レセ電ビューア 

 

概要

レセ電ビューアはレセプト電算システムのCSVファイルを表示するソフトです。

実行環境

レセ電ビューアを動作させるための環境は次の通りです。

  • Ruby/Gtk2
  • 対応OS:
    Ubuntu 14.04 LTS (Trusty Tahr)
    Ubuntu 16.04 LTS (Xenial Xerus) NEW
    Windows 7 (x86, x64)
    Windows 8 (x86, x64)
    Windows 8.1 (x86, x64)
    Windows 10 (x86, x64)

利用方法

パッケージ情報

  • jma-receview
    Version: 2.1.12 (Windows版)
    Version: 2.1.12 (Xenial5.0, Trsuty5.0) NEW
    Version: 2.1.11 (Trsuty4.8)
  • jma-receview-server
    Version: 2.1.12 (Xenial5.0, Trsuty5.0) NEW
    Version: 2.1.0  (Trsuty4.8)

apt-line、ファイル情報

  • trusty4.8
    deb http://ftp.orca.med.or.jp/pub/ubuntu trusty4.8 jma
      • jma-receview_2.1.11-0+u4jma1-4.8_amd64.deb
      • jma-receview-server_2.1.0-0+u4jma1-4.8_amd64.deb

  • trusty5.0
    deb http://ftp.orca.med.or.jp/pub/ubuntu trusty5.0 jma
      • jma-receview_2.1.12-0+u4jma1-5.0_amd64.deb NEW
      • jma-receview-server_2.1.12-0+u4jma1-5.0_amd64.deb NEW

  • xenial5.0
    deb http://ftp.orca.med.or.jp/pub/ubuntu xenial5.0 jma
      • jma-receview_2.1.12-0+u5jma1-5.0_amd64.deb NEW
      • jma-receview-server_2.1.12-0+u5jma1-5.0_amd64.deb NEW
  • Windows
    https://ftp.orca.med.or.jp/pub/receview/win/jma-receview.exe
    SIZE [13977840 byte]
    MD5 [852ce5717014346ca0d6a9cc9763ea75] SHA256 [93df0709c7e79627989ecf333f75461e9517e7d0a6e0e7c2a8743b13df8c4ca9]

注意事項

  • DB接続テスト
    ORCA4.7版、Windows版のレセ電ビューアを利用している場合、日レセのバージョンがVer4.6の環境に接続すると日レセ4.6には存在しないテーブルである'tbl_labor_sio'情報を取得しにいくため、DB接続テストでエラーが発生します。
    エラーと表示されますが、利用上は問題はありません。 
  • 労災レセプトプレビュー
    金額摘要欄箇所の表示項目は点数摘要欄に表示されます。

更新履歴

  • 2017-01-31
    • 2.1.12 [Linux版]
      Ubuntu 16.04LTS Xenial対応
  • 2016-11-18
    • 2.1.12 [Windows版]
      一部のWindows環境で起動に失敗する現象を修正
  • 2016-04-22
    • 2.1.11
      平成28年度改正対応
      Ruby1.9以降で種別情報表示の保険者が名前解決されなかった不具合修正
      設定ファイルが0byte時に起動しない不具合修正
      シングルクリックの挙動を修正
      DBFileを最新に更新
  • 2014-12-22
    • 2.1.10
      平成26年11月からの治験、及び平成27年1月からの難病医療・高額療養費で追加された特記事項のレセプトプレビュー表示を対応
      平成27年1月からの難病医療について種別点数情報ビューの公費種別表示を対応

  • 2014-11-27
    • 2.1.9
      Ubuntu 14.04LTS Trusty対応

  • 2014-11-12
    • 2.1.9
      逓減コード「630010005 薬剤料逓減(80/100)(向精神薬多剤投与)」の対応
      履歴管理 以前読み込んだ履歴情報を保持するように変更
      プレビュー ウェジットダブルクリック時等倍,FIT拡大するように変更

  • 2014-08-20
    • 2.1.8
      特定器材コードの名称表示行に括弧を追加し負担区分を非表示とした
      特記事項04[老保]の表示について、2008年4月以降のデータは04[後保]と表示するように修正
      マルチボリュームレセ電ファイルが正しく展開できない不具合を修正
      プレビューの表示が正しくない不具合を修正
      病名編集時に強制終了する不具合を修正
      Windows版で設定保存状態が改行コードによっておかしくなる不具合を修正
      ファイルセレクション表示時に初期化するように仕様変更
      precise版でデスクトップパス取得を調整

  • 2014-06-17
    • 2.1.7
      前期高齢者9割表示を低所得・一般へ変更
      プレビュー 最大ページサイズを10ページから30ページに変更
      労災プレビュー '病院等の名称'が改行後正しく表示されない不具合を修正
      全患者PDF出力,プレビュー画面上の出力,レセ電ファイル出力,検索結果CSV出力についてボタン表示と処理が逆になっている不具合を修正
      算定日ビューに算定回数が表示されない場合がある不具合の修正
      プレビュー画面でレセ電ファイルを読み込むと終了してしまう不具合を修正

