トップ > 特定健診

日医特定健康診査システム クラウド版

コンテンツ

概要

本ソフトウェアは、平成20年に施行された特定健診の請求を支援するソフトウェアであるとともに、次世代医療基盤法対応の一環を担うべくクラウド型として作成されました。

制度内容に多くの変更がおこなわれた第3期改定に対応し、クラウド版だけの新たな機能、旧特定健診の操作性、また安全性が担保されたVPN環境にて次世代の日医特定健康診査システムをご利用ください。


  • 特定健康診査(平成20年度施行)での健診ならびに決済データの提出に対応したソフトウェアです。
  • 日医標準レセプトソフトクラウド版より、患者基本情報を取り込むことができます。
  • 結果通知表、日計・月計表等、各種帳票の印刷に対応
  • 健診機関内の運用を目的とした入力表印刷
  • 制度で定められたHL7の出力および内容の確認
  • 問診情報入力
  • 追加健診データ入力
  • メタボ判定ならびに階層化の自動判定
  • 複数医療機関の入力、データ作成に対応

  • 動作環境

      ※ Firefoxは帳票、HL7(請求ファイル)のダウンロードがおこなえない場合があります。
        現象が発生する場合、他のインターネットブラウザをご利用ください。

    お申込み

    規約

    利用規約をお読みください


    申込

    お申込みフォームより必要事項を記入して作成される申込書とともに、電話料金との合算支払申込書、口座振替での支払申込書いずれかを同封して弊社へお送りください。


    導入・運用

    日医特定健康診査システム クラウド版

    VPN接続設定

    マニュアルを参考に、日医特定健康診査システムクラウド版と接続するためのVPN設定(L2TP/IPsec)をおこなってください。

    [Windows7、Windows8]:9~13ページをご参照ください。 [Windows10]:8~12ページをご参照ください。


    [Macintosh]:8~11ページをご参照ください。


    電子証明書の設定

    お使いのパソコンが、日医特定健康診査システムクラウド版の利用ユーザであることを証明するため、電子証明書の設定をおこなってください。


    データ移行

    旧日医特定健康診査システムのデータを、日医特定健康診査システムクラウド版や国立保健医療科学院提供のソフトへと移行するためのマニュアルです。

    日医特定健診から日医特定健診クラウド版への移行


    日医特定健診から国立保健医療科学院への移行


    操作マニュアル

    日医特定健診クラウド版の操作マニュアルです。
    現状、簡易マニュアルのみの公開となりますが、後日完全版を公開する予定ですので今しばらくお待ちください。

    日医特定健診クラウド版の簡易操作マニュアル


    お問合せ

    • 営業面でのご相談、契約・支払いなど手続き等、導入までに係る内容については、下記までお問い合わせください。
      [tokutei-application@orcamo.jp]

    • 導入に係る手順(インストール等)、導入後の運用保守については、下記までお問い合わせください。
      [tokutei@orca.med.or.jp]

    また、ORCAプロジェクトよりお知らせ用のメーリングリストを公開しております。
    メーリングリストへの参加を希望される場合、Tokutei-announce の購読をご参照ください。

トップ > 特定健診

このページのトップへ