トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.5.1.0 > パッチ提供(第36回)◆日医標準レセプトソフト ver 5.1.0 全10件:受付/明細書/総括表、公費請求書/API/地方公費・負担金計算関係(2020-11-25)

パッチ提供(第36回)◆日医標準レセプトソフト ver 5.1.0 全10件:受付/明細書/総括表、公費請求書/API/地方公費・負担金計算関係

■厳重注意事項

【厳重注意事項】
(1) プログラム更新時において、データベースの構造変更処理が実行される場合が
  あります。
  データ量によっては、時間を要する場合がありますので、実行中は誤って、
  電源を切らないようにしてください。

(2) データベース二重化の環境では、データベースの不整合が発生する場合が
  ありますので、従サーバ、主サーバの順でプログラム更新を実行してください。

(3) バージョンは 5.1.0 であってもプレリリース版をインストール
  しているシステムに対しては「プログラム更新」を行わないで
  ください。
  必ず正式リリース版にアップグレードを行ってからさらに
  「プログラム更新」を行ってください。   インストールバージョンの確認方法   kterm などで次のコマンドを入力してください。   $ dpkg -s jma-receipt   Version: 1:5.1.0-1+0jma0.pre.n (n は数字)   というようにVersion情報にpreという文字列がある場合は   プレリリース版です。

■プログラム更新処理手順について

プログラム更新処理手順について

「トップメニュー」から「03 プログラム更新」を選択します。

「更新」ボタンをクリックするかF12キーを押します。

「プログラム更新を実行します。よろしいですか?」に対し
「OK」をクリックするかF12キーを押します。

3分〜5分程度待ちます。
(ダウンロードを行うため回線の込み具合によりこれ以上かかる場合もあります。)

「状況」ボタンをクリックするかF11キーを押します。
画面中の一覧最下行の処理状態が「済」になればプログラムの取得は終了している
ことを表します。

これを確認したらメニューに戻って業務を再開してもかまいませんが
この処理は自動的に自システム(日レセ)の再起動を行いますのでその処理中には
画面がフリーズしたようにしばらく動かなくなることがあります。
しばらく(長くても1分程度)待っていただければ画面は動き出しますのでご注意
ください。

従サーバへのプログラム更新について

プログラム更新業務は接続している「日レセ」サーバ(通常は主サーバ)
に対してのみ修正プログラムの取り込みを行います。

従サーバに対しても修正プログラムの取り込みを行う必要がありますが
この場合は従サーバへ接続を切り替えて行います。
一番簡単な方法は従サーバマシンでglclientをローカル接続(-port  
オプションなし)を行い業務画面を表示させます。
後は、主サーバの場合と同様の操作を行ってください。

■プログラム更新により修正される内容について

第36回:令和2年11月25日(2020-11-25)提供分

* パッチ提供に関するドキュメントは 
 PD-510-36-2020-11-25.pdf

 です

(A)受付

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:受付
□管理番号:support20201030-003
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 10/27提供のUbuntu16.04 ORCA5.1.0向けのプログラム更新についてご相談がございます。
 当社サポートの医療機関様で、予約システムからORCAへ受付情報を送っている
 医療機関様があるのですがこの予約システムの連携がtbl_uketukeのyyktimeにだけ
 予約時間を書き込み、tbl_yykに触れないものであることが分かりました。
 これまではこの連携で、(U02)受付に予約時間が描画されていたのですが
 10/27提供のプログラム更新後、これまで通りtbl_uketukeのyyktimeに時間が
 書き込まれているにも関わらず(U02)受付画面には予約時間が描画されないように
 なってしまいました。
 対応システム側から、tbl_yykに整合性のとれる情報を書き込めるようプログラムの
 改修を行う予定はあるも、ORCAの受付描画機能だけ臨時対応で一時的に
 ロールバックはできないか、という依頼を頂いております。

□対応内容
 前回のパッチで予約時間ゼロの受付取消対応をしましたが、
 テーブルを直接更新している連携システムに不具合が発生したため
 予約時間帯ゼロの対応をしました。
 ────────────────────────────────────

(B)明細書

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 入院時食事療養費について月途中で食事の基準が変更となった場合の
 レセプト電算提出用データ記録について変更された内容で記録可能とするよう
 対応しました。(従来はレセプト対象診療年月の1日時点にシステム管理に
 設定されている食事の基準で記録を行っていました。)
 また、65歳以上の療養病床入院患者が算定する入院時生活療養費についても
 同様に月途中の食事基準変更に対応しました。
 ※食事の基準:「システム管理5000 医療機関情報−入院基本」の「入院時食事療養費」欄