  • 2014-05-02
    • 2.1.6
      TOレコード特定器材にコメントがある場合に,器材数表示がされなかった不具合を修正
      DBFile読み込みに時間がかかる不具合を修正
      DBFileの設定保存時の内部パスの修正
      DBファイルを最新版に更新
  • 2014-04-08
    • 2.1.5
      検索機能から診療行為の検索が出来ない不具合を修正
  • 2014-03-14
    • 2.1.4
      労災レセプト電算ファイル返戻データ対応
      プレビュー 改行を25文字から26文字に変更
      プレビュー 改ページ目の再描画を調整
      印刷スプール機能を追加
      検索に入外区分の項目を追加
      検索にコメント内容の項目を追加
      検索の診療行為検索時,重複時は内容を表示しないオプションを追加
      検索結果から患者PDF作成機能を追加
      検索結果からCSV出力機能を追加
      検索項目を保存し、次回起動時に選択するよう変更
      UpdateDialogに進捗情報を表示
      Windows版のアップデートチェックをhttps経由に変更
  • 2013-12-19
    • 2.1.3
      • UbuntuPrecise環境でスクロールバーが消える現象を修正
      • UbuntuPrecise環境でのプレビュー描画を調整
      • 検索の病名なし選択時、例外で終了する現象を修正
      • プレビュー 画面上で診療行為名称の改行が処理が正しく行われなかった現象を修正
      • プレビュー 病名の改ページを修正
      • 患者選択時の処理中は患者一覧を非活性に変更
      • 患者選択時にログを記録するように変更
  • 2013-10-31
    • 共通事項 (2.1.2, 2.0.9)
      • プレビュー上で別患者選択時,1ページ目を表示するように変更
    • 2.1.2
      • 負担区分が表示されない不具合修正
  • 2013-10-10
    • 共通事項 (2.1.1, 2.0.8)
      • DBFileのマスタを最新版に更新
    • 2.1.1
      • 労災プレビュー診療区分11の合算金額が間違った位置に表示される不具合を修正
      • 労災プレビュー診療区分13の合算金額が間違った表示がされる不具合修正
      • 労災プレビュー診療区分13の回数が乗算される不具合修正
      • Windows版のアップデートが正しく動かない不具合を修正
    • 2.0.8
      • 医保プレビュー 入院イメージが医科入院外と表示されていた不具合を修正

  • 2013-08-08
    • 労災レセプト電算ファイル対応 (日レセ4.7以降)

  • 2013-07-12
    • プレビュー上の回数点数欄で初診回数が少なく表示される不具合の修正
    • 合計人数表示が返戻レコードを含む件数を表示していた不具合の修正
    • 履歴ファイルが正しく保存されない不具合の修正
    • プレビュー上の摘要欄について、表示の必要が無い箇所の算定回数表示を非表示とした
    • DBFileのマスタを最新版に更新
    • インストールマニュアル for Linuxの差し替え
      Ubuntu Preciseの追加
    • インストールマニュアル for Windowsの差し替え
      Windows8の追加
    • 基本操作マニュアルの差し替え
      改訂履歴変更
  • 2012-11-28:
    • Ubuntu 12.04 Precise(amd64)対応
    • 日レセ4.7対応
      Lucid4.7、Precise4.7

  • 2012-08-07:
    • インストールマニュアル for Linux 差し替え
      記述の間違えを修正
      レセ電ビューアのバージョン情報を最新版に更新

  • 2012-07-24:
    • 個別レセ電CSVファイルの印刷対応
    • USBFDDのオートマウント先の検索を調整
    • mount時にデバイスによってはudisksを利用するように変更
    • レセ電ファイル読み込み時に処理状態を表示するように変更
    • 検索ダイアログの変更
    • 個別レセ電CSVファイルの行番号を表示
      Windows版のみ
    • [レセ電出力]選択時、例外エラーで終了する不具合を修正
      2.0.2からの不具合
    • 操作マニュアルの2.0.5対応
      算定日、CSV印刷について追記

  • 2012-06-28:
    • 対応OSからWindows2000を削除

  • 2012-06-20:
    • 算定日情報の表示対応
      患者情報、プレビュー、レセ電コード[個別]のタブに'算定日'を追加
    • 患者情報、プレビューの点数回数表示の変更
      算定日情報の表示に合わせてレイアウトをレセ電コード基準とした

  • 2012-06-04:
    • DB接続テスト時tbl_tensu取得エラーになる現象を修正
    • DBFileのマスタを最新版に更新

  • 2012-02-21:
    • プレビュー 注射合計回数を修正
    • プレビュー SJレコード改行位置を修正
    • 種別点数情報の後期高齢者の高7に(高8)が表示される不具合を修正
    • 種別点数情報が保険者番号不明の場合正しく表示されない不具合を修正
    • SJレコード52の表示を修正

