トップ > DiedAi 死亡診断書(検案書)作成ソフト
DiedAi 死亡診断書(死体検案書)作成ソフト


お知らせ

コンテンツ

本ソフトウェアは、「平成26年度厚生労働科学特別研究事業の高齢者社会における死因究明の在り方等に関する研究(以下本事業という)」において、「新たな様式案」を提案・作成するにあたり、その妥当性を検討するとともに、原死因の精度を上げるために、死亡診断書(死体検案書)の電子化を検討するための手段として作成されたものです。

本事業にて検討された追加項目については、別添様式として出力可能とし、項目の妥当性を検証可能とすることで、実用性を考慮したものとなっています。

平成27年度からは、「厚生労働行政推進調査事業費補助金地域医療基盤開発推進研究事業」に検討の場を移し、死因病名入力ガイダンスと登録された内容を元に各種の統計データを作成するためのCSV出力機能の実装を行いました。
死産証書(死胎検案書)、出生証明書の登録・出力は実装していません。

ソフト名は、死亡診断書から出生証明書までを発行することから「次の世に つながる」、さらに、本事業において追加項目の一つとして検討された 「Ai(死亡時画像診断:オートプシー・イメージング)」をモチーフに、代々 つながる→ダイダイ→橙→DiedAiと命名されました。

バージョンアップのお知らせ

  • 戸籍統一文字の入力・表示対応(氏名欄のみ)
    本機能を利用するためには、下記の内容が必要です。
    ・株式会社ジャストシステムより販売されているATOK MedicalまたはATOK(ATOK2014以降のバージョン)
    ・独立行政法人情報処理推進機構が無料公開している「IPAmj明朝フォント」
  • 画面遷移の改善
    コンテキストメニューの採用
  • 項目選択時の丸印の印字を修正
    該当項目の文字囲いから、項目数字の○囲い
  • 死亡届への患者情報転記設定を追加
  • 入力文字の出力内容の変更
    フォントサイズの自動縮小
  • 死亡診断書作成マニュアルを平成29年度版に変更
  • 死因病名検索に「MI_CAN」連動を追加
  • 傷病名マスタ(20161226公開版)を登載
    ※前バージョンを使用している場合、傷病名マスタは反映されません。ご自身で更新する必要があります。

バージョンアップについて

旧バージョンをお使いの方は、DiedAiの旧バージョンをアンインストールしてから、DiedAi Ver1.7.2を再度インストールしてください。(アンインストールのみを行った場合、旧バージョンのデータは保持されます。)

サポートについて

本サイトのダウンロード配布物にてDiedAiを導入する場合には無料で使用出来ます。使用者各々の責任においてご使用ください。
この場合は無保証・無サポートになります。

導入および導入後のサポートが必要な場合は、インストーラ、サポート付きの有償版ダウンロードをお勧めします。

ご購入は購入申し込みサイトをご覧ください。

無償版と有償版の違い

有料版は、無料公開版にいくつかの機能を追加した高機能版になります。

また、専用インストーラでインストールするだけで、下記の動作環境を構築できるよう様々なユーティリティを含んでおり、メールサポートも提供いたします。

【資料無料版と有料版の違い】 [PDF]

動作環境

  • 日本語版 Windows7/Windows8/Windows8.1/Windows10 が正常に動作している環境
  • 使用最低解像度 1280×800
  • データベース
    Firebird-2.5.0.26074_0_win32以上 ※推奨
    Firebird-2.0.7.13318_0_win32以上
    *「医見書」と共存させる場合には、データベースはFirebird-2.0系をご使用ください。
  • Microsoft .NET Framework 3.5
  • Adobe Reader (バージョンXI)以上を推奨

インストーラ

DiedAiを使用するためには以下の環境を構築してください。

※インストーラは、DiedAi本体プログラムのみをインストールします。
 DiedAiを動作させるには、前項の動作環境を整え下記データベースを別途インストールする必要があります。

インストール方法DiedAi マニュアルの67ページから、初回ログインは2ページをご覧ください。

※「医見書」と共存させる場合には、データベースはFirebird-2.0系をご使用ください。

マニュアル

アップデート履歴

2017-07-03 Ver1.7.3

  • 平成28年度版死亡診断書(死体検案書)記入マニュアルに記載されていた「死亡診断書と死体検案書の使い分け」のフローが、平成29年度版より削除されたため、「死亡診断書(死体検案書)作成〕画面」から削除

2017-07-03 Ver1.7.2

  • 戸籍統一文字の入力・表示対応(氏名欄のみ)
  • 画面遷移の改善
  • 項目選択時の丸印の印字を修正
  • 死亡届への患者情報転記設定を追加
  • 入力文字の出力内容の変更
  • 死亡診断書作成マニュアルを平成29年度版に変更
  • 死因病名検索に「MI_CAN」連動を追加
  • 傷病名マスタ(20161226公開版)を登載

2016-07-06 Ver1.5

  • 死因入力ガイダンスの実装
  • 死亡届けの新様式対応
  • 統計データ作成(CSV出力)の実装

2015-11-16 Ver1.2

  • 「死亡者の基本情報」画面で氏名入力の際、半角全角キーを押下すると正常に動作しない不具合を修正
  • 「死亡者の基本情報」画面で氏名入力の際、カナ変換でカナの名字と名前の間にスペースが入らない不具合を修正
  • 「死亡者の基本情報」画面のカーソル移動順を、「氏名→カナ→性別→生年月日→誕生時間→年齢→〒」に変更
  • 生年月日入力による年齢自動計算するように修正
  • タスクバーのラベル表示に対応
  • ショートカットをWindowsメニューに作成
  • プログラムの発行元の修正

2015-11-04 Ver1.0

  • 初回リリース

免責

本ソフトウェアは「厚生労働行政推進調査事業費補助金地域医療基盤開発推進研究事業」の「高齢化社会における死因究明の推進に関する研究」のなかで、死亡診断書(死体検案書)の電子化を検討するために作成されたソフトウェアです。自由にご使用ください。

なお、著作権は作者である「公益社団法人日本医師会」が保有しています。

このソフトウェアを使用したことによって生じたすべての障害・損害・不具合等に関しては、日本医師会は一切の責任を負いません。
各自の責任においてご使用ください。

なおソフトの不都合に関するお問い合わせは diedai@orca.med.or.jp までお願いいたします。

日本医師会:死因究明へ

トップ > DiedAi 死亡診断書(検案書)作成ソフト

このページのトップへ