トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.5.0.0  > パッチ提供(第19回)◆日医標準レセプトソフト ver 5.0.0 全13件:登録/診療行為/病名/入院会計照会/総括表、公費請求書/API/帳票/地方公費・負担金計算関係/その他(2018-01-23)

パッチ提供(第19回)◆日医標準レセプトソフト ver 5.0.0 全13件:登録/診療行為/病名/入院会計照会/総括表、公費請求書/API/帳票/地方公費・負担金計算関係/その他

■厳重注意事項

【厳重注意事項】
(1) プログラム更新時において、データベースの構造変更処理が実行される場合が
  あります。
  データ量によっては、時間を要する場合がありますので、実行中は誤って、
  電源を切らないようにしてください。

(2) データベース二重化の環境では、データベースの不整合が発生する場合が
  ありますので、従サーバ、主サーバの順でプログラム更新を実行してください。

(3) バージョンは 5.0.0 であってもプレリリース版をインストール
  しているシステムに対しては「プログラム更新」を行わないで
  ください。
  必ず正式リリース版にアップグレードを行ってからさらに
  「プログラム更新」を行ってください。   インストールバージョンの確認方法   kterm などで次のコマンドを入力してください。   $ dpkg -s jma-receipt   Version: 1:5.0.0-1+0jma0.pre.n (n は数字)   というようにVersion情報にpreという文字列がある場合は   プレリリース版です。

■プログラム更新処理手順について

プログラム更新処理手順について

「トップメニュー」から「03 プログラム更新」を選択します。

「更新」ボタンをクリックするかF12キーを押します。

「プログラム更新を実行します。よろしいですか?」に対し
「OK」をクリックするかF12キーを押します。

3分〜5分程度待ちます。
(ダウンロードを行うため回線の込み具合によりこれ以上かかる場合もあります。)

「状況」ボタンをクリックするかF11キーを押します。
画面中の一覧最下行の処理状態が「済」になればプログラムの取得は終了している
ことを表します。

これを確認したらメニューに戻って業務を再開してもかまいませんが
この処理は自動的に自システム(日レセ)の再起動を行いますのでその処理中には
画面がフリーズしたようにしばらく動かなくなることがあります。
しばらく(長くても1分程度)待っていただければ画面は動き出しますのでご注意
ください。

従サーバへのプログラム更新について

プログラム更新業務は接続している「日レセ」サーバ(通常は主サーバ)
に対してのみ修正プログラムの取り込みを行います。

従サーバに対しても修正プログラムの取り込みを行う必要がありますが
この場合は従サーバへ接続を切り替えて行います。
一番簡単な方法は従サーバマシンでglclientをローカル接続(-port  
オプションなし)を行い業務画面を表示させます。
後は、主サーバの場合と同様の操作を行ってください。

■プログラム更新により修正される内容について

第19回:平成30年1月23日(2018-01-23)提供分

* パッチ提供に関するドキュメントは 
   PD-500-19-2018-01-23.pdf
  です

(A)登録

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:登録
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 患者登録画面内、[その他]タブの右上にあります、連携用IDの登録について、
 最大件数である20件まで登録をおこなうと、すでに登録されている連携用IDを
 削除することができなくなりました。
 * 19件であれば正常に削除されます

□対応内容
 その他タブのID識別、介護保険情報、介護認定情報を上限数まで登録後に削除
 をした場合、不具合が発生していました。
 正しく削除できるように対応しました。
 ────────────────────────────────────

(B)診療行為

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 12月20日にマスタ提供した、システム予約コード「099999930 食事保険指定」
 について、以下の画面で表示するように対応しました。
 ・診療行為入力から遷移する「(K98)診療行為一覧選択サブ」画面で
  ユーザー登録コンボに「6:システム」を選択時
 ・会計照会の「(J04)剤内容変更」から遷移する「(J98)診療行為一覧選択サブ」
  でユーザー登録コンボに「6:システム」を選択時
 ・「102 点数マスタ業務」の「(Z01)点数マスタ設定」から遷移する「(Z98)点
  数マスタ一覧選択サブ」でユーザー登録コンボに「6:システム」を選択時