  • 2011-10-28:
    • 特定機材商品名ユーザ登録データの表示対応
    • プレビュー 主病名表示に"(主)"と表示するよう変更
    • プレビュー 保険種別での社保,国保分が正しく表示されない不具合修正
    • プレビュー 患者選択時に強制終了する現象を修正
    • 全患者PDF出力時に強制終了する現象を修正
    • 全患者PDF出力時のダイアログフォーカスをOKボタンに変更
    • 点数種別情報の合計人数を修正
    • 点数種別情報の公費表示を修正
    • 一部マスタが表示出来なかった現象を修正

  • 2011-09-28:
    • 共通事項 (Linux版, Windows版)
      • 種別点数情報の公費件数が正しく表示されない不具合を修正
      • 同一レセプト番号で月遅れの返戻データが複数ある場合に,正しく表示されない不具合を修正
      • 点数チェック上での保険表示,表示順序を修正
      • 社保レセ電の種別点数情報が,レセプト種別ごとで表示されない不具合を修正
      • 医療機関名称が正しく表示されない不具合の修正
      • プリンタ名の保存するように変更
      • 病名編集時の廃止病名,移行病名ダイアログに[変更しない]ボタンを追加
      • アップデートチェックの修正
    • Windows版
      • ショートカットキー(Ctrl+Q)終了時に強制終了する不具合を修正
      • インストールパスを取得時,失敗したダイアログが表示されない不具合修正
      • インストールしたユーザでしか起動できなかった不具合を修正
      • インストールディレクトリを考慮[32/64bit]

  • 2011-08-17:
    • 補足コメント病名編集機能対応
    • パッケージアップデート機能追加
    • 点数チェック表示の不具合を修正
    • 検索時患者が1人の場合正しく検索されない不具合を修正
    • 同一患者で返戻データが複数あると正しく表示されない不具合を修正
    • DB接続テスト時に接続成功メッセージが表示されない不具合を修正
    • DB接続テスト時に失敗すると終了してしまう不具合を修正
    • プレビュー時の改ページの不具合修正
    • プレビュー時の文字数を変更
    • 縮小拡大の倍率を調整

  • 2011-06-23:
    • 共通事項 (Linux版, Windows版)
      • 再審査等返戻ファイルに対応
      • 点数チェックの保険項目追加
      • 患者毎のレセ電コード表示位置の変更
      • 全患者PDF作成
    • Windows版
      • Ruby,GTK,Ruby-Gnome2をライブラリとしてインストーラーに同梱
      • 全角文字のプリンタ名対応
      • UKEファイルの関連付けに対応

  • 2011-04-20:
    • 共通事項 (Linux版, Windows版)
      • プレビュー上で皮下注射の点数回数を表示
      • プレビュー画面で皮下注射の点数、回数が表示されない
    • Windows版
      • 画面位置情報の修正
        レセ電ビューアを最小化した状態で終了すると、次回起動時に画面外にWindowが表示される

  • 2011-02-14:
    • 共通事項
      • プレビュー表示時に、再診と外来管理加算が正しく表示されるよう修正
      • プレビュー表示時に、KOレコードの医保と併用時の一部負担金表示
      • プレビュー表示時に単位数が"0"と表示されないよう修正
      • プレビュー表示時に、逓減処理されない不具合修正
      • 逓減表示の変更 ["▲点数"と表示]
      • 摘要欄の点数表示が消える現象を修正
    • Windows版
      • レセ電ビューアが起動出来なくなる現象を修正
      • インストールマニュアルの修正 [RubyInstaller1.8.7 対応版]

  • 2010-11-09:
    • 2枚目以降のマウント処理の不具合修正
    • 適応欄の点数回数表示の修正
    • 印刷位置の調整

  • 2010-09-09:
    • Ubuntu Lucid対応
    • プレビュー 標準負担額描画を修正
    • プレビュー 内服薬剤の点数欄の薬剤点数,回数を修正
    • プレビュー 適応欄の点数x回数描画位置を修正
    • 印刷設定を外部モジュールで設定した際、続紙が縮小されて印刷される問題を修正
    • 医薬品レコード(レコード識別情報:IY)、特定器材レコード(レコード識別情報:TO)に記録されたコメント表示対応
    • 上記コメント表示時に診療識別コードを非表示に修正
    • 点数表示を最終コメント等に表示するように修正
    • 単位レコードを最新に更新

  • 2010-06-24:
    • 編集データのファイル出力で終了するので修正
    • 保険者番号桁数が5桁で終了するので修正
    • hardy上でレセプトプレビューのページ移動が出来ないので修正

  • 2010-06-03:
    • Windows7 で起動時に以下のエラーダイアログが表示される不具合について対応しました
      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
      Ruby interpreter(CUI)1.8.6[i386-mswin32]は動作を停止しました。
      この問題の解決策を確認しています。
      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  • 2010-06-01:
    • 2010年4月改正対応
    • 頭書き編集対応
    • 病名編集対応
    • レセプトプレビュー
    • 印刷対応
    • スタンドアローンでの実行可能
    • Windows対応 [2000,XP,Vista,7]

  • 2009-07-02:マニュアル
  • 2009-01-09:マニュアル
  • 2008-06-17:マニュアル
  • 2008-05-08:マニュアル

このページのトップへ