□対応内容
 
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:support20201102-030
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 湿布薬のコメントについてお尋ねしたい事がございます。
 「1014包括診療行為設定情報」の在医総管を「包括算定しない」設定にし、
 在医総管を算定した際に院内処方で「.233」で湿布薬を処方し、
 湿布のコメントの830100204を入力した場合、湿布薬剤自体が包括となる為
 点数は算定されずレセプトに記載されませんが、湿布のコメントのみが何故か
 レセプトの80番の区分に記載されます。
 院内処方にしているのでせめて投薬の区分にあがるのが正しいと思いますが、
 何故80の区分であがってくるのでしょうか?
 また、薬剤自体が包括となる為コメントの記載は不要なのではないでしょうか?
 「1014包括診療行為設定情報」の在医総管を「包括算定する」設定にし、
 「.230」で院内処方で湿布とコメントを入力した場合は、レセプトに
 湿布のコメントは記載されませんでした。(包括の為)

□対応内容
 院外湿布薬コメントの自動記載対応(外来) 修正
 ・システム管理1014(包括診療行為設定情報)で、
  在医総管を「0 包括算定しない」設定
 ・在医総管を算定した際に、院内処方で「.233」で湿布薬を処方
  (同一剤に830100204のコメント入力あり)
 この場合、湿布薬の剤を「院外分」とみなし、摘要欄「80」に
 湿布薬コメントを記載していましたので、「.233」の場合は記載しないよう修正しました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:明細書
□管理番号:kk55873
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 レセプト自己負担額欄表記について

□対応内容
 地方公費の公費給付対象額レセプト記載(記録)について、
 現在未対応である事例の対応を行いました。
 1.高齢者レセプトの場合
  算定に使用された保険組み合わせが(※)に該当する場合で、かつ、
  該当地方公費のシステム管理2010−(レセプト(3)タブ)の設定が以下
  である場合、地方公費の公費給付対象額レセプト記載(記録)対応を行います。
  ・保険欄の括弧再掲(下)記載(高齢者)
   主+全+地(+長)(分点ありの場合)の設定 ・・ 「1」
  又、上記に加えて、
  ・保険欄の括弧再掲(下)金額加算(高齢者)
   主+全+地(+長)(分点ありの場合)の設定 ・・ 「1」
   である場合は併せて金額加算の対応も行います。
 2.70歳未満の方のレセプトの場合
  算定に使用された保険組み合わせが(※)に該当する場合で、かつ、
  該当地方公費のシステム管理2010−(レセプト(4)タブ)の設定が以下
  である場合、地方公費の公費給付対象額レセプト記載(記録)対応を行います。
  ・保険欄の括弧再掲(下)記載(70歳未満)
   主+全+地(+長)(分点ありの場合)の設定 ・・ 「1」
  又、上記に加えて、
  ・保険欄の括弧再掲(下)金額加算(70歳未満)
   主+全+地(+長)(分点ありの場合)の設定 ・・ 「1」
   である場合は併せて金額加算の対応も行います。

 (※)算定に使用された保険組み合わせ
 (1)「主保険+全国公費」と「主保険+全国公費+地方公費」の場合
 (2)「主保険+全国公費+長期」と「主保険+全国公費+地方公費+長期」の場合
 (3)「主保険+全国公費+地方公費A」と「主保険+全国公費+地方公費B」の場合
 (4)「主保険+全国公費+地方公費A+長期」と「主保険+全国公費+地方公費B+長期」の場合
 (5)「主保険+全国公費A」と「主保険+全国公費B+地方公費」の場合
 (6)「主保険+全国公費A+長期」と「主保険+全国公費B+地方公費+長期」の場合
 (7)「主保険+全国公費A+地方公費」と「主保険+全国公費B+地方公費」の場合
 (8)「主保険+全国公費A+地方公費+長期」と「主保険+全国公費B+地方公費+長期」の場合
 (9)「主保険+全国公費A+地方公費A」と「主保険+全国公費B+地方公費B」の場合
 <補足>
  公費給付対象額の記載(記録)位置
  1.レセプト
   該当地方公費が第2公費となる場合は「保険欄一部負担金」に記載
   該当地方公費が第3公費又は第4公費となる場合は「摘要欄」に記載
  2.レセ電
   該当地方公費のKOレコードの「公費給付対象外来一部負担金」
   ・「公費給付対象入院一部負担金」に記録
 ────────────────────────────────────