□対応内容

 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:support20180111-029
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 帳票:未収金一覧表(患者別)(ORCBG010)
 詳細:23収納の画面でみる未収額と未収金一覧表の金額で差が生じました。
  21診療行為の訂正画面から調整金1に請求額のうち一部金額をマイナスをつ
  けて入力、同じ金額を返金部分にも入力した時。
  未収金一覧表は期間指定をし処理区分は「2」未収金区分は「0」。
  調整金に入力した金額が反映されておらず未収金一覧表の方が金額が多い状
  態になります。
  この動作は正しいのでしょうか。また未収金一覧表はどこの部分を集計して
  いるのでしょうか。
 
  例として、請求額1,080円が未入金の状態で訂正画面より調整金1に
  「-80」返金額に-「80」で登録し、収納画面では未収額「1,000円」なのに対
  し未収金一覧表では「1,080円」であがってきます。

□対応内容
 診療行為の訂正で、今回請求額がゼロで調整金をマイナス入力した時、前回の
 入金額より今回返金額が多い場合、収納の入金額がマイナスになっていました。
 今回返金額が前回の入金額より多い時は、エラーとするように対応しました。
 なお、収納業務でこの不具合に該当する収納の履歴修正を行った際に入金額を
 修正するようにしました。
 ────────────────────────────────────

(C)病名

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:病名
□管理番号:ncp20180105-009
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 医療機関様よりレセプトプレビューでレセプト点検を行っていたところ病名が
 文字化けしレセプトに点線の斜線が入っているとのお問い合わせがありました。
 お調べしたところ病名にインフルエンザ、補足コメントに半角でAが登録され
 ていました。
 補足コメント欄にカーソルがある場合「全角入力してください」のエラーメッ
 セージが表示されますが他の欄にカーソルがあると登録できてしまいます。
 全角で入力し直して頂き文字化けは解消しましたが半角入力できてしまう動き
 は正しいでしょうか?

□対応内容
 「22 病名」で登録時の補足コメントのチェックに誤りがあり、補足コメントに
 半角で入力を行い、補足コメント欄にカーソルがない状態で登録処理を行った
 場合に登録が可能となっていましたのでエラーとするように修正しました。
 ────────────────────────────────────

(D)入院会計照会

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:入院会計照会
□管理番号:ncp20171213-005
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 「入院会計照会」の件ですが、180日以上の日付が1日少ないという現象が確認
 されました。(該当の患者様は入退院を繰り返している方です。)
 社内で同じような患者様を作成し確認したところ、【バージョン5.0】では正し
 い日付が表示されましたが、【バージョン4.8】では医療機関様と同じように
 1日少ない日付が表示されました。(91日以上はどちらも正しい日付が表示さ
 れています。)
  H29.8/18  初回入院
  H29.9/15  退院
  H29.10/13 継続入院
  H29.11/11 退院
  H29.12/12 継続入院
  入院会計照会
  91日以上   H30.1/12
  180日以上 誤H30.4/10
         正H30.4/11
  誤の日付が表示されています。

□対応内容
 最新の入院登録が一般病棟入院料以外の場合、入院会計照会画面に表示される
 「180日以上」の表示年月日が1日ずれる不具合がありましたので修正しました。
 ────────────────────────────────────

(E)総括表、公費請求書

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:総括表、公費請求書
□管理番号:support20180117-007
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 EFファイルの区分の記録についてご連絡致します。
 救急搬送診療料を入力し、退院登録をおこなうと、地域包括ケア入院料の診療
 区分が「90」で記録されてしまうようです。

□対応内容
 特定入院料を算定する患者に診療行為画面より
 「114003010 救急搬送診療料」を登録した日の入院EFファイルについて、特
 定入院料に記録する「E-5 データ区分」「F-5 データ区分」が「90」と記録さ
 れる不具合がありましたので「92」と記録するように修正しました。
 ────────────────────────────────────

(F)API

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:API
□管理番号:support20180110-014
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 ORCA API「受診履歴一覧取得」でリクエストにDepartment_Code(診療科コー
 ド)を指定していなにもかかわらず、Api_Result_Messageが「診療科が存在し
 ません」になりました。
 レスポン(XML)を見ると、Department_Codeが A1 になっていて、ORCAの診療科
 目コード規則(2桁の任意の数字)に反します。

 【確認1】
 リクエストにDepartment_Code(診療科コード)を指定していなにもかかわら
 ず、Api_Result_Messageが「診療科が存在しません」になった場合は、受診履
 歴中の診療科が「診療科が存在しません」と解釈してよいでしょうか?
 【確認2】
 データ移行時にUKEファイルからorcvt_exec.shで取り込んだ際の受信履歴と考
 えられますが、診療科A1となるのは正しいでしょうか?

