トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.5.0.0  > パッチ提供(第33回)◆日医標準レセプトソフト ver 5.0.0 全15件:登録/診療行為/入院会計照会/明細書/総括表、公費請求書/地方公費・負担金計算関係(2018-09-25)

パッチ提供(第33回)◆日医標準レセプトソフト ver 5.0.0 全15件:登録/診療行為/入院会計照会/明細書/総括表、公費請求書/地方公費・負担金計算関係

■厳重注意事項

【厳重注意事項】
(1) プログラム更新時において、データベースの構造変更処理が実行される場合が
  あります。
  データ量によっては、時間を要する場合がありますので、実行中は誤って、
  電源を切らないようにしてください。

(2) データベース二重化の環境では、データベースの不整合が発生する場合が
  ありますので、従サーバ、主サーバの順でプログラム更新を実行してください。

(3) バージョンは 5.0.0 であってもプレリリース版をインストール
  しているシステムに対しては「プログラム更新」を行わないで
  ください。
  必ず正式リリース版にアップグレードを行ってからさらに
  「プログラム更新」を行ってください。   インストールバージョンの確認方法   kterm などで次のコマンドを入力してください。   $ dpkg -s jma-receipt   Version: 1:5.0.0-1+0jma0.pre.n (n は数字)   というようにVersion情報にpreという文字列がある場合は   プレリリース版です。

■プログラム更新処理手順について

プログラム更新処理手順について

「トップメニュー」から「03 プログラム更新」を選択します。

「更新」ボタンをクリックするかF12キーを押します。

「プログラム更新を実行します。よろしいですか?」に対し
「OK」をクリックするかF12キーを押します。

3分〜5分程度待ちます。
(ダウンロードを行うため回線の込み具合によりこれ以上かかる場合もあります。)

「状況」ボタンをクリックするかF11キーを押します。
画面中の一覧最下行の処理状態が「済」になればプログラムの取得は終了している
ことを表します。

これを確認したらメニューに戻って業務を再開してもかまいませんが
この処理は自動的に自システム(日レセ)の再起動を行いますのでその処理中には
画面がフリーズしたようにしばらく動かなくなることがあります。
しばらく(長くても1分程度)待っていただければ画面は動き出しますのでご注意
ください。

従サーバへのプログラム更新について

プログラム更新業務は接続している「日レセ」サーバ(通常は主サーバ)
に対してのみ修正プログラムの取り込みを行います。

従サーバに対しても修正プログラムの取り込みを行う必要がありますが
この場合は従サーバへ接続を切り替えて行います。
一番簡単な方法は従サーバマシンでglclientをローカル接続(-port  
オプションなし)を行い業務画面を表示させます。
後は、主サーバの場合と同様の操作を行ってください。

■プログラム更新により修正される内容について

第33回:平成30年9月25日(2018-09-25)提供分

* パッチ提供に関するドキュメントは 
   PD-500-33-2018-09-25.pdf
   選択式コメント入力対応
  です

(A)登録

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:登録
□管理番号:ncp20180903-043
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 管理コード1018患者状態コメント情報で00?99個登録しています。
 しかし「12登録」で「状態」を選択すると00?98までしか表示されません。
 手入力で「99」と入力すると「状態入力エラー」となります。
 なぜ99個登録してあるのに表示が98個なのでしょうか?

□対応内容
 患者登録画面の状態区分の表示件数の上限を99件として
 いましたので、システム管理で登録できる上限の100件に
 変更しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:登録
□管理番号:request20170414-003
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 患者登録時のその他のタブにあります介護認定情報についてご要望を
 上げさせていただきます。
 介護認定情報に「事業者対象」を追加していただきたいです。

