行います。

従サーバに対しても修正プログラムの取り込みを行う必要がありますが
この場合は従サーバへ接続を切り替えて行います。
一番簡単な方法は従サーバマシンでglclientをローカル接続(-port  
オプションなし)を行い業務画面を表示させます。
後は、主サーバの場合と同様の操作を行ってください。

■プログラム更新により修正される内容について

第1回:平成22年03月19日(2010-03-19)提供分

* パッチ提供に関するドキュメントは 
   PD-450-01-2010-03-19.pdf
  です

(A)登録

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:登録
□管理番号:ncp20091216-012
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 社保と生活保護の併用レセプトについてお尋ねします。
 コンタクトレンズ検査料は保険単独、それ以外の診療は生活保護と分けて1枚
 のレセプトで請求するよう支払基金より指導があったそうです。
 レセプトの記載は公費欄に生活保護の点数を記載との事です。
 保険組み合わせでは主保険+生活保護しか選択できないようになっています。
 複数科保険で主保険と生活保護と分けて入力をするにはどうしたらよいでしょ
 うか。

□対応内容
 社保又は一部の全国公費を持つ場合、生活保護、残留邦人等と適用期間が重な
 る部分の生活保護、残留邦人等の付かない保険組み合わせを作成するようにし
 ました。
 一部の全国公費
  ・感染症(37条の2)   (010)
  ・療養介護医療       (024)
  ・肝炎治療特別促進事業医療(038)
  ・障害児施設医療      (079)
 (例)
 政府管掌 平成20年4月1日〜9999999
 肝炎治療 平成20年4月1日〜9999999
 生活保護 平成20年4月1日〜9999999
 保険組み合わせ
  0001 政管 生活保護
       平成20年4月1日〜9999999
  0002 政管 肝炎治療 生活保護
       平成20年4月1日〜9999999
 再登録により、下記保険組み合わせが追加作成されます。
  0003 政管
       平成20年4月1日〜9999999
  0004 政管 肝炎治療
       平成20年4月1日〜9999999
 ────────────────────────────────────

(B)診療行為

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:お電話でのお問い合わせ2月22日−極低出生体重児加算
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 手術の部の通則7の手術に極低出生体重児加算を算定した場合に、通則12の
 時間加算を算定すると極低出生体重児加算を含めた点数が加算の対象になりま
 す。
 K913新生児仮死蘇生術
 1仮死第1度のもの 840点 (所定点数)
 極低出生体重児加算100分の400(通則加算)
 深夜加算(所定点数の100分の80加算)
 840+(840×400/100)+(840×80/100)=4872
 となると思うのですが7560点になっています。
 新生児加算のときは
 840+(840×300/100)+(840×80/100)=4032
 で計算されています。

□対応内容
 手術で極低出生体重児加算と時間外加算を同時に算定した時、時間外加算対象
 の所定点数に極低出生体重児加算を含めていました。正しく計算を行うように
 修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:support20100304-022
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 自賠責にて入院の患者に、診療行為画面で初診料+救急医療管理加算(入院)
 を算定した。そのあと、診療行為画面右上の「時間外区分」を時間内から深夜
 へ変更すると、「救急医療管理加算(入院)」にも、深夜加算がついてくる。
 手動でも削除できない。

□対応内容
 労災・自賠責の入院で救急医療管理加算(入院)を入力して時間外区分を画面
 のリストで選択した場合、救急医療管理加算(入院)に初診の時間外加算を自
 動発生していました。救急医療管理加算(入院)には時間外加算を自動発生し
 ないように修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:support20100303-013
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 前期高齢者で月途中に保険者番号の変更はないが、記号・番号と割合が変わり
 ました(1割から3割へ)
 1割保険時の請求点数は15622点、負担金額15620円の記載で良いで
 すが、3割時に請求点数39479点、負担金額が67320円と記載されま
 す。連合会より保険者番号が同じで、負担割合が変更の場合は、それぞれ
 (1割、3割)に高額療養費の計算を行いよう指導がありました。
 現在の仕様は80100+(〈1割+3割の総金額〉−267000)×1%
 になっています。
 3割時の計算方法を80100+(3割の総金額−267000)×1%にな
 るよう修正お願いいたします。

□対応内容
 前期高齢者の高額療養費計算(月途中の保険変更時)同一保険者の場合、本人
 家族の変更や記号番号の変更があっても、変更前の患者負担を引き継いで高額
 療養費計算を行っていますが、月途中の保険変更時に所得区分が変更となった
 場合は変更前の患者負担を引き継がないように修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:ncp20100315-009
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 医療機関様からDo画面に自賠責・労災の再診時療養指導管理料の表示がされな
 くなったとご連絡を戴きました。社内検証の結果、バージョン4.5.0の場合の
 み同現象が発生します。リリース情報は確認したのですが変更等の記載が見つ
 かりませんでした。
 バージョン4.5.0では設定等が必要になるのであれば教えていただけないでし
 ょうか。