(C)総括表、公費請求書

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:総括表、公費請求書
□管理番号:support20201026-013
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 9/24第33回パッチ提供にてEFファイルとKファイルの対応をしていただいている件で
 問い合わせいたします。
 □対応範囲:総括表、公費請求書
 □管理番号:support20200911-020
 プログラム更新をしていますが、エラーがでています。

□対応内容
 EFファイルについて以下の不具合がありましたので修正しました。
 ・自費保険で入院していた患者が退院日の同日に医保で再入院を行った場合に、
  再入院日に医保で入力した点滴注射(又は中心静脈注射)に記録される
  入退院日が最初に自費保険で入院していた入院期間で記録されてしまう不具合。
  また、Kファイルについても以下の不具合を修正しました。
 ・最初の入院期間が1日間で入退院を行われ、更に同日再入院を行われた場合に
  同日再入院分の期間が記載されない。
 ・医保の診療が無い入院期間が記録されてしまう。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:総括表、公費請求書
□管理番号:ncp20201116-005
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 社保総括表の記載方法についてお尋ね致します。
 公費 21(精神通院)と12(生保)併用の患者様です。
 21で診察料、処方箋料等を算定し、12では処方のみで実際は0点の時
 社保の総括表の「公費と公費の併用」の欄の12(生保)の点数は空白となりますが、
 支払基金様より0点と記載するように、との指示があったそうです。
 0点と記載する方法をご教示頂けないでしょうか。

□対応内容
 21(精神通院)と12(生保)の併用の患者で21(精神通院)は診察料、処方箋料等を算定し、
 12(生保)は処方のみで12(生保)が0点となる場合、社保の診療報酬請求書の
 「公費と公費の併用」欄の12(生保)に該当する点数が0点の場合は空白となりますが、
 支払基金より0と記載するように指示がありました。
 公費と公費の併用の場合に、0点の公費については0を記載するようにしました。
 また、保険と公費の併用で公費分が0点になる場合についても、
 「公費と医保の併用」欄の点数欄に0を記載するようにしました。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:総括表、公費請求書
□管理番号:ncp20200612-013
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 医療機関様より、EFファイルのエラーチェックをかけた際のエラー解消
 方法について問い合わせがございました。
 解消に向け、どのように入力を修正したら良いか不明なため、問い合わせさせていただきます。
 エラー内容:
 診療行為点数と出来高実績点数エラー
 エラーは超音波検査を二回実施した方が対象となっています。
 レセ電点数はEFファイルと一致しています。
 減算コードが入っています。

□対応内容
 新生児の入院患者について以下の算定を行った場合の入院Fファイル
 「F-18 出来高実績点数」について点数記録誤りを修正しました。
 ----------------------------------------------
 不具合となる算定例
 .600
 160072210 超音波検査(断層撮影法)(胸腹部)
 160000190 検査逓減
 160155290 新生児加算(生体検査)
 ----------------------------------------------
 新生児加算(生体検査)の出来高実績点数が478点と記録されていたのを
 477点と記録するよう修正しました。
 ────────────────────────────────────

(D)API

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:API
□管理番号:request20191016-001
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 日レセクラウドの「診療行為」APIについて、現在薬剤については
 Medication_Pointで金額しか取得できませんが、Claimの場合は「claimの場合は
 点数を返却するために、原則薬剤、器材の場合は点数マスタに登録されている
 各薬剤・器材の(金額 * 数量 /10) + 0.5 として値を返却しています。
 (実際のレセプトの請求点数ではありません)」と伺いました。
 APIでも同様の値を取得できるようにしていただけませんでしょうか。

□対応内容
 APIの診療行為返却(/api01rv2/medicalgetv2)の診療行為剤内容返却
 (xml_medicalget02v2res)にClaimと同様にコード毎の参考点数を返却します。
 追加項目
 Medication_info {
 Medication_Refer_Point varchar(10);
 返却内容
 薬剤・器材コードは、点数マスタの金額に数量と回数を反映した点数
 ((点数マスタの金額×数量)÷ 10 + 0.5 )× 回数
 診療行為コードは、点数マスタの点数に数量(きざみ値入力がある場合のみ)
 と回数を反映した点数
 ※数量を反映しただけの参考点数のため請求点数ではありません。
 ────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────
□対応範囲:API
□管理番号:
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 APIの診療行為内容返却(/api01rv2/medicalgetv2)にコメントの入力値を
 返却するようにしました。
 追加項目
 Medication_Input_Info {
 Medication_Input_Code varchar(10);} [5];
 返却内容
 コメントコード、または、服用方法コードなど数値を入力し名称に変換する
 コードに数値入力があれば内容を返却します。