□対応内容
 介護認定情報の要介護状態に事業対象者を追加しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:登録
□管理番号:support20180911-012
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 医療機関様より保険の種類「007 自官」と「031 国公」をどちらも有効なも
 のをお持ちで同日に使用された患者様の入力ができないとのお問い合
 わせをいただきました。
 当該患者様は「007 自官」の保険でH28.6月より継続的に受診しており、
 当該保険で保険請求を行ったところ、支払基金より返戻となったとのこと
 です。
 返戻内容について、H30年5月7日以降の新規傷病については「031 国
 公」の保険で請求するようにとのことでした。
 医療機関様より支払基金へ確認を行ったところ、明細書の傷病名欄⑦
 急性上気道炎(診療開始日:H30年5月29日)に対する治療のみを「031
 国公」で請求、それ以外の継続傷病の治療は「007 自官」で請求するよ
 うにとのことでした。
 現状、患者登録にて保険の種類「007 自官」と「031 国公」をそれぞれ有
 効期間で登録しようとすると、「0064 保険期間が重複しています」とエ
 ラーメッセージが表示され登録ができませんが、当該患者様は同日に⑦
 急性上気道炎と継続傷病に対する治療を行った日がございます。

□対応内容
 患者登録の保険登録で「007 自官」と「031 国公」の重複登
 録を可能としました。
 ────────────────────────────────────

(B)診療行為

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:support20180827-009
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 セットの入力コードについてお尋ねです。
 入力コードに半角で「¥」を登録したのですが、実際の診療行為の画面
 で「¥」を入力すると該当のセットが表示されませんでした。
 入力コードとして登録はできているのですが、入力できない原因をご教
 授頂いてもよろしいでしょうか。

□対応内容
 入力CDに「\」記号を使用して登録することができますが、
 入力CDの検索でエラーとなり検索できませんでしたので修
 正しました。
 「\」記号がエスケープ文字となり検索できませんでした。
 また、病名業務では、自院病名の自院病名コード、セット
 コードの先頭に半角の「\」記号で登録したときに検索ができ
 ませんでしたので修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
レセプト記載事項の別表1(コメント関連テーブル 支払基金提供)にお
けるコメントコードの選択一覧表示及び入力補助の対応を行いました。
詳細は別途資料を参照してください。
※要マスタ更新

□対応内容
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
診療行為の請求確認画面の入金の取扱いの名称が「1 今回請求分の
み入力」となっていましたので、「1 今回請求分のみ入金」に修正しました。

□対応内容
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:診療行為
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 初診と外来診療料の注2、注3の病床数の500床以上の算定要件を1
 0月診療分より400床以上とし、チェック箇所の見直しを行いました。

□対応内容
 ────────────────────────────────────

(C)入院会計照会

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:入院会計照会
□管理番号:request20180409-003
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 褥瘡対策加算を算定されている医療機関様かより医療区分・ADL区分
 に係る評価票」の(縟瘡の状態の評価・DESIGN-Rの合計点)へのORCA
 からの入力はできないのかとの問い合わせをいただきました。
 社内でも検証してみましたができなかったため可能な場合は入力方法を
 ご教授いただけますでしょうか?
 また、できないのであれば要望とさせていただいてもよろしいでしょう
 か?

□対応内容
医療区分・ADL区分に係る評価票の「褥瘡の状態の評価」
の入力および印刷機能を実装しました。
1.医療区分、ADL点数との複数選択は不可とします。
2.0点から66点までの入力を可能とします。
3.医療区分・ADL区分に係る評価票の「褥瘡の状態の評
 価」(DESIGN-Rの合計点)に入力された点数の編集を
 行います。
4.会計カードパラメタ[入外区分]に"1"、[編集区分]に"5"
 を設定して実行した場合、「褥瘡の状態の評価」に入力さ
 れた点数をカレンダーに編集します。
5.入院患者医療区分・ADL点数情報取得API
 (/api01rv2/hsptevalv2)のレスポンスにDESIGN-Rの合
 計点を追加しました。
 * レスポンス項目追加
  * DESIGN-Rの合計点(深さの点数は加えない)
   (Designr_Total_Score_Daily)
6.入院患者医療区分・ADL点数登録API
 (/orca32/hsptevalmodv2 )のリクエストよびレスポンスに
 DESIGN-Rの合計点を追加しました。
 * リクエスト項目追加
  * DESIGN-Rの合計点(深さの点数は加えない)
   (Designr_Total_Score_Daily)
 * レスポンス項目追加
  * DESIGN-Rの合計点(深さの点数は加えない)
   (Designr_Total_Score_Daily)
※要マスタ更新
 ────────────────────────────────────