□対応内容
 労災の再診時療養指導管理料をDo画面に表示されませんでしたので表示する
 ように修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 医療観察法専用のコードを入力した場合に警告を表示するようにしました。マ
 スタの名称が同一のものがあるためです。

□対応内容

 ────────────────────────────────────

(C)会計照会

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:会計照会
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 診療行為の入力途中で会計照会へ遷移後、剤回数追加で受診履歴と収納を追加
 した時、収納明細の入金方法が編集されていないことがありましたので修正し
 ました。

□対応内容

 ────────────────────────────────────

(D)入院患者照会

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:入院患者照会
□管理番号:ncp20100303-036
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 環境設定にて2月28日の日付に設定し、「36 入院患者照会」にて検索条件を
 「病棟:2階病棟」「状態:3当月在院」「並び順1:3カナ氏名順、2:1病棟,病室
 順」として検索をかけた場合、2月に2階病棟に入院していなかった患者様も検
 索に上がってきます。2月に2階病棟に入院していなかった患者様の入院歴は3
 月1日に「転科,転棟,転室」にて2階病棟に転棟されています。2月1日〜2月28
 日までは別病棟に入院されていました。
 ORCAでの検索条件を見ると「状態」の部分が「当月在院」となっておりますの
 で間違いではないのですが「病棟」を指定しているのでその月の病棟に入院さ
 れている患者様だけを検索に上げることはできないでしょうか?検索条件の指
 定方法が間違っていたのかも知れません。ご教授の程よろしくお願いいたしま
 す。

□対応内容
 入院患者照会にて、検索条件の「同月在院」の区分を選択された場合、1入院
 期間中の最新の入院歴のみ検索対象としていたため、病棟の変更があった場合
 に変更前の病棟が検索対象となりませんでした。
 「同月在院」の区分が選択された場合は「転科 転棟 転室」処理で作成され
 た歴をすべて検索対象とするように修正しました。
 ────────────────────────────────────

(E)データチェック

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:データチェック
□管理番号:ncp20100226-004
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 データチェックを行った際、エラー件数が200件以上出力されましたが、エ
 ラー内容画面で表示した場合「確認項目」が「00 全て」となっている状態で
 は196件だけ表示され明らかに薬剤と病名のチェックでエラーとなっている
 はずの患者が表示されておりません。
 「確認項目」を「08 薬剤と病名」に変更した場合は246件表示されて
 「00全て」とした時に表示されていなかった患者が表示されます。

□対応内容
 (D04)データチェックエラー内容確認画面のコラムリストの改ページ判定に不
 具合があり、確認項目コンボボックスに「全て」を選択した場合でデータチェ
 ック時に「薬剤と病名」と「診療行為と病名」以外のエラーがあった場合に、
 本来コラムリストに表示されるべきエラーが200件以上ある場合でも200件未満
 しか表示されない不具合がありましたので修正しました。
 ────────────────────────────────────

(F)明細書

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:ncp20100217-017
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 支払基金より同月入院のレセプト記載で2回目の入退院日しか記載されていな
 い為返戻になりますと連絡があり、今後はこのような事の無い様にときつく言
 われたとの事。
 H22.1.19〜H22.1.19(日帰り入院)
 H22.1.26〜H22.1.26(日帰り入院)
 と同月に入退院がありました。
 レセ電で請求した所、入退院履歴がH22.1.26〜H22.1.26の2回目しか記載され
 てなく1回目のH22.1.19〜H22.1.19がないので返戻されます。
 紙レセプトでは正しく記載されていますがレセ電データでは、1回目のデータ
 が無い様です。

□対応内容
 同月に継続しない入退院が複数ある場合のレセ電の記録方法を修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:お電話でのお問い合わせ3月2日−医療区分レセプト印字
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 ADL入力で1日に複数の医療区分を入力されているとのことです。行数が多く
 なったときに一部印字されないのですが上限があるのでしょうか。
 こちらの環境の入力で医療機関様と同じように入力しましたがやはり途中で印
 字が切れてしまいました。

□対応内容
 入院レセプトのADL入力されたADL点数等のコメント編集について
 1剤100明細を超える場合、超えた部分のコメントが記載
 (記録)されませんでしたので修正しました。
 90 *入院料  ○○×○○
     ○月○日
     「○○」
     「○○」
     「○○」
     ADL ○○点
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:ncp20100309-009
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 前期高齢者で特定疾患51をもっている入院患者の負担金額記載が違うという
 ことで返戻になりました。
 特定疾患の入院上限額は4250円になります。
 〔療養の給付〕 請求点    負担金額
     保険 72888点 43660円(740円)
 (1) 739点 1480円
 と記載されています。
 国保連合会より、保険の負担金額の記載は44400円(740円)の記載に
 するように指導がありましたので修正をお願いします。