□対応内容
 
 ────────────────────────────────────

(E)地方公費・負担金計算関係

 ────────────────────────────────────
□対応範囲:地方公費・負担金計算関係
□管理番号:kk56170
□問い合わせ(不具合)及び改善内容
 制度について松阪市役所地域福祉課へ確認いたしました
 >   1.患者負担は1入院で1000円
 となるようですが、例のように月またぎで入院となったときは
 4月20日・4月30日までで1000円
 5月 1日・5月19日までで1000円
 と月ごとに上限までとなるそうです。
 また1月に複数回入院される場合は1回の入院で1000円までということです

□対応内容
 三重県松阪市の障がい者・こども・一人親家庭等に対する医療費助成のうち
 「未就学児」についての入院負担金計算対応を行う。
 (対応は令和2年12月診療分以降で行う)
 ※【重要】
  入院の場合、限度額適用認定証が提示された場合に現物給付となるため、
  提示された事を確認の上、該当公費を併用した保険組み合わせを
  使用していただくこととなる。
 1.1月の月上限額は1000円で、同月に退院があり、再入院がある場合は
  それぞれで月上限額が1000円となる。
 2.対象保険番号は「361」「363」とする。
 3.計算事例
 (1)協会+三重県地方公費「361」、年齢5歳
  入院 12月 1日〜退院1月10日
  ・12月  請求点数 70845点  患者負担 1000円
  ・ 1月  請求点数 19830点  患者負担 1000円
 (2)協会+三重県地方公費「361」、年齢5歳
  入院 12月 1日〜退院1月10日
  再入院 1月28日〜
  ・12月 請求点数 70845点  患者負担 1000円
  ・ 1月 請求点数 19830点  患者負担 1000円
  ・ 1月(再入院分)
       請求点数  7932点  患者負担 1000円
 (3)協会+三重県地方公費「361」、年齢5歳
  入院 12月 1日〜退院1月10日
  再入院 1月31日〜
  ・12月 請求点数 70845点  患者負担 1000円
  ・ 1月 請求点数 19830点  患者負担 1000円
  ・ 1月(再入院分)
       請求点数   248点  患者負担  500円
 (4)協会+更生(1割、月上限額5000円)+三重県地方公費「361」、年齢5歳
  入院 12月 1日〜退院12月10日
     請求点数 24330点
  ・更生の一部負担金
    24330点×10円×1割=24330円
    24330円>更生月上限額5000円を比較して小さい
    金額の5000円が更生の一部負担金となる。
  ・5000円と1000円を比較して、少ない金額1000円が
   患者負担となる。   患者負担 1000円
  再入院12月28日〜  請求点数 9732点
  ・更生の一部負担金
    9732点×10円×1割=9732円
    9732円>更生月上限額0円(5000円−5000円)を
    比較して小さい金額の0円が更生の一部負担金となる。
  ・この場合、再入院分の更生の一部負担金は0円だが、
   一月まとめて計算した更生の一部負担金は5000円なので、
   4000円(更生一部負担金5000円−退院分患者負担1000円)
   と1000円を比較して、少ない金額1000円が患者負担となる。
   患者負担 1000円
 4.レセプト作成処理時の公費一部負担金の集計について
  レセプト作成処理では、レセプト用の収納データ(1月分をまとめて計算)を
  作成し、その収納データを元に公費一部負担金の集計を行っている。
  (1月分をまとめて計算した場合、上記公費は1入院としての計算になってしまう)
  計算事例(2)(3)(4)は2入院として計算した一部負担金の集計が必要なため、
  上記公費については独自対応として、退院又は定期請求の会計済の収納データを
  元に公費一部負担金の集計を行う事とする。
  ※【重要】
   上記公費はレセプト請求しない公費のため、公費請求テーブルに
   公費一部負担金の集計が行われる。
 5.レセプト作成処理時の公費一部負担金の集計チェック再入院がある場合で、
  かつ、退院又は定期請求の会計済分に点数の追加等があり再計算が未実施の場合は、
  正しく一部負担金の集計がされない可能性があるため、それに該当する場合は
  【三重県松阪市地方公費】当月退院又は定期請求の再計算が必要です。
  のエラーメッセージを表示する。(診療区分別点数集計)
 ────────────────────────────────────
トップ > 日医標準レセプトソフト > 更新情報 > 改善・不具合等パッチ対応履歴 > Ver.5.1.0 > パッチ提供(第36回)◆日医標準レセプトソフト ver 5.1.0 全10件:受付/明細書/総括表、公費請求書/API/地方公費・負担金計算関係(2020-11-25)

このページのトップへ