トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.5.0 > パッチ提供(第9回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全1件:その他(日本医師会 レセプト調査票)

パッチ提供(第9回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全1件:その他(日本医師会 レセプト調査票)

■厳重注意事項

【厳重注意事項】
(1) データベース二重化の環境では、データベースの不整合が発生する場合が
  ありますので、従サーバ、主サーバの順でプログラム更新を実行してください。

(2) バージョンは 4.5.0 であってもプレリリース版をインストール
  しているシステムに対しては「プログラム更新」を行わないで
  ください。
  必ず正式リリース版にアップグレードを行ってからさらに
  「プログラム更新」を行ってください。

  インストールバージョンの確認方法

  kterm などで次のコマンドを入力してください。
  $ dpkg -s jma-receipt
  又は
  $ dpkg -s jma-receipt-hosp
  Version: 1:4.5.0-1+0jma0.pre.n (n は数字)
  というようにVersion情報にpreという文字列がある場合は
  プレリリース版です。

■プログラム更新処理手順について

プログラム更新処理手順について

「トップメニュー」から「03 プログラム更新」を選択します。

「更新」ボタンをクリックするかF12キーを押します。

「プログラム更新を実行します。よろしいですか?」に対し
「OK」をクリックするかF12キーを押します。

3分〜5分程度待ちます。
(ダウンロードを行うため回線の込み具合によりこれ以上かかる場合もあります。)

「状況」ボタンをクリックするかF11キーを押します。
画面中の一覧最下行の処理状態が「済」になればプログラムの取得は終了している
ことを表します。

これを確認したらメニューに戻って業務を再開してもかまいませんが
この処理は自動的に自システム(日レセ)の再起動を行いますのでその処理中には
画面がフリーズしたようにしばらく動かなくなることがあります。
しばらく(長くても1分程度)待っていただければ画面は動き出しますのでご注意
ください。

従サーバへのプログラム更新について

プログラム更新業務は接続している「日レセ」サーバ(通常は主サーバ)
に対してのみ修正プログラムの取り込みを行います。

従サーバに対しても修正プログラムの取り込みを行う必要がありますが
この場合は従サーバへ接続を切り替えて行います。
一番簡単な方法は従サーバマシンでglclientをローカル接続(-port  
オプションなし)を行い業務画面を表示させます。
後は、主サーバの場合と同様の操作を行ってください。

■プログラム更新により修正される内容について

第9回:平成22年05月07日(2010-05-07)提供分

* パッチ提供に関するドキュメントは 
   PD-450-09-2010-05-07.pdf
  です

(A)その他

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:その他
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 レセプト調査対応帳票の提供についてお知らせします。

 日本医師会では平成22年度診療報酬改定の影響を検証するために「平成22年度
 レセプト調査」を実施しています。

 「平成22年度レセプト調査」は、すべての医療機関を対象としたものではなく、
 本文にも記載したとおり、調査をお願いした対象医療機関が限定されています。
 「平成22年度レセプト調査」の対象医療機関は、日本医師会会員の医療機関
 (診療所および病院の各々)の1/20を対象として抽出されます。

 この度の帳票提供は、原則として前述の医療機関が対象となります。
 「平成22年度レセプト調査」の対象医療機関が日医標準レセプトソフト(日レセ)
 を使用している場合には本プログラムを利用することにより、調査票記入の手
 間を大幅に省くことが出来ます。

 また、調査対象でない医療機関においても、前年比データが集計されますので
 経営の参考資料としてご活用いただく事もできます。

 そこで、認定事業所の皆様に下記の2点についてお願いいたします。
 ---------------------------------------------------------------------------
 1.日レセ導入ユーザから本件の問い合わせがあった場合には、設定等の問い合
   わせに対して対応いただくようお願いいたします。

 2.調査対象でない医療機関から問い合わせがあった場合には、調査票発行のた
   めの設定の案内をしていただくとともに、FAX等による返送はご遠慮いた
   だくようご案内ください。
   調査対象の医療機関には、添付のような封筒にて調査票が送付されています
   ので、このことを確認いただければ、調査対象医療機関か否かが確認できます。
 ---------------------------------------------------------------------------

 1.調査内容
  平成21年及び平成22年の4月、5月、6月診療分の請求書データ

 2.調査期間
  4月診療分(平成21・22年分)の調査票と基本情報シート
                      …………   5月20日まで
  5月診療分(平成21・22年分)の調査票  …………  6月20日まで
  6月診療分(平成21・22年分)の調査票  …………  7月20日まで

 今回のパッチ提供はこの調査票の出力プログラムです。
 ※ 本プログラムは、「平成22年度レセプト調査」に用いる調査票の出力プログラ
   ムです。

 ※ 本プログラムは請求管理情報を参照して、指定年月とその一年前のデータを出
   力します。
   よって、出力に際しては該当月のレセプト集計が終了していることが前提とな
   ります。
   平成21年4月以前より日レセを導入していただいてるユーザ様は「H21.4」のレ
   セプト集計を再度行ってください。
   平成21年4月以降に日レセを導入していただいた場合には、データが存在しない
   ため、各項目の値がブランクになり印字されません。
   当時のデータをお調べいただき、ご記入したものを送付していただきますよう
   お願いいたします。

 ■レセプト調査票(発行手順説明書) [PDF]
 tejunsho-2010-05-10.pdf (2010-05-10差替)

□対応内容

 ────────────────────────────────────
トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.4.5.0 > パッチ提供(第9回)◆日医標準レセプトソフト ver 4.5.0 全1件:その他(日本医師会 レセプト調査票)

このページのトップへ