(D)明細書

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:support20180907-017
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 静岡県の医療機関様よりお問合せがありました。
 <船員保険をお持ちの70歳以上3割下船3か月の方>
 患者登録画面の補助「H 3割下船」を選択してある患者様でレセプト特
 記事項に「29区エ」と表示されています。
 オンライン請求でエラーとなり、支払基金へ確認していただきましたがレ
 セプト特記事項「29区エ」ではなく、「26区ア」と表示されるのが正しいと
 回答がありました。

□対応内容
平成30年8月診療分以降の高齢者レセプト特記事項記載
修正
前期高齢者の「002船員」で補助区分がG,H,Iの場合、又は、
前期高齢者の「031国公」・「032地公」・「033警察」・「034学
校」で補助区分がHの場合、"29区エ"を記載していましたの
で、"26区ア""27区イ""28区ウ"のうち該当する所得区分の
特記事項を記載するよう修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:support20180905-018
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
医療機関様より 後期高齢者の入院でオンライン請求を行おうとしたとこ
ろ、エラーが出たと問い合わせをいただきました。
後期高齢者 入院 低所得者1
  959:災害該当
  962:免除
の患者さんの特記事項でエラーがでているようです。

□対応内容
平成30年8月診療分以降の高齢者レセプト電算記録修正
(入院)
平成30年8月診療分から「受付・事務点検ASPに係るチェッ
ク」のL3550のチェック内容が変更となり、高齢者(低所得
者)で、かつ、災害による一部負担金減免の方、かつ、食事
の算定が無い方が「一部負担金・食事療養費・生活療養費
標準負担額区分コード」の記録がなく、上記チェックでエラー
となりましたので記録をするよう修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:support20180905-005
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
レセプトの一部負担金についてお尋ねします。
後期(1割)+低所2+更生(5000円)+長期+障害の保険組合せで
別添①「後期+長期+障害」の保険組合せで入院登録
別添②「後期+長期+障害」の保険組合せで診療内容入力
別添③「後期+更生+障害」の保険組合せで実日数カウントコードを入
力
別添④レセプトを確認すると、3314点にも関わらず6620円の2割負担分
が表示されてしまいます。
別添③の実日数カウントは必要ないもののように思うのですが、医療機
関様は更生医療を持っていることを保険者に知らせたいとの事と、実日
数カウントも付けたいと仰られています。
レセプトが正しく1割分が記載されるようになりませんでしょうか。

□対応内容
レセプト保険欄-一部負担金金額記載修正
システム管理2010-レセプト(3)-保険欄の括弧再掲(下)金額計算(高
齢者)-「主+全+地(分点ありの場合)」の設定がある地方公費と請求
点数0点の全国公費を併用するレセプトについて、保険欄-一部負担
金が正しく記載されない以下の不具合がありましたので修正しました。
(例1)入院、後期高齢(1割)、低所得2
後期+広島県地方公費291で入院(8月1日~2日)
後期+更生015+広島県地方公費291で診療行為入力(実
日数算定コードのみ)
※システム管理2005-「0点全国公費レセプト記載」の設定
は、「1」
※広島県地方公費291のシステム管理2010-レセプト(3)-
 保険欄の括弧再掲(下)金額計算(高齢者)-
 「主+全+地(分点ありの場合)」の設定は、左右(1,4)
請求点数が4200点の場合、保険欄-一部負担金を840
0円で記載していましたので、4200円を記載するよう修正
しました。
(例2)外来、後期高齢(1割)、低所得2
後期+大阪府地方公費190で診療行為入力
後期+精神通院021+大阪府地方公費190で複数科保険入
力(院外処方のみ)
※システム管理2005-「0点全国公費レセプト記載」の設定
は、「1」
※大阪府地方公費190のシステム管理2010-レセプト(3)-
 保険欄の括弧再掲(下)金額計算(高齢者)-
 「主+全+地(分点ありの場合)」の設定は、左右(1,4)
請求点数が9530点の場合、保険欄-一部負担金を160
00円で記載していましたので、8000円を記載するよう修
正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:kk53968
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
第30回パッチ提供内容(管理番号:kk53466)に対し、追加の依頼があ
ります。
事例No.5
転居前の公費(45)・公費(46)転居後の公費(45)・公費(46)
の五者併用、
http://www.ssk.or.jp/jigyonaiyo/chitan/jutaku/01_hokkaido.files/01_hokkaido_judo.pdf
事例No.8
転居前の公費(93)・公費(94)転居後の公費(93)・公費(94)
の五者併用
http://www.ssk.or.jp/jigyonaiyo/chitan/jutaku/01_hokkaido.files/01_hokkaido_hitorioya.pdf
上記のレセプトも事例の通りにレセプト表記できませんので対応をお願
いします。