□対応内容
 APIの診療行為取得(medicalgetreq)にレセ電データから移行した受診履歴を
 対象とする、しないを設定出来る項目
 (Contain_Migration)を追加しました。
 受診履歴取得にレセ電データ移行分の診療科=「AX」が対象にあった時に
 「診療科が存在しません」と返却していましたが、エラーとしないように対応
 しました。
 また、診療科=「A1」の診療科名称に前の診療科名称を編集していましたので
 空白とするようにしました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:API
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 入退院登録APIについて以下の機能追加を行いました。
 1 入院登録リクエスト
  ・リクエストに入院料の初期値設定を行う項目を追加しました。
  ・療養病棟に対する入院の際に、リクエスト項目の入院料が未設定の
   場合も療養病棟入院基本料を算定を行うようにしました。
  ・生活療養に該当する場合の入院料のコード置き換えを行うようにしました。
 2 転科転棟転室リクエスト
  ・前回異動日より遡った日でのリクエストを可能としました。
  ・リクエストに入院料の初期値設定を行う項目を追加しました。
  ・療養病棟に対する転棟の際に、リクエスト項目の入院料が未設定の
   場合も療養病棟入院基本料を算定を行うようにしました。
  ・生活療養に該当する場合の入院料のコード置き換えを行うようにしました。
 3 退院登録リクエスト
  ・定期請求未実施状態で退院登録が通常不可となるケースでの退院登録を行
   えるようにしました。
 ────────────────────────────────────

(G)帳票

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:帳票
□管理番号:ncp20180113-002
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 月次統計の3号紙印刷から複数年を指定した場合、途中で保険が変わったり、
 自費保険で診療があると1枚目の保険表示とそれ以降の保険表示が異なります。
 どこの保険組み合わせを見て保険を記載しているのでしょうか。
 また、月次でも保険ごとに印字する方法はないでしょうか。

□対応内容
 月次統計から期間指定して印刷した時のカルテ3号紙に編集する保険組合せに
 ついて、最初の診療年月で対象となった保険組合せのみ編集していました。
 2ページからは1ページで対象となったすべての保険組合せとページ内で最初
 の診療年月で対象となった保険組合せを編集していました。
 1ページ目はページ内の診療年月で対象となったすべての保険組合せ、2ペー
 ジ目からは1ページ目から対象となった保険組合せと、ページ内の診療年月で
 対象となった保険組合せを編集するようにしました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:帳票
□管理番号:support20180115-015
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 32.入院会計照会画面の180日以上の日付表示と入院患者通算日数一覧表
 (ORCBG004)の91日以上、180以上の日付表示がおかしいとのご連絡がありま
 した。

 【患者情報?】
 他院通算 31日 入院日 H29.10.28 継続入院

 32.会計照会画面より表示
 91日以上「H30.1.26」○
 180日以上「H30.3.24」×
 通算日数「148日」他院通算(31日)を計算して「179日」

 また、入院患者通算日数一覧表より表示
 91日以上「H30.1.25」×
 180日以上「H30.3.25」○

□対応内容
 入院患者通算日数一覧表について、問い合わせの事例で日付の計算が1日ずれ
 る不具合がありましたので、修正をを行いました。
 また、長期入院対象患者一覧表についても同様の不具合がありましたので、併
 せて修正を行いました。
 ────────────────────────────────────

(H)地方公費・負担金計算関係

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:地方公費・負担金計算関係
□管理番号:kk52189
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 平成29年12月20日にパッチ提供しました「熊本県熊本市子ども医療負担
 金計算対応」の追加対応です。

 レセプト請求する地方公費で、かつ、
 保険番号マスタの「レセプト記載」設定が「0」で、かつ、
 システム管理2010-負担金計算(1)タブ
  設定額未満・以上で異なる負担金計算
   医療費負担金計算(外来)
   医療費負担金計算(入院)
 の左側の設定が「1~4」の場合、1か月の患者負担相当額の累計額が設定額
 以上となる場合であっても該当地方公費がレセプト記載されてしまうため、以
 下の設定を追加し、設定額以上となる場合はレセプト記載しないとすることを
 可能としました。
 =======================================
 システム管理2010-レセプト(2)タブ
  「レセプト記載」付加設定
   設定と異なる記載(外来)
   設定と異なる記載(入院)
 の左側の設定項目に「3 設定額以上記載なし(設定額未満・以上で異なる負
 担金計算)」を追加
=======================================

