トップ > 日医標準レセプトソフト > 運用のための各種設定 > 検証済みプリンタ > 沖電気工業 > 沖電気工業株式会社(B432dnw)Ubuntu18.04_v52検証・報告

OKI(B432dnw)検証・報告

検証・報告者:ORCAサポートセンタ(OSC)
沖電気工業製プリンタについて、印刷動作および速度の検証結果を報告する。
本調査結果は、日レセ標準のレセプト・処方せん・領収書を発行し、テストしたものであり、すべての帳票の印刷を保証するものではない。

検証日:2021年09月

0. 機種および仕様

1. 検証環境

2. 検証方法

  • カルテ3号用紙を印刷し、正常に印刷されることを確認しました。
  • レセプトプレビューを行い、OCRフォントが正常に印刷されることを確認しました。
  • 処方せんと領収書を、各一部ずつ連続して印刷を行いました。(スリープOFF)
  • 1000人分の診療行為入りダミー患者を用意し、1000枚のレセ一括印刷を行いました。

3. 検証結果

機種名

検証方法
具体的操作 結果
処方せんと領収書を、各一部ずつ連続して印刷
印刷ボタンを押し、プリンタの動作音開始まで 1.30秒
処方せんの印刷終了まで 8.17秒
領収書の印刷終了まで 9.20秒
レセプト発行
最初の1分間の印刷枚数 39枚
1,000枚印刷終了までの経過時間
25分38秒
1分あたりの平均出力枚数 40.0枚

4. 結論

B432dnwは、A4対応のモノクロLEDプリンタである。

1000枚の出力をおこなった場合、平均出力枚数が40.0枚という結果であり、カタログスペック以上の速度が出ていることを確認できた。

複数ページの印刷途中、1秒〜2秒のプリント待機が発生したが、1000枚の印刷で25分という高速印刷を確認でき、業務に支障がでることはないものと考えられる。

B432dnwにはバックライト付き液晶パネルや操作パネルが付いているが、操作パネルが小さく、トレイごとの用紙サイズの設定やネットワークの設定等、操作には多少の慣れが必要である。

印刷中の動作音は特に気にならず、日レセから出力される各種印刷物そのものに関しても異常はない。

印刷速度も速いため、高速印刷の必要なレセプト枚数の多い病院や診療所においては、メイン機としておすすめできる。

また、印刷までのセットアップにはdebパッケージをインストールしてプリンタの登録をおこなうだけであり、簡単にセットアップすることができる。

セットアップ後は安定した動作や印刷が可能であるため、小規模・中規模の診療所や病院でもメイン機としておすすめできる。

なお、実機は非常にコンパクトであり、ファーストプリントも早いため、窓口で領収書、処方せんを出力する場合においてもストレスなく使用可能。

補足:
標準カセットのみの場合280枚までの給紙となるため、大量のレセプト印刷をおこなう場合においては、
給紙用カセットの増設を推奨する

トップ > 日医標準レセプトソフト > 運用のための各種設定 > 検証済みプリンタ > 沖電気工業 > 沖電気工業株式会社(B432dnw)Ubuntu18.04_v52検証・報告

このページのトップへ