□対応内容
北海道重度心身障がい者医療費助成制度の法別45、46
又は北海道ひとり親家庭等医療費助成制度の法別93、94
を持つ患者が月途中に他の市町村へ転居した場合、転居
前後に診療がそれぞれあるときのレセプトの公費の記載を
適用開始日、法別番号の順に行うようにしました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:support20180914-023
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
岩手県の国保連より、岩泉町の災害該当5割負担のレセプトの一部負
担金を記載しないようにしてください。と連絡がきた。
と医療機関様より問い合わせをいただきました。
・前期高齢者
・台風の災害該当で5割負担
・高額療養費まで達していない
の場合のレセプト記載だと思います。
また、H29.2.27付のレセプトの記載例が岩手県国保連のHPに載ってい
ました。

□対応内容
ASPチェック(エラーコードL3525)のチェック内容変更に伴
い、高齢者減額レセプト(外来)の保険欄-一部負担金記載
(記録)について、「無条件記載」から「高額療養費が現物給
付された場合に記載」に修正しました。
(平成30年8月診療分以降で修正)
(例)
外来、前期高齢(2割)、一般所得者、960減額(割)【減額割
合:50%】、959災害該当
請求点数208点の場合
保険 208 210
減額 5割
↓
保険 208     空欄
減額 5割
 ────────────────────────────────────

(E)総括表、公費請求書

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:総括表、公費請求書
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
受付・事務点検ASPに係るチェック一覧(医科)の更新に伴い、レセ電
データチェックの対応を行いました。

□対応内容
 ────────────────────────────────────

(F)地方公費・負担金計算関係

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:地方公費・負担金計算関係
□管理番号:kk53761
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
北海道におきまして「総医療費1割から初診時一部負担金を助成」とい
う変わった制度(旭川市)がありますが、平成30年8月より法別47,95
(新十津川町)で同様の制度があります。
http://www.hokkaido-kokuhoren.or.jp/hotnews/files/00001100/00001124/hitori01.pdf
(15頁)
http://www.hokkaido-kokuhoren.or.jp/hotnews/files/00001100/00001124/jyudo1.pdf
(16頁)
保険番号447,595で同様の本体対応をお願いすることは出来ますでしょうか。

□対応内容
システム管理2010(地方公費保険番号付加情報)に設定項目を追加
し、初診算定時の負担金計算において、初診時一部負担金(580円)を
差し引いた金額を一部負担金とする計算を可能としました。
1.システム管理2010(地方公費保険番号付加情報)-負
 担金計算(4)タブに、「初診時の負担金計算(外来)」「初
 診時の負担金計算(入院)」を追加しました。
 【設定項目】(外来・入院ともに設定内容は同じ)
  <左側の設定項目>
   0 通常計算
   1 初診時一部負担金(580円)を差し引いた金額を一
    部負担金とする
  <右側の設定項目>
   0 患者負担のある公費
  ※デフォルトは、左右(0.0)とする。
   但し、北海道(642、643、644、743)のデフォルト
   は、外来・入院ともに左右(1.0)とする。上記以外は必
   要に応じて設定を行います。
 【項目説明】
  0 通常計算を行う
  1 初診算定時の負担金計算において、初診時一部負
   担金(580円)を差し引いた金額を一部負担金とする
2.上記項目が「1」で設定された場合は、初診算定時の負
 担金計算において、初診時一部負担金(580円)を差し引
 いた金額が一部負担金となります。但し、計算後の一部負
 担金が主保険又は上位公費の一部負担金より大きい場
 合は、主保険又は上位公費の一部負担金が該当地方公
 費の一部負担金となります。
 ────────────────────────────────────
トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.5.0.0  > パッチ提供(第33回)◆日医標準レセプトソフト ver 5.0.0 全15件:登録/診療行為/入院会計照会/明細書/総括表、公費請求書/地方公費・負担金計算関係(2018-09-25)

このページのトップへ