トップ > 日医標準レセプトソフト > ダウンロード・インストール > 日医標準レセプトソフト Ubuntu 18.04 LTS(Bionic Beaver)

日医標準レセプトソフト Ubuntu 18.04 LTS(Bionic Beaver)

メニュー

インストール

Ver.5.1.0用インストール手順書

Ver.5.2.0用インストール手順書

apt-key & apt-line

日レセVer5.2.0の留意事項

【日レセクラウドへの移行】
 現在、日レセクラウドは5.1.0で動作しています。

 日レセオンプレを5.2.0へバージョンアップした環境(ダンプデータ)は、
 日レセクラウドへ移行はできません。

 日レセクラウドへ移行を検討されている場合は、5.2.0へのバージョンアップは
 お控えください。

【商用版完全制限対応】
 Ver5.2.0では、商用版の契約がないと、下記更新作業ができません。
 ・プログラム更新
 ・ライセンスマスタの更新
 ・プラグインの更新
 ・薬情ひな形マスタの取得

【dpkg-reconfigure実行後のGUIによる設定を廃止】
 Ver5.2.0では「dpkg-reconfigure jma-receipt」実行によるClaimの設定およびSSLの設定を
 廃止しました。

 新しい更新方法については下記ページをご確認ください。

 ・CLAIMの起動方法変更
  1-5. 日レセとCLAIM通信を行うために
  https://www.orca.med.or.jp/receipt/tec/claim.html#1-5

 ・SSL接続の起動方法変更
  SSLクライアント認証の利用(日レセ5.2以降)
  https://www.orca.med.or.jp/receipt/use/glserver_ssl_client_verification3.html

【2台運用の仕組みを変更】
 Ver5.1.0までの2台運用の仕組みは、独自実装のdbredirectorを利用する方法でしたが、
 Ver5.2.0ではdbredirectorを廃止し、PostgreSQL標準の機能を利用して同期をおこなう
 方法に変更しました。

 詳細については下記ページをご確認ください。
 2台運用の設定(データベースの二重化)

【その他変更点】
 ・ログファイルの出力先を変更
  /tmpに出力されていた下記ファイルは、保存先が /var/log/jma-receipt へ変更となりました。
   * HL002.log
   * HL003.log
   * claim_rcv.log
   * claim_snd.log

 ・下記ファイルは /etc/logrotate.d/jma-receipt によりファイルローテートされます。
   * /var/log/jma-receipt/claim.log
   * /var/log/jma-receipt/claim.err.log
   * /var/log/jma-receipt/L0020.log
   * /var/log/jma-receipt/L0030.log
   * /var/log/jma-receipt/claim_snd.log
   * /var/log/jma-receipt/claim_rcv.log

 ・init->systemdへの変更による影響
  /tmpに出力されるファイルは/tmp/systemd--
  /var/tmpに出力されるファイルは/var/tmp/systemd--
 
  ユーザプログラムでファイルを/tmp、/var/tmpに作成する実装をされている場合、
  置き換えていただくようお願いします。
トップ > 日医標準レセプトソフト > ダウンロード・インストール > 日医標準レセプトソフト Ubuntu 18.04 LTS(Bionic Beaver)

このページのトップへ