□対応内容
 前期高齢者1割のレセプト保険欄一部負担金編集修正
 ”前期高齢者1割”と”前期高齢者1割+051(上限あり)”の保険組み合
 わせを使用した場合で、入院又は外来(在総診あり)レセにおいて、保険欄一
 部負担金が正しく記載されない場合がありましたので修正しました。
 (例)
 入院(入院料は前期高齢者1割で算定)
 前期高齢1割      72149点
 前期高齢1割+051    739点
 (051上限:4250円)
                     (740)     (740)
 保険        72888  43660  →  44400
 公費1(051)   739   1480   1480
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:support20100310-020
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 医療機関様でオンラインで送信した際にエラーが表示されました。エラーの内
 容は点数の誤りでしたが、何が誤りなのかは記載されていませんでした。一度
 紙レセプトを発行し点数を確認したところ、左側の投薬「21内服薬剤」の点
 数欄と右側に投薬のみの摘要欄の合計が違っていました。摘要欄に記載されて
 いないのに、点数欄に何か点数が上がってしまったようです。弊社にて同様の
 入力を行うと、同様に点数に差がでます。

□対応内容
 内服薬剤逓減に関するレセプト(レセ電)編集修正
 1日目入力分と2日目入力分の剤を同一と判断してしまい
 (剤点数、診療コード計、数量計、明細数が同一になった為)、かつ、まとめ
 処理において2日目の(※)の剤が1日目の剤とまとまらず摘要欄に記載
 (記録)されない不具合がありましたので修正しました。
 (例)
 ** 1日目 **
 .211
 (減)
 ザイロリック錠50 50mg   1
 アダラートCR錠10mg     1*7 剤点4点
 .211
 (減)
 ツムラ麻子仁丸エキス顆粒(医療用)  2.5
 ブロプレス錠4 4mg 1*7 剤点10点
  ・
 ** 2日目 **
 .211
 (減)
 ツムラ麻子仁丸エキス顆粒(医療用)  2.5
 アダラートCR錠10mg     1*7 剤点4点  (※)
 .211
 (減)
 ザイロリック錠50 50mg   1
 ブロプレス錠4 4mg 1*7 剤点10点 (※)
  ・
 ────────────────────────────────────

(G)システム管理

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:システム管理
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 システム管理の職員情報で職員区分を切り替えた際に個別情報と他院設定がク
 リアされておらず、それまでの操作での職員情報が残ってしまう不具合があり
 ましたので修正しました。

□対応内容

 ────────────────────────────────────

(H)帳票

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:帳票
□管理番号:support20100302-007
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 23:収納>SHIFT+F7:支払証明 で支払証明書を2:月別証明書 
 期間指定を1:年月日を指定し平成21年1月1日〜平成21年12月31日
 にしているのですが、2ヶ月分(1月〜2月分)しか印刷されません。
 ちなみに、期間指定を3:年度などにしてもやはり2ヶ月分(4月〜5月分)
 しか印刷されませんでした。
 当患者様はほぼ毎日来院されているので12ヶ月分すべて出てこなければいけ
 ないのですが、なぜでしょうか。

□対応内容
 実日数24日分までしか編集が行われない不具合がありましたので修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:帳票
□管理番号:ncp20100308-012
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 光ディスク送付書の住所ですが、例えば住所変更しシステム管理の1002所在地
 を期限を切って登録されている場合、旧住所で記載される様です。
 (前:H22.2.28で終了。現:H22.3.1〜開始で3月分のレセプトを作成し3月分
 の光ディスク送付書を発行した場合など)
 Ver.4.5.0でも同様の現象でした。

□対応内容
 光ディスク送付書の医療機関情報(住所)の取得方法に誤りがありましたので
 修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:帳票
□管理番号:お電話でのお問い合わせ3月15日−診療科別医薬品使用量統計(合計金額)
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 ORCBG006診療科別医薬品使用量統計(合計金額)について診療行為で注射薬
 0.5管で入力し、残量廃棄した際に横の合計欄(薬剤毎の合計)の金額には1管
 分で集計されていますが、縦の合計欄(診療科毎の合計)の金額と最終頁の総
 合計の金額には0.5管分として集計されています。
 内科でソセゴン薬価78.00円を0.5管残量廃棄で2回入力した場合ソセゴンの合計
 は数量2 金額156となりますが内科の合計金額は78になります。総合計の金額
 も78になります。

□対応内容
 診療科別医薬品使用量統計(合計金額)で金額の集計に不具合がありましたの
 で修正しました。
 ────────────────────────────────────

(I)その他

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:その他
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 ログインユーザ一覧画面について
 同時に複数のユーザがログインユーザ一覧画面を開いている時に一方が一覧更
 新を行うと他のユーザの画面にも内容が反映されてしまう不具合がありました
 ので修正しました。

□対応内容

 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:その他
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 平成22年4月診療報酬改定における窓口業務に対応しました。
 詳細は別途資料を参照してください。
 ※診療報酬請求書、診療報酬明細書等、審査機関への請求関係についての対応
 は含まれていません。

□対応内容

 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:その他
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 データ収集閲覧画面について
 ログ件数が100件以上になると一覧い表示されない不具合がありましたので
 最新から99件表示するように修正しました。

□対応内容

 ────────────────────────────────────
トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.5.0 > パッチ提供(第1回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全20件:登録/診療行為/会計照会/入院患者照会/データチェック/明細書/システム管理/帳票/その他

このページのトップへ