 (例)熊本県地方公費380(月上限額500円)
 保険番号マスタ-「レセプト請求」・・・「0」
 保険番号マスタ-「レセプト記載」・・・「0」
 (500円未満の場合もレセプト記載する)
 熊本県地方公費380について、
 システム管理2010-負担金計算(1)タブ
  医療費負担金計算(外来)・・・ 左右(4、0)
 システム管理2010-レセプト(2)タブ
  設定と異なる記載(外来)・・・ 左右(3、0)
 で設定した場合、
 外来レセプト
 患者負担相当額20000円以上の場合、380はレセプト記載しない
 患者負担相当額20000円未満の場合、380はレセプト記載する
 となります。

□対応内容

 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:地方公費・負担金計算関係
□管理番号:request20161209-001
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 主保険+限度額適用認定証(区分オ)の患者に対して自己負担分を患者請求する
 場合の第三者行為の窓口精算について下記URLのP21(2)に「通常診療分と第三者
 行為診療分が同一月で混在する場合は、通常診療分を優先します。」とありま
 すが、

 https://ftp.orca.med.or.jp/pub/data/receipt/outline/update/improvement/pdf/daisanshakoui-taiou-jibaiseki-2016-01-26.pdf

 医療機関様より、第三者行為診療分を優先したいので例えば上限額35400円を
 超える治療を第三者行為で行った場合の請求書兼領収書の入金額は第三者行為
 で35400円、通常診療分は0円として印字させたいという要望がありました。
 例えばシステム管理マスタ「4001労災自賠医療機関情報」でどちらを優先させ
 るか変更出来るようになりませんでしょうか?

□対応内容
 第三者行為現物給付に関わる負担金計算対応
 外来・入院の現物給付計算(窓口計算)について、通常診療分と第三者行為診
 療分が同一月で混在する場合、第三者行為診療分を優先した負担金計算を可能
 としました。併せて、レセプト記載(記録)の対応も行いました。
 1.第三者行為診療分を優先した負担金計算を行う場合は、診療行為入力から
   外来・入院ともに第三者行為を含む保険組み合わせでシステム予約コード
   「099999931 第三者行為分優先計算」の入力を行います。
 2.外来の場合、収納業務の一括再計算で、第三者行為診療分を優先した負担
   金計算を行います。
   第三者行為を含む保険組み合わせで「099999931」の診療行為入力を行った
   際は、(K03)診療行為入力-請求確認画面において、"★★ 収納業務で一括
   再計算を行ってください★★"とメッセージ表示を行います。
   一括再計算該当者は、収納業務の再計算該当者一覧において確認可能とし
   ます。
   一括再計算を行った場合、再計算該当者一覧から削除します。
 3.入院の場合、退院計算・定期請求・退院時仮計算・レセプト仮収納データ
   作成時に、第三者行為診療分を優先した負担金計算を行います。
   (定期請求に関して、入退院登録-定期請求設定を(月末時のみ請求)
   とする事を推奨します)
 4.外来・入院ともに、第三者行為診療分を優先した負担金計算を行う条件と
   して、第三者行為を含む保険組み合わせで「099999931」の診療行為入力
   があっても、該当月に公費併用分がある場合は、その計算を行いません。
 5.月次統計で「一括再計算該当者チェック表」の処理を行い、一括再計算該
   当者となった場合、チェック表の備考欄には「第三者行為現物給付(第三
   者行為分の優先計算該当)」と記載します。
 6.医保レセプト-摘要欄((第三者行為)一部負担額)の金額記載(記録)
   や自賠責(第三者行為)レセプト-患者負担額欄の金額記載について、第
   三者行為診療分を優先した金額記載(記録)を行います。
 ────────────────────────────────────

(I)その他

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:その他
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 第19回パッチにより、以下のテーブルを追加しました。
  診療情報システム用レセ電データテーブル(TBL_RECEDEN_TMP)
 DB管理情報は S-050000-1-20180110-1 となります。

□対応内容

 ────────────────────────────────────
トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.5.0.0  > パッチ提供(第19回)◆日医標準レセプトソフト ver 5.0.0 全13件:登録/診療行為/病名/入院会計照会/総括表、公費請求書/API/帳票/地方公費・負担金計算関係/その他(2018-01-23)

このページのトップへ