トップ > 給管帳クラウド > 給管帳クラウド版メンテナンス情報

2019年 10月28日(月) 20:00 〜 23:00 におこなわれた給管帳クラウドのメンテナンスが終了しました。

■給管帳APIについて
給管帳APIベーシック認証対応
※適用後はベーシック認証が必要になります。
 ベーシック認証のユーザは[任意]、パスワードはシステム管理サイト(APIキー)よりご確認下さい。

■作業内容
【給管機能】
消費税の軽減税率制度実施に伴い、利用者向け請求の画面と出力帳票を変更
・(QP003)利用者向け請求詳細編集画面
 消費税10%,8%の対象額、うち消費税額の項目を追加
 (サービス提供年月が2019.10以降の場合に表示・入力が可能)

・(QP003_002)その他費目編集画面
 [税率区分]の選択欄を追加
 (サービス提供年月が2019.10以降の場合に選択が可能)

・実績確定時に10行以上のエラーが発生した場合にメッセージダイアログのスクロール表示に対応

・利用者向け請求書・領収書様式変更
 対象年月:〜2019.9 ⇒ 旧様式で出力
 対象年月:2019.10〜 ⇒ 新様式(税率毎の対象額等の欄追加)で出力
 請求書:口座番号のハイフンを削除。
 領収書:[印]を追加。請求書と同時出力の場合、振込先の枠を印刷しないよう修正

・予定実績入力:週間画面から月間へ展開した際に既存サービスの設定が更新されない不具合修正

【訪看機能】
・利用者向け領収書の軽減税率対応の調整

・療養費明細書の日付・期間に元号を印字するかどうかを選択する機能を追加

・国保の請求書集計で、[一般被保険者](3行目)に家族の場合も集計するように修正

■停止サービス
給管帳クラウドの全サービス
※停止中は操作ができなくなります。

トップ > 給管帳クラウド > 給管帳クラウド版メンテナンス情報

このページのトップへ